2016年 7月15日

今さら聞けない!Netflix の人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」サントラの世界 ①

29
0
 
 この日何の日? 
海外ドラマ「ストレンジャー・シングス」シーズン1がNetflixで配信開始された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2016年のコラム 
30年越しのリック・アストリー ~ 奇跡の全英No.1復活篇

心臓バクバク、カルチャー・クラブ来日公演! 32年ぶりのカマカマ大合唱 ♬

80's フリーク必見「シング・ストリート 未来へのうた」に胸アツ!

全集に全部入っているわけじゃない、YBO² 限定ボックス発売の賛否両論

松田聖子の82ndシングルは80年代の名曲群を凌ぐ神曲になると予言する

80年代はビートルズファンにとって失われた10年だった

もっとみる≫




全世界で社会現象「ストレンジャー・シングス」で再認識する80年代洋楽


Netflixの大人気ドラマシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。2016年シーズン1の開始以来、2022年夏までにシーズン4が配信され全世界で社会現象ともいえるムーブメントを巻き起こしている。80年代のアメリカが舞台のため、劇中では効果的に当時の楽曲が使用されており、このドラマがきっかけでリヴァイバルヒットも数多く生まれている。シーズン4で使用されたケイト・ブッシュの「神秘の丘」(1985年)の37年目の全英チャート1位獲得劇は今夏のミュージックシーンで最大のニュースのひとつになった。

シーズンが増すごとに “音楽” が持つ意味がストーリーのなかで重要な位置づけになっていくことも興味深い。2024年再開予定のエピソード5での音楽の使われ方に注目が集まる。台詞を超え圧倒的な存在感は放った楽曲からノスタルジックと新たな発見があったBGMまで、シーズン1から順を追って「今さら聞けない『ストレンジャー・シングス』劇中で際立った80年代洋楽<極私的>10選」をお届けする(配信順 / 順不同)。

#1.ステイ・オア・ゴー / ザ・クラッシュ(1982年)


シーズン1|エピソード2「メープル通りの変わり者」
シーズン1の主題歌的な重要曲。兄ジョナサンが弟ウィルにダビング・プレゼントしたクラッシュのカセットテープ。「俺は留まるべきなのか、それとも行くべきなのか」の歌詞に呼応するように、ウィルを裏側の世界から現世界に繋ぎとめる重要な役割を果たした。

クラッシュの5thアルバム『コンバット・ロック』からのシングルで1982年に全英17位を記録(1991年にはリーヴァイスCMに使用され全英1位)。クラッシュは「ディス・イズ・レディオ・クラッシュ」がシーズン2のエピソード4でも使われている。全シーズンを通して気になるのがジョナサンの部屋に貼られた当時カレッジロックの雄R.E.M.のポスター。筆者が知る限りではマイケル・スタイプの歌声はまだ聞こえてこないがシーズン5ではひょっとすると……。

#2.夜明けのランナウェイ / ボン・ジョヴィ(1984)


シーズン2|エピソード7「姉妹の契り」
第7話の冒頭でエルが同じ超能力持つ少女カリを探しにシカゴに向かいバスから降りるシーンで印象的に使われたBGM。エルを演じる女優ミリー・ボビー・ブラウンの2022年現在の恋人がジョン・ボン・ジョヴィの息子ジェイク・ボンジョヴィという因縁めいたストーリーも話題に。

ちなみにシーズン2では他にも80年代HR/HMナンバーが多くBGMに使われ、「シャウト・アット・ザ・デヴィル」モトリー・クルー(1983年)、「ロック・ユー・ライク・ア・ハリケーン」スコーピオンズ(1984年)、「ラウンド・アンド・ラウンド」ラット(1984年)などが各シーンを賑やかした。

#3.見つめていたい / ポリス(1983年)


シーズン2|エピソード9(最終話)「ゲート」
クリスマスのダンス・パーティーSnow Ballでシンディ・ローパーの「タイム・アフター・タイム」からバトンを受けるように、エルが会場に到着してマイクと踊り出す時に流れ出すスティングのベース。マイク&エル、ルーカス&マックス、ダスティン&ナンシーが踊るシーンを包み込んだちょっと感動的なシーン。

これだけなら最適なチークタイムBGMで終わるのだが、「見つめていたい」はシーズン4の最終話でマックスが裏側の世界で最恐ヴェクナと自ら対峙するときに最も幸せだった瞬間を想い出すシーンで再び流れる。ここでは収録アルバム『シンクロニシティ』の三本線カラーのアナログLPレーベルがターンテーブルを回るのだが……。

#4.ネヴァー・サレンダー / コリー・ハート(1985年)


シーズン3|エピソード1「スージー、応答せよ」
シーズン2から1年後の1985年が舞台。マイクとエルがキスするシーンで流れ、「♪ And nobody wants to know you now(誰も君に関心がなくても)」とマイクが歌い出す。

「ネヴァー・サレンダー」は1985年夏に母国カナダで4週連続1位を獲得した年間No.1シングルで、全米でも最高3位を記録したコリー・ハートの代名詞。ちなみにコリー・ハートはデビューヒット「サングラス・アット・ザ・ナイト」(1984年夏全米7位)がシーズン1のエピソード6でも挿入されている――『ストレンジャー・シングス』音楽スタッフのなかにコリーのファンがいるとみた、ニヤリ。あの甘くハスキーな歌声を今でも、好きにならずにいられない?

#5.マイ・ボローニャ / アル・ヤンコビック(1983年)


シーズン3|エピソード2「モール・ラッツ」
ジョナサン&ウィル兄弟の母親で物語の主人公のひとりジョイス(ウィノ・ライダー)。身の周りの超常現象を独学で調べる彼女が意を決し息子が通う中学の科学教師スコットの家を訪ねる時にかかるBGM。パロディカヴァーの代名詞アル・ヤンコビックの初期作で元ネタはザ・ナックの「マイ・シャローナ」。

…ということで思い浮かぶのはウィノナ・ライダーの代表作『リアリティ・バイツ』(1994年)でコンビニに流れる「マイ・シャローナ」に合わせて踊り出す有名シーン。男友達の相手役はイーサン・ホーク。彼の娘のマヤ・ホークがシーズン3からメインキャストの仲間入りという流れからも制作陣からのパロディ的なウィノナへのリスペクト選曲が伺える。

次点:ロック・イン・ザ・U.S.A. / ジョン・クーガー・メレンキャンプ(1985年)


シーズン3|エピソード7「傷跡」
遊園地のシーンで流れるBGM。『ストレンジャー・シングス』の舞台は中西部インディアナ州の架空の町ホーキンスだが、同州が生んだ最大のロックスターこそジョン・メレンキャンプ(現名)。スモールタウンの遊園地で誇らしげに流れる「ロック・イン・ザ・U.S.A.」は1986年4月に全米最高2位を記録した。

エピソード7は珍しく本曲ぐらいしか音楽が使われていないが、エピソード邦題は「傷跡」。ジョンのヒット曲「Hurts So Good」の邦題は「青春の傷あと」。そんなことでニヤリとしているのは日本人の筆者ぐらいか。


―― 以上、次点を含む6曲を紹介させていただいたが、もちろんこれだけでは終わらない。ここで挙げた楽曲はどれもリマインダー世代にとってストライクゾーンで観ているだけでもワクワクするはずだ。続きはぜひ後編をご覧になってほしい。

▶ ストレンジャー・シングスに関連するコラム一覧はこちら!



2022.08.13
29
  Spotify
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
安川達也
コラムリスト≫
43
1
9
8
6
ストレンジャー・シングス効果!メタリカ「メタル・マスター」再びブレイク!
カタリベ / 中塚 一晶
26
1
9
8
0
ウィノナ・ライダーもお気に入り、ケイト・ブッシュ「魔物語」のアート性
カタリベ / ふくおか とも彦
35
1
9
8
5
世界的メガヒット!ケイト・ブッシュ「神秘の丘」は単純な80'sリバイバルじゃないぞ!
カタリベ / KARL南澤
23
2
0
2
2
まだ間に合う!Netflix の人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」サントラの世界 ②
カタリベ / 安川 達也