3月21日

衝撃!ブルーザー・ブロディの新日移籍を演出したベートーヴェン「運命」

24
1
 
 この日何の日? 
ブルーザー・ブロディが新日本プロレスに移籍した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
東京ディズニーランド「エレクトリカルパレード」気持ち高まるモーグの響き!

マイケルもビックリ!モーフィングを世界に知らしめたゴドレイ&クレーム

グレン・フライの最も派手なヒット曲 ー ビバリーヒルズ・コップの主題歌

尾崎豊の本質に近づく “今の時代” に注目すべき歌詞ランキング

1992年に亡くなった尾崎豊に心酔してみたかった 1996年生まれの私…

PAなしの面白さ、くじら(Qujila)の音楽をレコードで表現するには?

もっとみる≫




ファンを興奮させた対立構造、猪木の新日か? それとも馬場の全日か?


80年代の初めは、金曜8時のテレビ朝日系『ワールドプロレスリング』と、土曜夕方5時半の日本テレビ系『全日本プロレス中継』が、プロレスファンの大好物だった。“新日派 or 全日派” などという問いかけが、“プロレス好き” と語ったと同時に始まり、どちらのファンであっても、その勢力拡大は止まることがなかった。

アントニオ猪木 vs ジャイアント馬場の構図で開始された両者のライバル関係であったが、個人的にはどちらも好きだ。小柄だがハイスピードの試合が増えてきた新日本プロレスと、大型でパワフルなレスラーが多い全日本プロレスは、それぞれの持ち味を十分に発揮。大いにファンを興奮させてくれていた。

余談だが、国際プロレスも捨てがたく、伝統を感じさせるワンショルダータイツのアニマル浜口と大相撲出身ながらバランスのとれたドロップキックを繰り出す寺西勇が好きだった。

入場曲はクラシック! ベートーヴェン交響曲第5番「運命」


さて、新日と全日のライバル関係が、さらに激烈になる事件があった。それが1985年3月21日のブルーザー・ブロディの新日移籍である。その前年に、長州力率いるジャパンプロレスの面々やダイナマイト・キッド、デイビーボーイ・スミスといった人気レスラーを全日が引き抜いた報復だと噂された(それ以前にも1981年、スタン・ハンセンが引き抜かれている)。

でも、当時、全日のスタイルにピタリとはまり、外国人トップレスラーの座にあったブロディが、まさか新日に登場し、古舘伊知郎のアナウンスでブラウン管に現れるとは微塵も思っていなかった。新日派からは「まさに溜飲が下がる思い」という声が聞こえた。

その日私は、京都のはずれにある国立病院に居た。病室は個室で、夜は誰に気兼ねすることなく大音量でテレビを観ることができる。そして待ちに待ったブロディの登場を迎えた。会場に響き渡ったのは『運命』。そう、子どもの頃から聴きなれたベートーヴェン先生の名曲だ。これには意表をつかれた。まさかプロレス会場にクラシックが流れるとは……。スーツ姿のブロディにもビックリだ!

しかし、冒頭のセンセーショナルなメロディは、ブロディの初登場をさらにドラマチックに仕立て上げた。今でもこの曲を耳にすると、ブロディのことを思い出すのは、私ひとりではないだろう。


※2017年1月7日に掲載された記事をアップデート

2020.06.18
24
  YouTube / 豆一粒
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1964年生まれ
小山眞史
コラムリスト≫
45
1
9
8
6
長州力はテクノの名曲「パワーホール」プロレスラーの入場曲はいつから始まった?
カタリベ / 指南役
22
1
9
8
1
まさに人間山脈! アンドレのテーマは「ジャイアント・プレス」
カタリベ / 小山 眞史
120
1
9
8
1
夏の扉とルビーの指環、松田聖子の運命を決定づける神曲と立ちはだかる最強の敵
カタリベ / 指南役
25
1
9
8
5
藤波辰巳「ドラゴン・スープレックス」入場曲にもなった不滅の大技!
カタリベ / 小山 眞史
151
1
9
7
9
久保田早紀の名曲「異邦人」あの日 運命を背負って生まれた歌
カタリベ / 指南役
55
1
9
8
3
運命の男、デュラン・デュランのロジャー・テイラーと織りなす妄想ラブストーリー
カタリベ / モコーツカ