5月16日
土曜の夜を彩った「俺たちひょうきん族」DOWN TOWNへ繰り出そう〜♬
39
0
 
 この日何の日? 
フジテレビ系バラエティ「俺たちひょうきん族」の放送が開始された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
必殺シリーズの音楽は平尾昌晃と竜崎孝路、そしてトランペッター数原晋

伝説のゲリラライブを体験、原宿にサザンが響いた日

ボブ・マーリーが遺した「救済の歌」いま、もう一度、彼の歌を聴こう

来生たかお「グッバイデイ」新しい日を新たな気持ちで迎えるありがたさ

京都出身、尾崎亜美の名曲「蒼夜曲(セレナーデ)」を聴いておくんなはれ

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.12

もっとみる≫

photo:HIP TANK RECORDS  

相変わらず土曜の夜のテレビの話である。フジテレビ系で放送していたのは「欽ちゃんのドンとやってみよう!」(1975〜80)、そしてその欽ドンを引き離して駆逐したのはTBS系「8時だョ!全員集合」(1969〜85)だった。

欽ドン終了後、若手漫才ブームにあやかってスタートした「俺たちひょうきん族」はその遺志を継ぎ仇をとるために送り込まれた刺客のように見えた。初回放送は1981年5月16日。プロデューサーは横澤彪。まだEPOはジングル参加程度。この時のエンディングテーマは「星に願いを」だった。

この初回放送を中坊の私が見たかどうか、実は記憶が不確かなんだけど、とにかく晩餐会のオープニングコント〜ビートたけしの「俺たちひょうきん族!」宣言〜ウィリアム・テル序曲に乗せた伊武雅刀のナレーションまで、今見るとちょっとしびれる。それほど志の高さや時代のうねりを感じる。また構成内容も、最初からひょうきんニュースだのひょうきんベストテンだの、最後のたけしの「さあ9時だ!帰ろう」まで、みっちりやっぱりおもしろいんだこれが!

笑いは垢抜けず、演技も稚拙で下手だけど、作り手全員の熱量が伝わる。伝説の裏番組を追い越し、俺たちの手で新しい笑いを創ろうというパワーに圧倒される。CM3秒前に至るまで手抜きなし。褒めすぎか。

第2回放送からは、エンディングテーマにEPOの「DOWN TOWN」が起用される。“あなたの「DOWN TOWN」はどこから? 私はひょうきん族から” という方は多いと思うのだけど、私ももちろん同じで、本番組で初めて聴いた。シュガー・ベイブは後追いだ。EPOは1980年3月にこのカヴァーシングルと同名アルバムでデビュー。ひょうきん族のスタッフが本曲指定で使用をオファーしたという話もあり、スタッフの英断に拍手を送りたい気持ちでいっぱいである。

土曜の夜の高揚感や多幸感を湿り気のないボーカルでリズミカルに綴る名曲。番組が盛り上がり人気が高まるにつれ、却って曲が引き立ち、祭りの後のやるせなさが胸に迫って後を引いた。時代を切り、時代と寝たともいわれた「俺たちひょうきん族」が、普遍を描くシティポップスでエンディングを飾る。なんてやっぱり洒落とメリハリが効いてると思う。

そういえば、2002年11月にオリジナルサントラ盤が発売されるという話があった。が、直前に突然発売中止となり、原因は謎のまま。幾つかのCD販売サイトにはまだ痕跡が残っている。収録曲まで決定していたらしいが権利問題のせいなのかしら。大瀧詠一作「うなずきマーチ」や桑田佳祐作「アミダばばあの歌」、坂本龍一&忌野清志郎のパロディー「いけないお化粧マジック」なんか絶対に収録されただろうと思うと残念すぎて泣ける。

あれから35年。私もいい年になった。“じずりびと” や “いーてふ” を見てはギャグを報告し合い、クラスで真似して笑い転げていたチオリちゃんは元気だろうか。ひょうきん族に教わったことはたくさんある。パロディー、皮肉、センス、ふてぶてしさ、王道とサブカルチャーの合間の妙味。ずっと心の奥に。嗚呼ひょうきんフォーエバー!

2016.11.12
39
  YouTube / bevis29582's channel


  YouTube / DMSBC492
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
親王塚 リカ
コラムリスト≫
74
1
9
8
0
山下達郎がもたらした響き、80年代を彩るメジャーセブンス(その1)
カタリベ / スージー鈴木
46
1
9
8
2
波の数だけ抱きしめて、1982年夏のマストアルバムは大滝詠一と山下達郎
カタリベ / 中川 肇
14
1
9
8
0
警視-K、勝新太郎はシュガーベイブの夢を見る
カタリベ / @0onos
72
1
9
8
0
恐るべし松任谷由実、クリスマスを恋愛イベントに変えてしまったこの曲!
カタリベ / 藤澤 一雅
54
1
9
8
0
山下達郎がもたらした響き、80年代を彩るメジャーセブンス(その2)
カタリベ / スージー鈴木
54
1
9
8
1
究極のラブソング、松任谷由実の「A HAPPY NEW YEAR」
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー