4月23日
まさにレジェンド、プロレスに革命をもたらしたタイガーマスク
15
0
 
 この日何の日? 
初代タイガーマスクのデビュー戦が行われた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
あなたを振り向かせる「まちぶせ」プリンプリン石川ひとみの甘い罠

昭和カラオケ講座、クリエーションの「ロンリー・ハート」は隠れた名曲

夏の扉を開けた松田聖子にキラキラの魔法をかけたのは誰?

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.11

必殺シリーズの音楽は平尾昌晃と竜崎孝路、そしてトランペッター数原晋

伝説のゲリラライブを体験、原宿にサザンが響いた日

もっとみる≫

photo:Amazon  

昨年、仕事で『懐かしのアニメ 最終回はこうだった!』という本を企画・制作した。

その際、重要だったのは掲載するアニメ作品選び。できるだけ多くの人に楽しんでもらえるよう、人気のあった作品をチョイスしようとしたのだが、編集会議で最も白熱した議論となったのは、1969~71年放送のアニメ『タイガーマスク』を取り上げるかどうかだった。

あまりにも有名な最終回だからこそ、「今さら本で紹介するまでもない」「もっと忘れてしまったような作品の方がよい」という意見が強かったのだ。そして、タイガーマスクは、『あしたのジョー』とともに、リストから外れることになった。

そのラストをご存じない人のために紹介すると、虎の穴最強の男・タイガー・ザ・グレートとの試合中、正義のマスクを自ら脱ぎ素顔をさらしたタイガーは、反則技をフルに使い、最後はリングを照らす照明灯にグレートを逆さ吊り。まさにフルボッコにして勝利する。

そして、「俺が帰ってくる頃は、子どもたちは必ず正しい心で成長しているに違いない」というセリフを残して一人飛行機に乗り込み(行き先は?)、ちびっこハウスの子どもたちや、あの健気で美しいルリ子さんの前から姿を消したのだった……。


それから約10年。

タイガーマスクは私たちの前に帰ってきた。それもアニメの世界ではなく、現実のプロレスラーとして。正しい心で成長したであろう子どもたち(私はもちろん…… 自信なし)は、皆心を躍らせたはずだ。

現実的な話をすると、テレビ朝日系で放送されることになった『タイガーマスク二世』とのタイアップであり、タイガーとなった佐山聡も最初は乗り気ではなかったようである。

1981年4月23日、蔵前国技館のダイナマイト・キッド戦で初登場したタイガーは、ともすれば「単なるコスプレ」ともいわれかねない状況の中で、圧倒的なスピードと、これまでに見たことがない動きを連発。後に「四次元殺法」と呼ばれる華麗なテクニックの数々で、あっという間にスターとなった。

試合は軽やかなステップから始まる。速射砲のように繰り出すキック、滞空時間の長~いドロップキック、いかにも破壊力がありそうなローリングソバット、相手をコーナーにつめて繰り出すサマーソルトキックなどを初めて見たときは、自分が強烈なダメージを食らってしまった。

ときには、ロープの上を歩いたり、「あんなところからとどくわけがない」という飛距離のダイビングヘッドバッドなども魅せる。極めつけは、場外の相手に対して反対のロープに飛んだあと、リング内で側転をしてからトップロープを超えてプランチャ。これはまさに異次元。アニメ以上の強烈なインパクトとなった。

スタン・ハンセンは超重量級のレスラーとして、プロレスの世界観を変えたと思うが、タイガーは、それに輪をかけて、体操選手のようなボディバランスとリズム、そして創造性豊かなアクロバティックファイトで一世を風靡。後のプロレススタイルが根本的に見直されるきっかけとなった。まさにレジェンド。

さて、タイガーマスクというと「白いマットのジャングルで~」というアニメの主題歌を思い出す人も多いだろう。でも残念ながら、当時人気絶頂のタイガー(新日本時代)の入場曲にはならなかった。

調べてみると、初登場のときは、ブレイン・ウォッシュ・バンドという5人組のロックバンドが生演奏した『バーニングタイガー』という曲。その後、何回も変えている。

タイガーについては、続編の原稿を用意しているので、入場曲はそこで紹介するとして、ここでは、Re:minder世代の皆様のために、あえてアニメの主題歌を紹介したい。何を隠そう、私は以前、ケータイの着信音に使っていたことがある。由緒正しい曲なのだ。

2017.07.31
15
  YouTube / bladdog
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1964年生まれ
小山眞史
コラムリスト≫
11
1
9
8
1
一貫してヒーロー、でも入場曲は一貫してなかったタイガーマスク
カタリベ / 小山 眞史
21
1
9
8
3
凶悪レスラーの入場曲「吹けよ風、呼べよ嵐」俺のプライドはズタズタだ!
カタリベ / 小山 眞史
22
1
9
8
6
メイクアップ「ペガサス幻想」ロックバンドによるアニソンのパイオニア
カタリベ / 中塚 一晶
16
1
9
7
9
入場曲は「サーベルタイガー」俺は希代のヒール、タイガー・ジェット・シン
カタリベ / 小山 眞史
22
1
9
8
1
スタン・ハンセン、プロレスの枠を超え、今なお耳にする ”気合い曲”
カタリベ / 小山 眞史
72
1
9
8
0
サイボーグ009と共に。いま爆音で響かせたいアニソン「誰がために」
カタリベ / 鎌倉屋 武士
Re:minder - リマインダー