2022年 5月25日

平山みき・橋本淳・筒美京平「Jazz伯母さん」粋な東京人トライアングル

36
0
 
 この日何の日? 
平山みきのシングル「Jazz伯母さん」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2022年のコラム 
ももいろクローバーZのライブで季節を実感!ドラマチックで圧倒的なその魅力とは?

ももいろクローバーZのアルバム総ざらい!ついに最新作「祝典」がリリース!

神域に達した表現力、玉置浩二はこれからどこに行くのだろう?

増田惠子ソロ40周年の新曲、上田知華が作曲した「Et j’aime la vie ~ 今が好き」

佐野元春「名盤ライブ SOMEDAY」みんな生き抜いてきた40年のヒストリー

佐野元春インタビュー ③「SOMEDAY」完全再現ライブの主人公は僕じゃないよ

もっとみる≫




未発表曲をレコーディング、橋本淳・筒美京平コンビの新曲


うれしい。私が敬愛する橋本淳・筒美京平コンビの “新曲” が、それも平山みきのニューシングルとして聴けるなんて。

橋本・筒美コンビは過去、平山に43曲を提供。5月25日、配信シングルとしてリリースされた「Jazz伯母さん」は44曲目、9年ぶりのニューシングルとなる。一昨年、筒美は逝去。本来ならもう新譜は出ないはずだが、“未発表曲をレコーディング” という奧の手があった。

“新曲” といっても、実は15年前に書かれた曲で、平山は「先生、ジャズっぽい歌が歌いたい」と筒美に “おねだり”。そのたっての望みを聞き入れて筒美が書き下ろしたのである。平山はライヴで、たびたびこの曲を歌唱。ただしレコーディングはされないままだった。

リリース情報によると、平山は筒美が亡くなったのを機に、「この曲をきちんと音源として残したい」と要望、レコーディングが行われた。当初のボサノヴァ風のアレンジをジャズアレンジに変更。歌詞も、舞台をアメリカの地方都市から三軒茶屋に書き変えた、とのこと。

さっそく聴いてみた。イイ! なにより本人が「Jazz伯母さん」になりきってノリノリで歌っているし、平山の独特の声が際立つような“見せ場”を筒美が随所に作っていて、平山も「もう、先生ったら、ニクらしいほどわかってるんだから~」とばかりに “クセ全開” で熱唱。それが絶妙なアクセントになっているのだ。

舞台は東京・三軒茶屋、平山みきが歌う「Jazz伯母さん」


歌詞もステキだ。

 Jazz伯母さんは時間通りよ
 三軒茶屋を今出たところ

 Jazz伯母さんはバスが好き
 隣の客とお喋りしてる

…… 冒頭のこの下りだけでもう、“Jazz伯母さんのキャラクター” がパッと頭に浮かんでくる。しっかり者で、バイタリティ溢れる、人なつっこいご婦人。

「おばさん」じゃなく「伯母さん」なのが、また品があっていい。

 パパの写真に話しかけ
 元気をもらって飛び出すわ

… とあるので、おそらく夫に先立たれたのだろう。だけど独りでも淋しくなんかない。なぜなら、

 三軒茶屋は生まれたところ
 お隣さんに恵まれてるの

世田谷区って、けっこう “人情の街” だったりする。そういえば、東急田園都市線の三軒茶屋の2駅隣・桜新町は “サザエさんの街” として有名だ。ちなみにサザエさんのテーマ曲は、筒美京平作品である。

手作りドレスを着てバスで都心に向かい、ジャズをスイングしながら、パスタランチを楽しみ、東京タワーに登るJazz伯母さん…… 粋だなぁ。江戸っ子とはまたちょっと違う “東京人”。実は橋本・筒美コンビも東京人なのだ。

筒美・橋本の秘蔵っ子、平山みき


二人とも旧・東京市牛込区の出身で、青山学院大学の先輩・後輩。筒美は幼少時からピアノを習い、橋本は童話作家の息子として生まれた。どちらも “いいとこの子” だ。だから二人が書く曲はつねに洗練されていてオシャレだし、粋なのである。

で、二人の “秘蔵っ子” としてデビューした平山みきもまた、東京・大田区出身だったりする。そう、このトリオは “東京人トライアングル” なのだ。

平山はもともと、ナベプロが直営していた銀座のライヴハウス「メイツ」で専属歌手として歌っていた。そこで日本コロムビアのディレクターの目に留まり、「メイツ」の専属を辞めたあと、彼の紹介で橋本・筒美コンビのもとへ連れて行かれる。

筒美は、平山の強烈なハスキーボイスに惹かれ「これから毎日事務所に来なさい」と言い渡し、連日レッスンを施した。平山が最初に所属した事務所が、橋本・筒美が運営する「宝島音楽事務所」。三人にはそんな深い縁がある。

“粋”な精神は決して忘れない


思うに、筒美が平山を愛弟子として可愛がったのは、単に声の魅力だけではなく「東京生まれ・東京育ち」というバックボーンも大きかったような気がする。「彼女なら、都会を舞台にした曲を新しい感覚で歌いこなせるんじゃないか」とピンと来たのだろう。黒っぽいフィーリングの野心的な曲をどんどん書き下ろしていった。

橋本も同じことを感じたからこそ、「ブルー・ライト・ヨコハマ」の姉妹曲にあたるデビュー曲「ビューティフル・ヨコハマ」を書き、続いて大ヒット曲「真夏の出来事」を書いた。どちらの主人公も、都会を漂い、恋をし、自分の生きたいように生きる女の子。これまでの歌謡曲になかった女性像だ。

そんな奔放な女性が、やがて結婚。年を重ね、地元・三軒茶屋で心温まるご近所付き合いをしながらも、かつて遊び歩いていたときの“粋”な精神は決して忘れない…… それが「Jazz伯母さん」なんじゃないか。


筒美京平、橋本淳、平山三紀のメモリアルアルバムもリリース




カップリング曲「ラスト・ラブ・ソング」も、

 この命追いつめて奪うつもりなら
 眼をつむり引き金を私は引くわよ

なんて挑発的な歌詞が出て来る、一筋縄では行かないラヴソングだ。この2曲、決して過去に書かれた曲ではない。まさに“今の曲”なのだ。

新曲リリースと同時に、過去、橋本・筒美コンビが平山に書き下ろした曲を集めたメモリアルアルバム『トライアングル 筒美京平☆橋本淳☆平山三紀 3人の絆』(新曲2曲も収録)と、配信アルバム『平山三紀 コロムビア・イヤーズ』がリリースされるのもうれしい限りだ。

改めて思う。歌手・平山みきが現役で“粋”に歌い続ける限り、筒美京平もまた、生き続けているのだと。

▶ 筒美京平に関連するコラム一覧はこちら!



2022.05.30
36
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
チャッピー加藤
コラムリスト≫
37
2
0
2
1
松本伊代「トレジャー・ヴォイス」TVの国からキラキラ登場!日テレ番組歌唱集
カタリベ / 鈴木 啓之
44
1
9
8
6
どちらの曲もターニングポイント! 同日リリースの中山美穂と本田美奈子
カタリベ / 鈴木 啓之
450
1
9
9
0
少年隊史上最も地味なシングル「砂の男」生身の男の魅力を堪能せよ!
カタリベ / 臼井 孝
79
1
9
8
2
松田聖子の歌詞をもっと楽しむ196通りの方法 ー 松本隆 篇
カタリベ / スージー鈴木
38
1
9
8
2
実力たるやおそるべし!研ナオコのさりげなく高度な歌唱パフォーマンス
カタリベ / 鈴木 啓之
22
1
9
8
4
イントロクイズで答えたい! 秋を感じる哀愁の80年代アイドルイントロ
カタリベ / 藤田 太郎