2月18日

ジャクソン・ブラウンの反戦メッセージ、危うい状況におかれた命がある

19
1
 
 この日何の日? 
ジャクソン・ブラウンのアルバム「ライヴズ・イン・ザ・バランス」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
極上の切なさを召し上がれ、菊池桃子の集大成「Broken Sunset」

ブリティッシュソウルのプライド、実はスターだったビリー・オーシャン

ザッツ・ホラー・エンタテインメント「クリープショー」がヤバすぎる!

ポップスターの悲劇? チェッカーズとお酒と西麻布のレッドシューズ

稲垣潤一がハイトーンボイスで歌う「April」は本当にさわやかな別れの曲なの?

出会いという奇跡、テレサ・テンの想い。時の流れに身をまかせ

もっとみる≫



photo:FANART.TV  

1980年代、アメリカのロナルド・レーガン大統領は、ラテンアメリカへの軍事的な干渉を繰り返した。中でも有名なのは、革命によって成立したニカラグア政府を危惧し、イランへの武器売却で得た資金を反政府部隊「コントラ」に提供していたことが発覚した「イラン・コントラ事件」だろう。違法な政治行為として大きく報道された。

ジャクソン・ブラウンの「ライヴズ・イン・ザ・バランス」は、こうしたアメリカの外交姿勢に強く抗議した曲だった。タイトルを訳すと「危うい状況におかれた命」という意味になる。どう転ぶかわからないバランスの上に、たくさんの命が置かれているというのだ。


 顔に影のある者達が戦地へ武器を送る
 そこは事業利益が生まれる場所


顔に影のある者達とは、アメリカ政府のことを指している。彼らはビジネスとして武器を売る。でも、彼らはその武器が使われる土地の名前さえ言えない。彼らの知らない場所で、彼らとは無関係の人達が戦うことで、彼らは利益を得るのだ。

強烈なフレーズが次々と歌われていく。ラジオやテレビからは、同じ話が繰り返し聞こえてくる。これは自由のための戦いであり、アメリカは多くの友達を救ったと。


 でも、その友達って一体誰だ?
 政府は自らを殺していることには
 ならないのか?


彼らはなんでも売りつける。大統領も、服も、車も、若さも、宗教も。そして戦争までも売りつける。ジャクソンは最後のヴァースで苛立ちを吐露する。


 僕は黒幕が誰なのかを知りたい
 彼らが問いただされるのを聞きたい 
 彼らは敵が誰なのかを僕らに語りかける
 でも、彼ら自身が戦うことはけっしてないし
 死ぬこともない


これは非常にシビアな歌だ。しかし、当時高校生だった僕には、なかなか実感が伴わなかった。「徴兵制度がある国だと、戦争も身近なんだな」とぼんやり思うのがせいぜいだった。でも、今はあの頃よりわかる。それはあまり幸せなことではない気がする。


 危うい状況にさらされた命がある
 戦火の中に人がいる
 大砲のそばに子供たちがいる
 鉄条網には血がついている 


2017年10月17日、僕は久しぶりにジャクソン・ブラウンのライヴに足を運んだ。「ライヴズ・イン・ザ・バランス」が演奏されたのは、ライヴが後半に差し掛かった頃だった。コーラスの黒人女性ふたりとリードヴォーカルを分け合って歌われた曲は、長い年月を経て、深い陰影と奥行きを持つようになっていた。そして、ストレートなメッセージには悲しみが滲んでいた。

気がつくと、僕は目を閉じていた。耳を澄まして、音楽の向こう側にある何かを聴き取ろうとしていた。

あれから一体なにが変わったのだろう? 世界は良い方へ向かっているのだろうか? 今も危うい状況にさらされた命がある。

2017.10.31
19
  YouTube / Ruth Owens
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
88
1
9
8
1
大滝詠一「恋するカレン」絶対にカッコ悪くなりたくない男の意地?
カタリベ / 三園 彩華
163
1
9
8
6
浜田省吾「J.BOY」少年だった大人たちよ、今こそこのアルバムを!
カタリベ / 藤澤 一雅
39
2
0
1
7
佐野元春の尖鋭性 ー それまで日常で流れていた歌謡曲とは全く異質な音楽
カタリベ / 海老沼 大輔
51
1
9
8
1
ゆらり揺らめいたメモリーグラス。堀江淳は飲みほせない!
カタリベ / 上村 彰子
26
1
9
8
7
ビリーとレイの共演♪ ピアノマンの人生を綴った「ベイビー・グランド」
カタリベ / 宮井 章裕
42
2
0
0
5
日本が誇るポップマエストロ・杉真理の多彩なキャリアは過小評価されすぎ!
カタリベ / 前田 祥丈