1977年 7月23日
楽しさと儚さを教えてくれたバンド!きっかけはベイ・シティ・ローラーズ
53
0
 
 この日何の日? 
NHK「ヤング・ミュージック・ショー」でベイ・シティ・ローラーズの回が放送された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1977年のコラム 
50'sブームとは?アメリカに未来を見いだした80年代のティーンエイジャー

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 麻美と亜美のマイピュアレディ

お化けのロックは欠かせない!毎週観ていた「ムー」の不思議な世界観

祝『T2』公開決定!イギ-・ポップの名曲「ラスト・フォー・ライフ」

女心と秋の空… 男心に男が惚れる、ビリー・ジョエルの素顔のままで

寒い冬にはラモーンズ! バーバーバー♪ で縦ノリジャンプ!

もっとみる≫

photo:ROCK MUSIC TIMELINE  

1960年代生まれなら、洋楽を好きになったきっかけがベイ・シティ・ローラーズ(以下BCR)という人は多いんじゃないだろうか。

70年代半ば、すさまじいほどのBCR人気は、彼らのトレードマークだったタータンチェックにちなんで、タータン・ハリケーンなんて呼ばれていた。

63年生まれの姉がBCRに夢中になったことで、我が家にもタータン・ハリケーンは吹き荒れた。子供部屋にある “てんとう虫型レコードプレーヤー” で物足りなくなった姉は、茶の間のステレオで、BCRのLPレコード『青春のアイドル』『青春に捧げるメロディー』をかけまくった。

最初はうるさがっていた母も、「あら、いいわね」と彼らの曲を口ずさむ。小学生だった私も、ポップで覚えやすいBCRの曲を好きになっていった。海の向こうの曲がこんなに楽しいんだってことを、最初に教えてくれたのはBCRだ。

たしか姉は、今のジャニーズファンのように、メンバーの誰担当というのを友達と決めていた。姉はベースのウッディ担当。そのため、マフラー、手提げ袋、ペンケース、ハンカチなど、あらゆる身の回り品をウッディのトレードマークである黄色のタータンチェックにしていた。

さらに、BCR出演番組は、ラジオもテレビもすべてカセットテープに録音。そのせいで、私もNHK『ヤング・ミュージック・ショー』の音源を何度も聴かされた。

We Love You, Rollers!

という開演前とアンコール時の観客のコール、レスリーの「ミナサンオアイシテマス」というサービスMCが記憶にすりこまれるほどに。

Wikiを見ると「78年ごろには人気が下降線をたどってしまった」とあるが、実際その頃には、姉の興味はチープトリックにうつっていたように思う。たくさんあったタータンチェックのグッズも、徐々に色あせ、いつの間にか家の中から消え失せていた。

さらに、「BCRって、ほんとは演奏してないらしいよ」と、彼らの悪口まで言い出す始末。あんた、あんなに夢中だったじゃん!

いや、悪口を言うくらいなら、まだいい。80年代に入ると、姉の口からBCRの話題は一切出なくなった。

「イエスタデイズ・ヒーロー」というBCRの代表曲がある。サビでレスリーが「過去のヒーローにはなりたくない」と叫んでいたが、現実は無情。あっという間に「イエスタデイズ・ヒーロー」になってしまった。

私にとってBCRは、洋楽の楽しさを最初に教えてくれたバンドだ。同時に、ポップグループの儚さを教えてくれたのも、BCRかもしれない。

2017.05.14
53
  YouTube / ADAMKKKKK


  YouTube / Rafaella Schumann
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
平マリアンヌ
コラムリスト≫
32
1
9
8
6
そもそもクイーンがこんな世界的なバンドになるとはまったく思わなかった
カタリベ / 佐々木 美夏
29
1
9
8
4
ジャンルを超えた「見つめていたい」メヌードからポリスに架けられた橋
カタリベ / clake
42
1
9
8
9
関ジャニのMETROCK出演に思う、プリプリが全力で勝ち取ってきたもの
カタリベ / 佐々木 美夏
14
1
9
8
3
シブがき隊の「処女的衝撃!」同名店舗が学芸大学の十字街に出店!!
カタリベ / むぅとうさん
13
1
9
8
7
ジャニーズ的サマーソング、少年隊が歌って踊る夏を感じるこの2曲!
カタリベ / むぅとうさん
36
1
9
8
8
SMAPは最後の80年代アイドル、私たちは一緒に歳をとってきた象徴を失った
カタリベ / 佐々木 美夏
Re:minder - リマインダー