6月21日

ただ耳を傾けるだけで… 崎谷健次郎の曲に出会ったあの夏の想い

38
0
 
 この日何の日? 
崎谷健次郎のシングル「夏のポラロイド」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1987年のコラム 
1987年ベルリン、デヴィッド・ボウイとニック・ケイヴ

鬼才デレク・ジャーマン起用、ペット・ショップ・ボーイズのクールな戦略

痛快!80's の立身出世物語「摩天楼はバラ色に」&「ワーキング・ガール」

東海岸の「ホワイト・ライオン」ドナルドじゃなくてマイク・トランプ!

今なおライブ最前線!スターダスト☆レビューの初武道館から今年で30年

スウィング・アウト・シスターの魔力、千葉の富津が南仏プロヴァンス?

もっとみる≫






photo:Amazon  

聴いているだけで幸せな気持ちになる曲がある。

「夏のポラロイド」

この曲は、1987年6月21日に発売された崎谷健次郎の通算2枚目のシングルで、1st.アルバム『DIFFERENCE』にも収録されている。作曲は崎谷健次郎、作詞は秋元康。透明感のあるメロディとストーリー性の高い歌詞。ただ耳を傾けるだけで、一瞬で物語の世界に入り込む。

私事で大変恐縮だが、つい先日、左足首の靭帯を切った。これが2度目のことであり、怪我した部位も同じ、置かれた状況も酷似している。

最初は1989年の夏、チアの本番前、最後の練習時に靭帯を完全断絶。石膏で固められた完全なギプスの4週間。幸い夏休みだったこともあり、ギプスが外れるまで、ベットで寝たきりの生活となった。

何もすることがない、退屈な時間が流れる。部屋にテレビはなく、本を読むか音楽を聴くことくらいしか楽しみがない。崎谷健次郎の曲に出会ったのは、まさにこのときだった。

オープニングから美しく清々しいメロディが流れ、冒頭の歌詞は別世界へと誘(いざな)う。


 二人で借りていた夏のコンドミニアム
 バルコニーにはデッキチェアー
 泳ぎ疲れた君 寝息を立てて
 長い髪を静かに 風に揺らした


目の前には青い空と蒼く澄んだ海が広がり、幸せに満ちた2人の姿が目に浮かぶ。


 君は夢の中 待ち合わせしても
 いつも僕に逢えないと
 目覚めた後責めるから
 閉じたその瞳 そっと接吻(くちづけ)て
 君が待っている空へ
 僕の愛をそっと吹き込んだ


秋元康の歌詞ってすごい。たったこれだけの文章で、彼女の彼へ想い、彼の彼女への愛情の深さを感じとることができてしまう。また、夢の中でさえも「彼に逢いたい」と思う彼女はとても可愛い。その様子を彼が愛情深く見守る感じもまたいい。

しばらくすると彼女が目覚め、こう呟く。


 君は手をかざし 少し眩しそうに
 右の肩 反らしながら
 目覚めたとき微笑んだ
 夢で逢えたねと 驚いたように
 僕にそっとつぶやいて
 二度目の接吻をせがまれた


ついに夢で逢える2人。彼の愛情が夢の中まで入り込んだ瞬間だ。

愛情っていい。心を柔らかくする。この歌詞を聞いているだけで、心がふわっと温かくなる。現実世界から離れ、幸せな感覚に包まれる。曲調もまたいい。透明感のある歌声と美しいメロディはイメージ力を高めてくれる。私にとっては足の痛みや晴れ舞台に立てなかった悲しさから、一時的にでも解放してくれた素敵な曲だ。

そして今回の怪我は、バレエの舞台稽古中に起こった。左足首靭帯の部分断絶。簡易ギプスの後に、添え木機能付サポーターと処置も軽く、2週間で復帰。

当初は前回に比べたらマシなように考えていたが、私の考えが甘かった。踊ると腫れあがる足。トゥシューズを脱ぐと鈍痛が走る。ブロック注射も効かず、剣山で突き刺さしたような痛みや、突っ張るような痛み、鈍く重い痛みなど複数の痛みに襲われ、もはや痛みのない状態が分からない。数カ月間痛みと戦いながら本番を迎え、終了後はMRI検査送りとなってしまった。

バレエの稽古は厳しい。怪我は自己責任、出席したからには妥協は許されない。舞台稽古は日々進んでいくので、当たり前だが休めば遅れる。後日のフォローはない。

休みたくても休めない、逃げたくても逃げられない。怪我と向き合い、心と向き合い、平常心を保つように努力する。一刻も早く気分を変えるために、今回もまたこの曲を聴いてみた。すると、幸せな気分に加えて、悔しかった過去の想いが蘇る。この想いもまた、本番を乗り切る助けとなった。

そして今は… 再びトゥシューズを履ける日が来ることを祈るばかりだ。

2017.08.12
38
  YouTube / kentsuper 6
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
 ポリ
コラムリスト≫
33
1
9
8
2
もはやAORではない、ポール・デイヴィスと振り返る絶頂期のアメリカ
カタリベ / 中川 肇
20
1
9
8
7
魅惑のカセットテープミュージック、ドライヴで聴くためのAORオムニバス
カタリベ / DR.ENO
94
1
9
8
2
秋元康の長期政権は「Aメロからサビに渡された10文字」から始まった
カタリベ / スージー鈴木
36
1
9
8
5
全米ナンバー1のシンガーソングライターが河合奈保子に提供した王道AOR
カタリベ / 千代田区のUra
28
1
9
7
9
AORファンも要チェック、グラミーの常連♪マンハッタン・トランスファー
カタリベ / DR.ENO
34
1
9
8
3
追悼:みんな覚えがアルジャロウ?「モーニン」は朝のキラキラAOR
カタリベ / @0onos
Re:minder - リマインダー