2月1日

西城秀樹のロック愛が爆発!独立第1弾シングル「ギャランドゥ」が意味するものは?

46
1
 
 この日何の日? 
西城秀樹のシングル「ギャランドゥ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
白夜の貴公子「ハノイ・ロックス」最初で最後の追っかけ大作戦!

グラミー4冠!クリストファー・クロスはスティーリー・ダンからTOTOに変化した

西ベルリンからやって来た黒船!ネーナの放つ「ロックバルーンは99」

ジャーニー「セパレイト・ウェイズ」WBC侍ジャパンのヒーローと一緒に叫ぼう!

もしかして復活!? 80年代に追い求めたキャンディーズへの夢

佳山明生「氷雨」のヒットと黄金の6年間、街に流行歌があふれていた時代

もっとみる≫




根っからの “ロックンローラー” 西城秀樹


早いもので、ヒデキが逝ってから今年でちょうど5年になる。元気であれば、4月13日は68歳の誕生日だった。63歳は早すぎたと今でも思う。ヒデキが亡くなって9日後の2018年5月25日、私は青山葬儀所で営まれた告別式に足を運んだ。

出棺の際に流れた「ブルースカイ ブルー」とシンクロするかのように空が晴れ渡り、青空の下ヒデキが旅立ったのはよく覚えている。だが、なんだろう、いまだに亡くなった実感が湧かないというか、私の中でヒデキは今も “現役” なのである。それは生前、ヒデキが遺した残像のせいだ。ヒデキは日本の歌謡シーンにおいて、第一線でずっとエモーショナルに歌い続けた稀有な人だった。そう、ヒデキは根っからの “ロックンローラー” なのだ。

大阪球場で日本人ソロシンガーとして史上初のスタジアムコンサートを行い、10年続けたのも、ロッカーとしての心意気からだ。ロックンローラーたるもの、人気にあぐらをかくのではなく、つねに転がり続けていなければならない。「A rolling stone gathers no moss」(=転がる石にコケはむさない)の精神である。

「シン・ヒデキ」の誕生、独立第1弾シングルが「ギャランドゥ」


ところで、ヒデキが通算10回目の大阪球場コンサートを行い、スタジアムコンサートにひと区切りつけた1983年は、彼の芸能生活にとっても大きな節目になった年だった。1月に、デビュー以来所属していた芸映から独立。新事務所「アースコーポレーション」を設立したのだ。これは円満な形での独立で、ヒデキは本当にやりたいことを自分の責任でできるようになった。

事務所を立ち上げた翌月、2月1日にリリースした独立第1弾シングルが「ギャランドゥ」である。ヒデキは新事務所を軌道に乗せるためにも、どうしてもこの第1弾をヒットさせたかった。しかも、ただ売れ線の曲を歌うのではなく、「シン・ヒデキ」の誕生を世に示す必要があった。

だが、職業作詞家・作曲家に依頼すると、どうしても歌謡曲のセオリーに沿ったものになってしまう。型破りで、とりわけ “エモい曲” を…… ということで曲を依頼したのが、盟友・もんたよしのりだった。

ロックを愛する者同士、普段から交流のあったヒデキともんた。1983年当時、歌謡曲のベスト10チャートにロックアーティストが顔を出すことはもはや当たり前になっていたが、いわゆる “歌謡界” と “ロック界” の間には、まだまだ大きな壁があった。だが、ヒデキともんたは普段から熱いロック談義を繰り広げ、お互い共鳴し合っていた。ヒデキのロック愛が、下らない障壁をブチ壊したのである。

もんたよしのりの造語「ギャランドゥ」


タイトルにもなった「ギャランドゥ」はもんたの造語であり、特に深い意味はない。もんたは歌いながら作曲するスタイルで、この曲も歌詞を適当に口ずさみながら作っていった。「ギャランドゥ」も偶然浮かんだ言葉なのだが、にしては、けっこう威力のあるパワーワードだ。聴く人を高揚させる響きがあるし、この言葉自体が “エモい”。

最高の女性に出逢ったときの衝撃……「ギャランドゥ」はその興奮度を表す間投詞でもある。ヒデキが「♪ギャランドゥッ」とシャウトすれば、「イイ女を見つけたぜッ!」という歓喜の声にも聞こえるし、「抱いてやるッ」にも聞こえる。

そんな都合のいい言葉はないのに、もんたは発明してしまったのだ。そういう魔法の言葉が浮かんできたのはおそらく、ヒデキが歌うことを頭に浮かべながら曲を作っていたからで、その意味では “共作” とも言えるだろう。

この曲、結構ヒットした印象があるが、調べてみるとオリコン最高位は14位、売上げは13.7万枚である。「え、そんだけ?」と思うけれど、裏返すとセールス以上に、世間に大きなインパクトを与えたということだ。80年代におけるヒデキの代表曲になったし、もんたに頼んだのは大正解だった。

ヒデキのファンとしてライブに参戦したジャッキー・チェン


ヘソ毛の話なんか別にどうでもいいが、そんな別の意味を帯びてしまったのも、「ギャランドゥ」という言葉自体が持つ不思議なパワーゆえだろう。ある意味、呪文とも言える。

この「ギャランドゥ」の次にリリースした独立第2弾が、1983年6月発売の「ナイト・ゲーム」だった。元レインボーのボーカリスト、グラハム・ボネットの「Night Games」をカバーしたもので、以降ヒデキのコンサートに欠かせない曲となった。「ギャランドゥ」は「ロックシンガー・西城秀樹」路線を確立した曲でもあった。



「ギャランドゥ」にはこんな逸話もある。80年代から本格的なアジア進出を始めたヒデキ。特に人気が高かったのが香港で、とりわけ男性ファンが多かったのは、これもまたヒデキのロック度の高さを示す事実だ。

現地でのライヴでは、香港の有名スターたちもヒデキを一目観ようと最前列に連日詰めかけた。その中のひとりが、あのジャッキー・チェンである。これにはヒデキも驚いた。ジャッキーは「ちょっと観とくか」ではなく、純粋にヒデキの歌が聴きたいから、いちファンとしてライヴに日参していたのである。

これをきっかけに二人は「音楽仲間」として意気投合し、ジャッキーが来日した際、ヒデキのコンサートにアンコールで飛び入り出演したこともある。そのとき一緒に歌った曲のひとつが「ギャランドゥ」だった。

香港での熱狂的な支持が、フィリピン、シンガポール、やがて1987年の中国大陸進出につながり、1988年、ソウル五輪前夜祭における「傷だらけのローラ」熱唱につながった。ジャッキーをもトリコにした「ギャランドゥ」は、ヒデキが世界への扉を開けた1曲でもあったのだ。

▶ 西城秀樹のコラム一覧はこちら!



2023.04.13
46
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
ポンメロ
「ギャランドゥ」造語かも知れませんが、元はガール•アンド•ドゥ→彼女とヤッちゃう。
そういう意味があるともんたよしのりは発言しています。
話変わって、当時の明星や平凡の記事の中によく歌手に質問コーナーがあって、定番の質問で「風呂に入って何処から洗う」という問いかけに普通なら腕とか、髪の毛とか答えが返ってくるものなのに、もんたさんは悩んで「うーん、アソコやねぇ」というあけずけな回答をしていました。オブラートに隠さず自分らしく解放的なもんたさんだから出来た「ギャランドゥ」という造語。素晴らしいと思います。
2023/04/13 08:05
0
返信
カタリベ
1967年生まれ
チャッピー加藤
コラムリスト≫
155
1
9
7
8
バリー・マニロウ「コパカバーナ」と 西城秀樹「傷だらけのローラ」をめぐる冒険!
カタリベ / せトウチミドリ
40
1
9
7
8
優しさの中を貫く強い信念、山川啓介の “詞” に人生を教わった
カタリベ / 鈴木 啓之
32
1
9
8
0
タイアップが消えた「俺たちの時代」モスクワ五輪不参加でも西城秀樹はがんばった?
カタリベ / ミゾロギ・ ダイスケ
75
1
9
7
4
5月16日は西城秀樹の命日 − ロック魂あふれる!熱きシングル曲10選
カタリベ / チャッピー加藤
56
1
9
7
6
西城秀樹「ラストシーン」:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.13
カタリベ / スージー鈴木
31
2
0
1
8
ヒデキはまだ生きている!西城秀樹は筋金入りのロックンローラーだ!
カタリベ / チャッピー加藤