4月25日

BABY BLUE レコ発ライブ!伊藤銀次と糸居五郎で「ダブル G. I. ショー」

34
0
 
 この日何の日? 
伊藤銀次のアルバム「BABY BLUE」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
早見優「急いで!初恋」キラキラ眩しくキャッチーな、弾ける極上ポップソング

宝石のような「涙のステップ」須藤薫は切ないスクール・ラブソングの名手

ジャイアント馬場、スポーツ界の代表だからこそ国民的テーマ曲!

伊藤銀次の80s:キーワードは「リメイク」 それは単なるリバイバルじゃない!

伊藤銀次「BABY BLUE」ドリーミーで優しかった ADULT-KIDS ONLY

伊藤銀次の80s:ソングライター開眼!プロデューサー木崎賢治との出会い

もっとみる≫






photo:SonyMusic  
photo:ニッポン放送  

多くの人たちの尽力のおかげで、ついに完成した、銀次5年ぶりのソロ・アルバムの『BABY BLUE』は、1982年4月25日にリリースされ、予想以上のセールスと評判を得て、銀次のソロ・アーティストとしての活動が再スタートすることになった。そこで所属レコード会社のポリスター・レコードから、この『BABY BLUE』レコ発のライヴをぜひという要請が!!

それまでライヴはやってはいたものの、松原みきさんや佐野元春君のバックバンドのギタリストとしてのライヴばかり。自分の曲を自分で歌うライヴは、本当にひさしぶりのことだったので、この時は少しビビってしまった銀次だったが、僕のありったけのポップミュージックをこれでもかと、惜しみなく注入して作った『BABY BLUE』が評価されたことが何よりもうれしくて、この申し出を喜んで引き受けることにした。

会場は、今はもうなくなってしまった新宿ルイード。そして僕のライブを手伝ってくれたのは、その当時所属していた佐野元春 with ザ・ハートランドのメンバー。

などなど、ライヴに向けての打ち合わせをしていると、スタッフからせっかくだから何かあっと驚くおもしろい趣向はないかとの打診が。

そこでひらめいたのは、普通にライヴを始めないで、オーディエンスの想像もつかないオープニングにすることだった。今思い出すと、よくあんなアイデアが出てきたものだと自分でもあきれてしまうそのアイデアとは?

―― それは『オールナイト・ニッポン』でおなじみだった憧れの DJ、糸居五郎さんに出演していただいて、ライヴのオープニングで DJ をやっていただきながら、僕を紹介していただけないかという、とんでもないアイデアだったのだ。

『BABY BLUE』のリリース当時、盟友の佐野元春とともに僕はバディ・ホリーやチャック・ベリー、エディ・コクランなどのロック・ジャイアントたちに心酔していた。僕がティーンエイジャーの頃、そういったアーティストや B.B.キングなどのブルース・ミュージックの音源を『オールナイト・ニッポン』でかけてくれ、僕たちにロック・ミュージックの素晴らしさを啓蒙してくださっていた糸居さんにぜひ出ていただきたかった。

その時点では99%くらいダメだろうなあと思っていたら、なんと糸居さんからうれしい「いいとも!」のお返事が!!

しかも緊張して臨んだ憧れの糸居さんとの打ち合わせで、糸居さんから、

「Ginji Ito も、Goro Itoi も、頭文字は G. I.。この二人のショーだから『ダブル G. I. ショー』というタイトルはどう?」

というごきげんな提案が!! 憧れの糸居さんから逆にこんなステキなアイデアをいただきもう大感激の銀次でした。

さて、いよいよそのライヴ当日。満員のお客さんでびっしり埋まったルイードの客電が落ちると、いきなりあのドンチカドンのドラム・サウンドで始まり、♪ パパッパ... のトランペットのフレーズにつながっていく『オールナイト・ニッポン』のテーマ「Bitter Sweet Samba」が会場に流れるや、なんとステージ右端に作られた DJ ブースに、誰も予想してなかった糸居五郎さんが!!

そしてテーマに乗せていつもの軽やかでおしゃれなあの名調子が…。

「夜更けの音楽ファンこんばんは。夜明けの音楽ファンごきげんいかがですか? 糸居五郎です。今日は Ginji Ito と Goro Itoi の『ダブル G. I. ショー』。Go, Go Go & Goes On !!」 そしてそのままチャック・ベリーやジーン・ヴィンセントやバディー・ホリーなどをかけて小気味よく手短かにロック・ヒストリーを語ってくださった後、ここで糸居さんから僕の呼び込みがあり、1曲目「Just A Little Love」のドンドコドンドコという古田たかしのドラミングからいよいよ銀次のポップンロールショーの始まりとなったのでした。

最初は何が起こったのかと戸惑っていたお客さんも破顔一笑。大受けに受けて、予想以上に盛り上がった滑り出しとなった。世代は違えどポップスを愛してやまないダブル G. I. の奇跡のような出会い。

このライヴの2年後に、なんと糸居さんは亡くなられたことを思えば、もしあの時ダメもとで共演を申し出なければ、憧れの糸居さんとの共演は実現しなかった。今振り返っても夢のような一期一会の『ダブル G. I. ショー』。亡くなられたのはとてもショックで残念なことだったけれど、あの日僕は糸居さんから、確実に何かスピリットと言えるものを受け取った気がするのでした。

2019.07.29
34
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1950年生まれ
伊藤銀次
コラムリスト≫
15
1
9
8
2
80年代にロックンロールの雰囲気を再現してくれたストレイ・キャッツ!
カタリベ / DR.ENO
25
1
9
8
1
ピンチヒッター伊藤銀次♪ロックでポップな「雨の日は家にいて」完成秘話
カタリベ / 福岡 智彦
64
1
9
8
1
東松山女子高の奇蹟、佐野元春 with ザ・ハートランドの快進撃が始まった!
カタリベ / 伊藤 銀次
33
1
9
8
0
音楽が聴こえてきた街:北九州発の無骨なロックンロール、花田裕之が続ける旅路
カタリベ / 本田 隆
37
1
9
8
3
終わりははじまり、佐野元春のロックンロール・ナイト・ツアー最終公演
カタリベ / 本田 隆
48
1
9
8
3
僕の前にいきなり現れたロック・シンガー、佐野元春で忙しかった夏
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー