9月21日

大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」と 小泉今日子「永遠の友達」は表裏一体?

32
1
 
 この日何の日? 
大沢誉志幸のシングル「そして僕は途方に暮れる」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
奇跡の年【1984】第1回 MTV アワードを揺るがせたマドンナの媚態

80年代洋楽の潮流、ジェリービーンといえば 12インチのリミックス!

アートスクール出身の歌姫、シャーデー・アデュとコリーン・ドリューリー

昭和を彩った80年代男性ヴォーカル “泣ける失恋ソング” ランキング

KONTAと杏子のWボーカル、バービーボーイズのスリリングな駆け引きロック

銀色夏生が紡ぐ言葉の魅力、孤独の意味とせつなさの理由は?

もっとみる≫




大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」スタッフも納得の出来


初めて聴いたあの日から、ずっとその曲は心の中に息づいていた。理由なんて分からない。そしてある日突然、その曲の素晴らしさに気づかされるのだ。

それは自分が大人になったから?
成長して曲の世界に追いついたから?

―― 私にとってそんな1曲が大沢誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」だ。

1984年にリリースされた名曲「そして僕は途方に暮れる」。当時はEPICソニー全盛期。鈴木雅之、佐野元春、渡辺美里、TM NETWORKなど煌びやかなアーティストと共に、大沢もEPICソニー所属アーティストの1人だった。

大沢はアイドルたちへの楽曲提供を経て、自身の音楽活動へと歩を進めた。80年代には、作詞家の銀色夏生やプロデューサーの木崎賢治氏らと共に、チームのように作品作りに取り組んでいたのも印象的で、その中から生まれたのが「そして僕は途方に暮れる」だった。このときのことを銀色夏生はこう振り返っている。

「このうたが出来た時、これ、なんかすごく好きだから、もういいね、と木崎さんたちと話したことを覚えています。なにがいいって、いい歌を作れたから売れなくてもいいね、みたいな心境です」
※銀色夏生 その瞳の奥にある自由(河出書房新社)より

制作に携わったスタッフたちが、いかにこの曲を愛し、その仕上がりに大きな満足感を得ていたか分かる。

淡々と描かれたセピア色の世界


淡々としたリズムとメロディー。最後まで派手な展開もなければ、ゴージャスなアレンジもない。当時流行りの転調を繰り返すドラマティックさや、華やかさもない。そうした煌びやかな曲とは一線を画し、真逆の “セピア色の世界” を描いたこの曲。一見、“地味な曲” ともいえる。当時、まだ中学生だった私は、歌詞の大人っぽさもうまく理解できなかった。それなのに… けっしてこの曲が頭から消えることはなかったのだ。

きっと頭では理解できなくても、心の中ではこの曲の素晴らしさを感じていたのだと思う。タイトルの妙、歌詞のインパクト、曲の美しさ、大沢のせつない歌声… そのすべてが、理屈を通り越していた。大沢のソウルフルな歌声とかすれた低音ボイスが、歌詞のせつなさをいっそう深くさせる。大沢の歌声は、別れを決めて出て行く女性と、静かに見送る男性の物語の語り部のようでもある。

カップヌードルのCM曲に起用されたことも意外だった。パンチのあるド派手な曲ではなく、あえてこの曲をチョイスしたセンスが素晴らしいなと思う。

小泉今日子「永遠の友達」は “恋の黄昏”の名がふさわしい名曲


ここで改めて、大沢誉志幸が楽曲提供した曲を振り返ってみたい。

中森明菜 / 1/2の神話
吉川晃司 / ラ・ヴィアンローズ
鈴木雅之 / ガラス越しに消えた夏
UP-BEAT / Kiss...いきなり天国

…… えっ、この曲もそうなの!? と名曲の数々に驚かされる。

その中に、1993年に小泉今日子に提供した「永遠の友達」という曲がある。キョンキョンの代表曲「優しい雨」のカップリング曲でもある。「優しい雨」の人気に隠れてしまったイメージもあるが、この曲がまたとてつもなく素晴らしい。とても静かで抑揚のない、まるで深い海の底を泳いでいるような独特な世界。ささやくようなウィスパーボイスで歌い上げるキョンキョンもまたイイ。

この曲を聴くたびに「そして僕は途方に暮れる」の世界に通じるものを感じる。「そして僕は途方に暮れる」が男性目線の曲ならば、「永遠の友達」は女性目線。どちらも別れを歌ったラブソングだ。「そして僕は途方に暮れる」の続編… とは言わないまでも、キョンキョンが作詞をする際に、「そして僕は途方に暮れる」を意識した… ということはなかっただろうか。「そして僕は途方に暮れる」で、

 君の選んだことだから
 きっと 大丈夫さ

… と彼女を見送った男性。一方「永遠の友達」で、

 さようならと 抱き合ったとき
 ふたりの真ん中に
 温かくて 信じられる
 愛が生まれた

… と歌う女性。どちらの曲も、曲の展開が同じようにシンプルで、歌詞も同じ物語を辿っているようで、まるで返歌のように聞こえてくる… というのは、深読みが過ぎるだろうか。

抑揚の少ない淡々とした曲を、聴き手に飽きさせることなく最後まで聴かせる「そして僕は途方に暮れる」の凄さ。飽きさせるどころか、最後の最後までその世界に聴き手を惹きつけて離さないところ… 大人になって聴くたびに、この曲が持つ力に感動を覚える。胸をギュッとせつなくさせて、聴いた後になんとも言えない大きな余韻を残す…。

“恋の黄昏” という言葉がぴったりな名曲といえる。

▶ 大沢誉志幸のコラム一覧はこちら!



2022.09.20
32
  Songlink


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1974年生まれ
DT
どちらの曲も大村雅朗アレンジというのも共通していますね。
2022/09/20 21:17
0
返信
カタリベ
村上あやの
コラムリスト≫
28
2
0
2
0
決して懐メロにならない80年代 J-POP、時代を超えた究極のエヴァーグリーン
カタリベ / 本田 隆
45
1
9
8
2
人間交差点・コトバの交差点 ♪ 伊藤銀次(その3)
カタリベ / スージー鈴木
34
1
9
8
0
バカヤロー、演歌はコブシだ!猪俣公章先生にも怒られた「夕焼け父さん」
カタリベ / ふくおか とも彦
109
1
9
8
1
連載開始! EPICソニー名曲列伝:80年代と書いてEPICソニーと読む
カタリベ / スージー鈴木
26
1
9
8
4
大沢誉志幸とデヴィッド・ボウイの重なり合う情景、君は一人じゃない!
カタリベ / inassey
32
1
9
8
2
着火音が聴こえる!ビートたけしのROCK魂に火がついた瞬間
カタリベ / せトウチミドリ