2023年 9月6日

山下達郎の絶品ライブアルバム「IT’S A POPPIN’ TIME」YMO結成直後の坂本龍一も参加!

65
0
 
 この日何の日? 
山下達郎のアルバム「IT'S A POPPIN' TIME【RCA/AIR YEARS 2023アナログ盤】」リイシュー日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2023年のコラム 
9月1日は【キャンディーズのデビュー記念日】驚くべきことになんとあれから半世紀!

シンガー伊藤蘭の現役感【最新ライブレポ】キャンディーズナンバーとのマリアージュ

ジュンスカ・岸谷香・筋肉少女帯が共演【バンドやろうぜ ROCK FESTIVAL】ライブレポ

The Good-Bye 40周年【野村義男インタビュー】① 全曲新録のベストアルバム発表!

The Good-Bye 40周年【野村義男インタビュー】② 僕の2本柱はCharさんとツェッペリン!

ハワード・ジョーンズ【ビルボードライブ公演レポート】音の魔術師がみせた感無量の一夜

もっとみる≫




井上陽水が長嶋茂雄なら、山下達郎は王貞治である


「本当に歌が上手い日本のアーティスト」を挙げろと言われたら、私は真っ先に井上陽水と山下達郎の名を挙げる。陽水のボーカルは天性のものだが、山下のは “叩き上げ” の凄まじさを感じる。一度でも山下のライヴに足を運んだことのある人なら、最初に生ボーカルを聴いたとき「うわ!」と思ったはずだ。発声法からリズム・音程の正確さだったり、抑揚や強弱の付け方など、古今東西のあらゆるボーカルを研究し、研鑽を重ねて最高峰に到達した声だ。陽水が長嶋茂雄なら、山下は王貞治である。

おそらく山下本人も、自分の生声が大好きなんだと思う。でなければ、アカペラによる洋楽カバー集『ON THE STREET CORNER』をシリーズでこさえたり、一人アカペラの曲を量産したりしないだろう。この絶品ボーカルの凄味を味わうなら、カバー曲を聴くことをおススメする。山下が歌うカバーは、どれも彼なりの “独自の解釈” が入る。みんなが気付いていないその曲の隠れた魅力を、超絶ボーカルを通して教えてくれるのだ。オリジナルと聴き比べると、楽しさ倍増である。

若き日の浜省が作った曲をカバー


1994年、山下が中野サンプラザで行った『sings SUGAR BABE』のライヴを観に行ったときのこと。胸に刺さった一曲が、かつて浜田省吾が在籍していたバンド「愛奴(あいど)」のカバー「二人の夏」だった。若き日の浜省が作詞・作曲したこの曲を歌う前に、山下はこう言った。

「浜田くんのライブを観ていると、この人は何をやりたいのかが手に取るように分かる。自分と彼は、空気が同じなんです」

実は、山下と浜田は学年が同じで “タメ” なのだ。澄みきったボーカルで、朗々とこの隠れた名曲を歌い上げた山下。まるでオリジナル曲のように聴こえて、思わず心が震えた。歌い方は達郎風でも、浜省がこの曲に込めた思いをしっかり汲み取って、大事なところは壊していない。原曲へのリスペクトと愛情がそこにはある。

絶品カバーが聴けるライヴアルバム「IT'S A POPPIN' TIME」


そんな山下の、若き日の “絶品カバー” が3曲も聴けるのが、通算3作目の2枚組ライヴアルバム『IT'S A POPPIN' TIME』(1978年)だ。リリース時、山下は25歳。ソロデビューして1年半が経過していた。まだソロ第1弾シングル「LET'S DANCE BABY」(1979年)が出る前で、リリースはアルバムを2枚だけ(『CIRCUS TOWN』と『SPACY』)という状態。今でこそ「アルバムアーティスト」なんて言葉があるけれど、当時はシングルが売れてナンボの時代。シングルヒットはおろか、そもそも1枚も出していない山下は、業界内でさぞ肩身が狭かったに違いない。

また前2作のアルバムでは、自分が納得のいく音が出せるミュージシャンしか起用せず(そういう腕利きはギャラが高い)、レコーディング費用がかさんだ割にセールスが伸びなかったことで、3枚目のアルバムは「もっと低予算で」となった。しかしそれではいいミュージシャンは使えない。そこでRCAの達郎担当ディレクター・小杉理宇造が提案したのが「ライヴアルバムを出す」ことだった。山下は当時から、そのままレコードにできそうなクオリティでライヴを行っていたからだ。

25歳の山下のもとに集まった超一流のミュージシャン


かくして、六本木ピット・インに観客を入れて録音されたのが『IT'S A POPPIN' TIME』である(一部スタジオ収録曲あり)。バックを務めたメンバーは以下。

ドラムス:村上 “PONTA” 秀一
ギター:松木恒秀
ベース:岡沢章
キーボード:坂本龍一
サックス:土岐英史
コーラス:伊集加代子・吉田美奈子・尾形道子

それぞれのキャリアについて、解説は不要だろう。これだけの超一流どころが25歳の山下のもとに集まったのは、全員が彼の音楽と力量を認めていたからであり、「達郎とセッションしてみたい」という思いがあったからだ。ライヴハウスなら、よりお互いの呼吸が合った演奏ができる。山下によると、普通のライヴなら8万円(当時)ほど払わないと腕利きのミュージシャンは呼べなかったが、ライヴハウスだと2万円で来てくれたという。動員はできていたので、山下は自分だけノーギャラで全員に2万円ずつ払い、それでなんとかペイしていたそうだ。

ブレッド&バターの「ピンク・シャドウ」が選曲されていることに注目


そういうミニマムなライヴを収録してアルバムにしよう、というアイデアは窮余の一策だったが、嬉しい副産物もあった。「客前で演るなら、カバーも入れよう」ということになり、このアルバムには全14曲中3曲のカバー曲が収録されているのだ。

ブレッド&バターの「ピンク・シャドウ」が選曲されていることに注目。1974年の時点で、こんなに洗練されたラヴソングを発表していたブレバタ。山下はこの曲がお気に入りだが、本アルバムでの演奏はオリジナルよりけっこうテンポが速い。そのほうがこの曲は「エモくなる」という判断だろう。「愛してるよ」がまるで西城秀樹のように情熱的に響く。山下の声がとにかく若く、そこに絡む女声コーラスとの掛け合いは聴きモノだ。



その次に収録されている「時よ」は、吉田美奈子の作品だ。1978年10月に彼女のアルバム曲として発表されるが、この時点ではまだレコーディング前で、山下のカバーが先に世に出ることになった。もとは女性が主人公の曲なので、山下は「私」を「僕」に変えて歌っている。最後の別れの前に、恋人を「苦しいほどに」ぎゅっと抱きしめる男。山下の歌声が実に切ない。これも女性側から歌った吉田美奈子ver.とぜひ聴き比べてほしい。



もう1曲は洋楽カバーで、エディ・ホールマンの1969年のヒット曲「Hey There Lonely Girl」(オリジナルは、ルビー&ロマンティックス「Hey There Lonely Boy」)。こちらはファルセット全開で、もう第一声の時点で観客から拍手が起こっているほど。いったいどっから声出してるの? 山下本人のライナーノーツによると、当時はファルセットで歌う男性シンガーがほぼ皆無だったので「こんなんできまっせ」と差別化の意味で歌ってみたという。ここでの “裏声チャレンジ” は後年、そういった楽曲を歌う上で重要な第一歩となった。ギターもサックスもエレピも、いちいち泣けるんだよなぁ……。本家超えてます。



YMO結成直後、ヤング坂本龍一の貴重な演奏


そんなこんな、若き山下のほとばしる才気と、それを支えるバックのみごとなパフォーマンスが堪能できる『IT'S A POPPIN' TIME』、もう一つ重要な聴きどころがある。YMO結成直後、ローズピアノを奏でるヤング坂本龍一の貴重な演奏が聴けることだ。このとき教授は26歳。山下より1つ年上だが、ほぼ “タメ” の感覚でウマが合い、いつも一緒にいたという。

今年(2023年)5月にNKK-FMで放送された『今日は一日 “山下達郎” 三昧 レコード特集2023』で、ゲスト出演した山下が『IT'S A POPPIN' TIME』時代のバンドメンバーについて、いくつか興味深い話を披露している。坂本については「高校のクラスで、隣に座っているような感覚」(わかる!)。先述の浜省と同様の “タメ感覚” が二人の間にはあったのだ。

クラシックから音楽の道に入った坂本と、ポップスから入った山下。入口は別々でも、音楽に対する求道者としての姿勢には共通するものがあり、坂本はクラシックに関する知識、山下はロックに関する知識を語り、互いに補完し合っていたという。

「達郎さん自身が考える、坂本龍一さんのピアニスト・キーボーディストとしての魅力は?」というアナウンサーの質問に、山下の答えは「彼はクラシックでも、フランス近代なんですよ。ラヴェル、ドビュッシーとか。僕もその辺は好きなので、本当にいろんなことを教わりました」

70年代末、ラヴェルやドビュッシーについて語り合う25歳の山下達郎と、26歳の坂本龍一。山下の楽曲にどこか普遍性を感じるのは、坂本から得たクラシックの知識が関係しているように思うし、また山下が伝授したロックの知識が、YMOのメンバーとして活動していく上で大いに役立ったことは間違いない。

音の重厚さ、質感が違うアナログメディアで聴いてほしい超絶セッション


そしてもう一つ、これはけっこう重要な話だが、このアルバムに集ったメンバーのおかげで、山下はある “クセ” を矯正できたという。

「僕ね、シュガー・ベイブ時代は、すごくタイムが走るというか、突っ込むっていうか、ラッシュする人間だったんです。でも『IT'S A POPPIN' TIME』のときは、特にこのメンバーで演ったおかげで、それがすごく矯正された。キメの正確な4人(村上・松木・岡沢・坂本)に囲まれて演ってると、自然と直ってくる。それはやっぱり、上手い人とじゃないと絶対ダメです」

自分が納得のいく音を出せる超一流ミュージシャンを揃えた結果、先走りグセが直り、ミュージシャンとして一段上に行けたというこの事実。非常に含蓄深い話だ。ふだん愛聴している方も、ぜひその点に留意しつつ、あらためて本アルバムを聴き直してもらいたい。達人たちの凄味を感じた次第。そもそもこのセッション自体、「天下一武道会」みたいなもんだよなぁ。



なお、9月6日に「TATSURO YAMASHITA RCA/AIR YEARS Vinyl Collection」の一環として、最新リマスター&ヴァイナル・カッティングを施した180グラム重量盤アナログ2枚組と、カセットテープが同時発売される。超絶セッションの本作はぜひ、音の重厚さ、質感が違うアナログメディアで聴いてほしい。

▶ 山下達郎のコラム一覧はこちら!



2023.09.04
65
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
チャッピー加藤
コラムリスト≫
47
1
9
8
4
竹内まりや「プラスティック・ラブ」シティポップブームの火付け役
カタリベ / 中川 肇
21
1
9
8
0
バブルとスキーとクリスマス、ゲレンデの松明滑走と恋人がサンタクロース
カタリベ / 時の旅人
56
1
9
8
2
伊藤銀次と山下達郎がキングトーンズに書いた DOWN TOWN、遅すぎた別れ、愛のセレナーデ
カタリベ / 伊藤 銀次
54
2
0
2
2
カメラマン・大川直人に訊く ② ミュージシャンのリアリティと音楽が聞こえてくる写真
カタリベ / 村上 あやの
64
1
9
7
8
山下達郎の跳ねと揺れ「六本木PIT INN」で繰り広げられた伝説のライブ
カタリベ / せトウチミドリ
24
1
9
8
8
ヴォーカリスト鈴木雅之、山下達郎も参加した傑作アルバム「Radio Days」
カタリベ / 本田 隆