2023年 6月21日

いつだって最前線!ペット・ショップ・ボーイズは最強のUKエレクトロポップ・デュオ

26
0
 
 この日何の日? 
ペット・ショップ・ボーイズのベストアルバム「スマッシュ~ザ・シングルズ 1985-2020」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2023年のコラム 
山下達郎「RIDE ON TIME」制作当時20代!若者たちの抑えきれない荒々しさと躍動感

大槻ケンヂと筋肉少女帯!バンドブームに乗れなかったリスナーを掴んだオリジナリティ

TM NETWORK 40周年の幕開け!ニューアルバム「DEVOTION」秋には全国ツアーも!

最新インタビュー【田原俊彦】デビュー40周年記念ライブからコロナ禍の3年間を総括

最新インタビュー【田原俊彦】まだまだ走り続ける!目標は東京ドームで50周年ライブ?

最新インタビュー【田原俊彦】ジャニーズを卒業してからずっと守っている約束事

もっとみる≫




エレクトロポップの新星、ペット・ショップ・ボーイズ


ソロシンガーも好きだけれど、デュオとか、ユニットとか、そういうものにもときめくのはなぜなんだろう? もちろん、もっと人数が増えて、いわゆるグループも、それはそれでときめく。ロック好きだから、バンドと言われると、さらにブチ上がる。でも、二人組というのは、それはそれで特別だ。

リンリン・ランランにピンク・レディー、狩人と、小学生の頃に耳にした歌謡曲のアーティストはデュオが多かった。中学生になると、ふきのとうや雅夢などのフォークデュオも聴いたし、一方ではホール&オーツのような洋楽のアーティストも知った。洋楽、とりわけUKロックにのめり込んだ高校時代にはヤズーやワム!、ティアーズ・フォー・フィアーズがいた。OMDこと、オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダークも基本的にはユニットだ。UKロックではエレクトロポップの分野に、多くのユニットが存在した、そんなイメージがある。

で、大学に進学して早々、おっ! と思ったエレクトロポップの新星が、本稿の主役ペット・ショップ・ボーイズ(以下、PSB)だ。

その脚光の浴び方は、なかなか派手だった。1986年、シングル「ウェスト・エンド・ガールズ」が、いきなりイギリスのチャートでナンバーワンになり、後にビルボードの全米チャートでも首位になる。当然、『ベストヒットUSA』等でも取り上げられ、日本でも話題になった。



絶望と希望をウィットや皮肉とともに歌う、「ウエスト・エンド・ガールズ」


絶望と希望をウィットや皮肉とともに歌う、いかにも英国的な「ウエスト・エンド・ガールズ」は、じつは2年前に彼らのデビュー曲としてリリースされていたがディスコでのマイナーヒットにとどまっていた。が、レーベルを移籍し、再レコーディングされた新バージョンにより、このデュオ―― ニール・テナントとクリス・ロウ―― は、華々しい成功をつかむことになる。

デュオにも色々あるが、奇妙なバランスのデュオだなあ…… と、いのうが同曲のMVを見たときの第一印象。ニールはいかにもフロントマンといった佇まいで、スーツとコートを長身にまとい、ビシッと決めている。対するクリスは、ほぼほぼ仏頂面で、ニールの後に控えており、リップシンクでコーラスを入れる素振りさえ見せない。影が薄い? 確かに、MV内にはクリスが半透明になる場面もある。が、影が薄いというより、むしろガラの悪い守護天使的!? いずれにしても、どこかミステリアスに映った。

売れるようになってメディアに露出し始めると、役割分担もなんとなく見えてくる。スポークスマンはやはりニールだ。音楽誌の記者をしていた経験もある人だから、インタビューに対しても理知的に答えるし、ユーモアのセンスもある。

対して無口なクリスの主要な役割はトラックメイキング、ということになる。ライブでもシンセサイザーの前から動くことはない。ダンサーを引き連れて歌い、動き回るニールとは好対照だ。

アンニュイなエンタテイナーにして詩人であるニールと、黒子のように振舞いつつ印象的なメロディを作り出すクリス


思うに、デュオの魅力というのは、このようなバランスの妙にあるのではないだろうか。1体1なら各々のキャラも立てやすい。そのうえで、“1+1” が2以上になるような、そんな面白さ。PSBの場合は、アンニュイなエンタテイナーにして詩人であるニールと、黒子のように振舞いつつ印象的なメロディを作り出すクリスの才能の融合。それが答えを2以上のものにしているように思える。

それにしても、彼らの息の長さには驚かされる。デュオは仲違いが決定的になったら解散できてしまうし、短命の場合も少なくない。が、PSBはデビュー以来39年にわたり、分裂することなく活動を続けている。彼らのデビューはニール30歳、クリス25歳のときで、ポピュラーミュージックの世界では比較的遅咲きの部類だが、エゴをコントロールできる大人の年齢であったことも幸いしたのかもしれない。

2023年6月21日、そんな彼らのシングル曲を全網羅した『スマッシュ〜ザ・シングルズ1985-2020』がリリースされる。CD3枚組、プラスBlu-ray2枚の豪華版だが、ヒット曲満載でこれはなかなか壮観だ。39年というデビュー後の活動の長さはもちろんだが、つねにポップシーンの最前線に居続けたことにも驚かされる。



ここに収められている初期のヒット曲で、こちらも風刺が効いた「オポチュニティーズ」の一節を引用して、本稿を締めくくろう――

――「俺は頭がいいし、おまえはルックスがいい / 一緒に大金を稼ごうぜ!」

▶ ペット・ショップ・ボーイズのコラム一覧はこちら!



2023.06.21
26
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
14
1
9
8
8
ペット・ショップ・ボーイズ、ニール・テナントの自己実現の軌跡
カタリベ / モコーツカ
36
1
9
8
5
ニュー・オーダーとイアン・カーティスについてもう一度考えてみる
カタリベ / moe the anvil
27
2
0
1
9
ウキウキ MAX! ペット・ショップ・ボーイズ、19年ぶりの単独来日公演
カタリベ / ユリンベ
34
1
9
8
5
ティアーズ・フォー・フィアーズの “誰もが世の中を思いのままにしたい”
カタリベ / 宮木 宣嗣
14
1
9
8
1
マッドチェスターの源流? ロンドン発のニューウェーヴ、パッションズ
カタリベ / moe the anvil
26
1
9
8
2
ABCの華麗なる変貌、MTVの波に乗ってポストパンクからエレクトロポップへ
カタリベ / moe the anvil