11月
80年代タイヤメーカーCMの充実 〜 洋楽もどきのブリヂストン
27
0
 
 この日何の日? 
ノーマン・ドジャーのシングル「ブルーに泣いてる」がリリースされた月
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
薬師丸ひろ子は特別な「Woman」永遠のアイドルは美しき母性の人だった

80年代のサマーソングを探してみたら、ドン・ヘンリーに行き着いた!?

ロックとパンクの壮大なパロディ、キッチュが売りのフランキーとジグジグ

9月に聴きたいスタンダード、イアン・マッカロクのセプテンバー・ソング

恐ろしいほどの輝き、松田聖子の「ハートのイアリング」

UKインディシーンに舞い降りた天使の歌声~コクトー・ツインズ

もっとみる≫

photo:NAVERまとめ  

80年代の洋楽ブームの立役者「ベストヒットUSA」が、タイヤメーカー ブリヂストンの1社提供であったことは以前にも書いたが、番組内で使われるCMの楽曲にも当然ながら洋楽ファンを強く意識した選曲がなされていた。

特にラグジュアリーカー専用タイヤ「レグノ」のCMにはスローバラードの名曲が使われていた。フィル・コリンズ「ワンモアナイト」、アラン・パーソンズ・プロジェクト「タイム」、ピーボ・ブライソン&ロバータ・フラック「愛のセレブレーション」など、いずれも「ディープだ…。」という印象的なナレーションとともに記憶にとどめている方は多いのではないだろうか。

今思えば何がディープなんだかよくわからないが、とにかくバラードを聴くと何かと「ディープだ…。」とつぶやく遊びが我々の間では密かに流行ったりした。

ところで洋楽を多用したブリヂストンのCMの中にあって、さも洋楽の様な顔をした日本人アーティストの楽曲がちょこっと混じっていたのに気付かれた方はいるだろうか。まず前回触れたVOWWOWも挙げられるが、あれはまあ英国で発売された全編英語詞の逆輸入盤だから洋楽といってもいいだろう。それ以外では私が思いつく限りで2曲。

一つは久保田利伸「流星のサドル」、もう一つは安全地帯「ブルーに泣いている」だ。前者は楽曲の英語詞部分「♪ shine on my, shine on my wondrous road〜」を使って、洋楽っぽく聴こえるようにしている。久保田利伸は当時はまだ無名の新人だから、分かるはずもない。タイヤは「INTERCITY」という、商用車専用タイヤ、いわゆる働くタイヤだ。求められるのはキビキビとした運動性能と耐久性である。全国の高速道路をカッ飛んで行くカローラバンの装着率が高いタイヤと言えば想像がつくだろう。

久保田といえはブラック、ブラックといえば久保田というぐらい、日本一 “黒い” アーティストとして知られる彼だが、当時はこの楽曲を聴く限りシティポップの新鋭という印象だ。シングルカットはされてないそうだが、デビューシングルの「失意のダウンタウン」よりも印象に残る初期の代表曲と言えるだろう。

一方の安全地帯、というかここはコンポーザーとしての玉置浩二の存在感だ。これは久保田氏もそうだが、両者とも新人時代から他人に楽曲を提供するクリエイターとして既に評価されており、CMに使われている楽曲は外国人シンガー、ノーマン・ドジャーが歌うものであったから、これに気付く人は安全地帯のファンぐらいではないだろうか。

こちらのタイヤは「330 EAGER」通称「コーナーのイーガー」。スポーツテイストのタイヤで当時増え始めていた低扁平率でコーナーリング時に路面をグリップして踏ん張れるタイプの製品だ。CMの舞台はアメリカ、いかにもアリゾナ砂漠の真ん中にあるサーキットという感じで、週末草レースに昂じる人々を描いている。飛ばし屋が街に溢れては困ってしまうが、スポーツドライビングを日常的に感じようという表現の落とし所を模索している作り手の配慮がうかがえて、ドラマチックな曲調にマッチしたCMに仕上がっている。

そしてこの両名の共通点と言えば、どちらもキティレーベルのアーティストということだ。かのビーインググループが席巻する前、最も勢いがあったアーティスト集団はこんな所で売込み巧者ぶりを発揮していたに違いない。

タイヤなんてこだわりのない人にとっては、所詮黒いゴムの塊でしかない。だからこそ他社との違いを明確にするブランディングが重要視されるのだ。その点においてライバル会社も負けてはいない。まだまだこの辺りは書くべきことがありそうである。

2017.02.09
27
  YouTube / 懐かしアーケードゲーム


  YouTube / funazushiracing


  YouTube / shinmatsu2011
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
goo_chan
コラムリスト≫
66
1
9
8
1
やりたい邦題決定版!ベストヒットUSAの「サーフサイド・フリーウェイ」
カタリベ / @0onos
38
1
9
8
2
80年代タイヤメーカーCMの充実 〜 和製AOR路線のヨコハマタイヤ
カタリベ / goo_chan
167
1
9
8
6
無名の若者を見いだした松岡直也の眼力、久保田利伸とのただならぬ関係
カタリベ / 田中 泰延
64
1
9
8
3
80年代という時代の響き、9th(ナインス)の魔術師 玉置浩二 ①
カタリベ / スージー鈴木
30
1
9
8
8
久保田利伸 全面フィーチャリング「噂の達人」はマニア番組の先駆け!
カタリベ / @0onos
28
1
9
8
5
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 ユーミン初の資生堂タイアップ
カタリベ / @0onos
Re:minder - リマインダー