2023年 6月28日

【澤田知可子インタビュー】21世紀に残したい泣ける名曲「会いたい」を歌い続けて…

188
0
 
 この日何の日? 
澤田知可子のアルバム「Vintage II〜時がめぐるなら〜」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2023年のコラム 
いつだって最前線!ペット・ショップ・ボーイズは最強のUKエレクトロポップ・デュオ

最新インタビュー【田原俊彦】デビュー40周年記念ライブからコロナ禍の3年間を総括

中山美穂 24年ぶりの全国ツアー!ヒット曲満載で行われたファン歓喜の河口湖ライブ!

過去じゃなくて未来!佐野元春の名盤ライブ「SWEET16」一夜限りのプレミアム上映

【澤田知可子インタビュー】「Vintage」で目指すのは個性じゃなくて究極のスタンダード

【澤田知可子インタビュー】洋楽の名曲を日本語でカバー!プロデュースは松井五郎

もっとみる≫




1990年に発表した「会いたい」が “21世紀に残したい泣ける名曲”(2001年調査)として1位になったことを機に、近年は “歌セラピー・コンサート” の実施や、チャリティー・イベントの出演など、音楽による癒し効果を念頭に活動してきた澤田知可子(2022年に「沢田知可子」より改名)。そんな澤田が、松井五郎プロデュースによる洋楽カバーアルバム『Vintage』、『Vintage II』 を2022年、2023年と立て続けに発表している。おそらく初めて聞いた人は、その聴き心地の良さに驚くかもしれない。それほどまでに、使われている言葉や歌唱、演奏などすべてが洗練されているのだ。

この第1回では、近年の澤田知可子の活動や、『Vintage』シリーズを発売するに至った経緯を語ってもらった。まずは、「澤田知可子」に改名した理由を尋ねてみた。

「会いたい」の沢田知可子で生きていこう、という決意


澤田知可子(以下澤田):2022年がちょうどデビュー35周年だったんですが、夫である小野澤篤と二人三脚でこの年を迎えるにあたって、 “澤田” と “小野澤” と澤の字を一つにすることで、これからも夫婦ユニットのようにやっていこうと決意表明しました。また、“沢” より “澤” の方が画数的にも良くて、地に足のついた活動ができるという意味もあるそうです。35年も経って地に足がついていないのか、って言われそうですけど(笑)。

―― 澤田知可子と言えば “「会いたい」を歌っている人” という強いイメージがあるが、それについて本人はどう思っていたのだろうか。

澤田:『会いたい』を歌いたくない、と思ったことは一度もないのですが、それを超えるヒット曲と出会いたいという想いもあったんですね。でも、2001年に『21世紀に残したい泣ける名曲』アンケートで1位に選ばれた時に、“この歌と闘ってどうするの!?” と悟って、この歌に全面的に力を借りよう、これからは “『会いたい』の沢田知可子” で生きていこう、という決意が生まれたんです。これは神様から “あなたの生きる道は涙ですよ” と教えてもらったと思い、そこからは素直に歌い継いでおります。

―― そんな思いもあって、近年は数々のチャリティー・イベントにも参加。それをキッカケに2016年に始まったのが、長岡花火大会と、澤田知可子が歌う「空を見上げてごらん」(作詞:沢田知可子、作曲:小野澤篤)のコラボレーションだ。♪どうか 夢を忘れないで あなたを待っている〜と澤田が凛とした声で歌うバラードは、毎夏配信チャートで上昇するほどの話題作となっている。

澤田:これは2004年に新潟県中越地震があり、その年末にチャリティー・イベントに参加させていただいた時、『会いたい』を歌った途端、野外ステージにヒョウが降ってきて、まさに奇跡の5分間だったんです!そこでスタッフの方と一丸となった瞬間があって。その後、毎年チャリティー・コンサートを開催され、みんなで復興のための音楽を作ろうという流れになり、「空を見上げてごらん」が生まれました。

そして、長岡といえばやはり花火で、いつからか花火大会のエンディングで『空を見上げてごらん』を流してくださるようになったんですよ。そこから、この曲を花火と一緒にコラボしたいと言ってくださる方も増えていて、気が付いたら行政の方が率先して、震災から12年目にコラボが実現したんです。その翌年からも毎年、長岡で歌わせていただき、コロナ禍で2020年から2021年は中止となりましたが、2022年に復活し、米百俵尺玉の100連発とコラボできた時には、とっても感動しました。生で見ると、スケール感も素晴らしいし、音も迫力が全然違います。画面のものと肉眼で感じるものは別物ですね!



コロナ禍に夫婦で立ち上げたYouTube公式チャンネル


―― さらにコロナ禍となった2020年、澤田は夫婦でYouTube公式チャンネルを立ち上げた。

澤田:外でLIVEが出来ない分、毎日が実験室みたいな感じで探り探りやっています。例えば、手話を使って自分の曲を歌った画像をアップするなど、LIVEでは解説しきれないものを1曲ずつ丁寧に説明しながら歌っています。

また、“歌セラピー” も紹介しています。これは、まさに中越地震の頃、実際に被災して怖い想いをした方たちが『会いたい』を聴きたいと言ってくださり、またその年末にスマトラ沖地震が起こって、スリランカでチャリティー・コンサートをさせていただいた時、自分の中のテーマは何なのかとあらためて考えた結果、『会いたい』をセラピーとして歌っていけばいいんだと気づきました。

悲しい歌を聴いて涙を流して心を浄化するという「涙活」も、音楽だからこそできることに気づき、音楽療法を基礎から学びはじめました。“涙を流す” のは、実は “笑う” のと同じくらいセロトニンが脳内から出るんですね。だから、“笑う” 方は、お笑いのプロの方にお任せして、私には゛音楽で泣く方をお任せください、という想いで “歌セラピー・コンサート” という看板を掲げました。“心と体にやさしい うたぐすり” をテーマに、各地でLIVEを開催するようになったんです。

洋楽を日本語でカバーした『Vintage』、その続編『VintageII』もリリース


―― そんな澤田が、2022年3月9日に、カバーアルバム『Vintage』を発表した。本作は、“Vintage” と呼ぶにふさわしい1950年代から1970年代を中心とした洋楽のスタンダード・ナンバーを、可能な限り日本語でカバーするという企画アルバムで、2023年6月28日はその続編『VintageII』も予定されている。これらを始めたキッカケを尋ねてみた。

澤田:私は、子どものころからビートルズやカーペンターズといった洋楽も、当時の歌謡曲のような邦楽も大好きで、体に沁み沁みついているんです。でも、英語の歌は大好きなのに、ネイティブ並みに発音できない私には、その商品価値はないというコンプレックスを抱いてきました。歌手としてデビューしたからには、いい加減なものは世の中に残せないですから。歌で言霊を伝える自信はあるので、洋楽曲を自分なりに日本語に訳して歌うという時期もありましたが、“こんなスゴイ曲に、自分が勝手に訳詞を乗せるなんて” と、考え直し、“この人が訳したのなら間違いない!” という方とやりたかったんです。



「会いたい」主人公は、30年後の今どうしているんだろう?


―― そこに長年のヒット作詞家である松井五郎に白羽の矢が立った経緯も語ってくれた。

澤田:入り口は2020年、『会いたい』のリリースからまる30年の年に、松井五郎先生に “「会いたい」主人公は、30年後の今どうしているんだろう?” というテーマで、『時がめぐるなら…』という歌詞を書いてくださったんです。それを、藤澤ノリマサさんが、是非一緒にデュエットしたいと言ってくれて、メロデイーを書いてくれました。つまり、天国から聞こえる男性と、今を生きている女性という接点で生まれました。

松井先生とは、平成の初めごろにも詞を提供していただいていたのですが、令和になって初めてお話しする機会をいただいて、「実は私、洋楽のカバーを日本語で歌いたいという想いがあるのですが、そういうのは叶わないものでしょうか?」と尋ねると、実は松井先生も、ビートルズやカーペンターズの歌詞を自分なりに訳してみて、自分のLIVE(『GORO MATSUI SONGBOOKS』)でいろんな歌手の方にカバー曲を歌ってもらっていたそうなんです!

でも、その洋楽の日本語カバーをLIVEで歌うことはできても、CD化はされてこなかったんです。なぜなら、CD化の許諾を取るのがとっても大変です!けれど、松井先生から “澤田さん、僕もずっと英語曲の日本語カバーをやってきたけど、許諾に大変な時間がかかるのと、訳詞の場合、作詞家には印税は入らないんだ。でも、それでも僕はやりたいんだ。長い闘いになるとおもうけど、やってみる?” と、誘われて、“是非やります!!” と即答し、松井五郎先生、澤田知可子、小野澤篤の三本の矢の状態で、音作りが始まったんです。

―― この『Vintage』シリーズは、“目指せ100曲!” ということで、今も許諾を下りるのを待っている曲が沢山ある状態という。それだけ地道な作業を着々と進めていくということからも、彼女のこの企画への熱い想いがひしひしと伝わってくる。第2回は、アルバム『Vintage』について、第3回はアルバム『Vintage II』について澤田知可子に語ってもらおう。



■ Vintage(2022年3月9日発売)
1.(They Long To Be)Close To You
2.もしも… ‒If ‒
3.Alone Again(Naturally)
4.月灯りのワルツ‒The Last Waltz‒
5.The Windmills of Your Mind
6.Raindrops Keep Fallin' on My Head
7.You Needed Me
8.Love is Blind
9.Unchained Melody
10.Moliendo Café
11.Moon River
12.Smile
13.Over the Rainbow
14.The Rose

■ Vintage II~時がめぐるなら~
1.青春の輝き I Need to Be in Love
2.そよ風の誘惑 Have You Never Been Mellow
3.落葉のコンチェルト For the Peace of All Mankind
4.雨の日と月曜日は Rainy Days And Mondays
5.ひまわり Loss of love
6.So in Love
7.無造作紳士 L'aquoiboniste
8.若葉のころ First of May
9.The Water Is Wide
10.恋の面影 The Look of Love
11.I Wish You Love
12.A House Is Not a Home
13.時がめぐるなら~Solitude
14.会いたい~2001ストリングス・バージョン
15.As Time Goes By

https://reminder.top/monthly-2022-02-sawadachikako/

特集:澤田知可子

▶ 沢田知可子のコラム一覧はこちら!



2023.06.23
188
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
臼井孝
コラムリスト≫
120
1
9
8
5
作詞家 松井五郎の世界を堪能!時代を超えた《女性アイドル・ラブソング編》
カタリベ / 臼井 孝
87
1
9
8
5
【作詞家 松井五郎インタビュー】女性ボーカルを語る〜岩崎宏美、澤田知可子、田村ゆかり…
カタリベ / 臼井 孝
29
1
9
8
5
松井五郎が描く男と女の正体は? 安全地帯「悲しみにさよなら」を深読み解説!
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
58
2
0
2
2
新曲「ロマンティストでいいじゃない」田原俊彦はいつだってエンターテイナー!
カタリベ / チャッピー加藤
40
2
0
2
3
【澤田知可子インタビュー】洋楽の名曲を日本語でカバー!プロデュースは松井五郎
カタリベ / 臼井 孝
188
2
0
2
4
【澤田知可子インタビュー】泣きたいときは泣けばいい!究極の「うたぐすり」ついに発売
カタリベ / 本田 隆