1977年 5月25日

むき出しで勝負した山下達郎、僕が「SPACY」のB面に首ったけだったころ

48
3
 
 この日何の日? 
山下達郎のアルバム「SPACY」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1977年のコラム 
いま蘇る幻のベネフィットコンサート、ローリング・ココナツ・レビュー

初めて買ったレコード「ホテル・カリフォルニア」とおよげ!たいやきくん

お化けのロックは欠かせない!毎週観ていた「ムー」の不思議な世界観

ポンタが掲げた孤高なる布石。80年代への未来図は、山下達郎「SPACY」

楽しさと儚さを教えてくれたバンド!きっかけはベイ・シティ・ローラーズ

人食い屋敷「HOUSE ハウス」ゴダイゴのピアノと池上季実子の片乳シーン

もっとみる≫






photo:SonyMusic  

来たる2019年2月4日は、山下達郎66歳の誕生日。

―― ということで、一風変わったイベントをやります。経堂にあるイベントスペース「さばのゆ」で、山下達郎の誕生日を勝手に祝う「ライド・オン生誕祭」。

編集者で「分類王」の石黒謙吾さん、放送作家のチャッピー加藤さんとの共催で、私所蔵の、山下達郎初期の LPレコード(RCA時代)を、チャッピーさん所蔵のポータブルプレイヤーで聴く会です。ご興味ある方は、こちらのリンクで、臆せず「興味あり」「参加予定」ボタンを押してくださいませ。


さて、初期の LP を買い集めるほどに山下達郎を好きになったのは、1987年、大学2年生のころだったと思う。

当時、私は早稲田大学の学生。水曜の午後、時間割の3限のところに、ぽっかりと空白があり、毎週、暇を持て余していたのだが、ある日友人が、早稲田キャンパスの7号館(今よりもずっと小さかった)に、レコードや CD が無料で聴ける「視聴覚室」があると教えてくれ、一緒に通うようになったのだ。

いちばん最初に選んだのが、山下達郎『SPACY』。リストの中で「聴け! 聴け!」と、21歳の少年を手招いている感じがしたからだ。

とはいえ、山下達郎に関するある程度の知識も、すでに持ち合わせていた。「RIDE ON TIME」以降のシングルは聴いていたし、『POCKET MUSIC』はアルバムも持っていたと思う。「シティポップ職人」のようなイメージで捉えていた。

驚きは突然、視聴覚室の中でやって来た。レコードではB面、「アンブレラ」「言えなかった言葉を」「朝の様な夕暮れ」「きぬずれ」というメドレーのような4曲――「これは、僕が知っている達郎とは、ぜんぜん違う!」

デビューアルバムで海外録音だった前作の『CIRCUS TOWN』とは打って変わって、「アレンジもスコア書きも全部自分でやらなければならなかった」(『GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA』の曲目解説より)という家内制手工業的なアルバム。24歳の山下達郎と同い年の吉田美奈子が、小ぢんまりと、膝を突き合わせてこしらえた音――。

頭に浮かんだキーワードは「内省的」「手作り」、そして「地味」。おしゃれで都会的でキラキラしていた「80年代山下達郎」の対極のような音なのである。

でも、171cm、52kg、21歳の少年には、それが良かったのだ。それ以降、毎週水曜日のお昼になると、フラフラと視聴覚室に引き寄せられ、『SPACY』を聴くことになった。『SPACY』は「水曜日の恋人」だった。

もちろん『CIRCUS TOWN』や『MOONGLOW』など、他の初期山下達郎作品も聴いたのだが、やはり『SPACY』が、抜群に良かった。密閉型のヘッドフォンを付けて聴く「アンブレラ」。窓からの日差しが、ゆっくりと色を染めてゆく。

今から考えると、この『SPACY』に収められているのは、虚飾を剥いだ「裸の山下達郎」だったと思う。イメージやマーケティングという武器を借りるのではなく、自らの音楽性をむき出して勝負している感じがする。

だからこそ、「聴け! 聴け!」と、21歳の少年を手招いたのだろう。そして少年は思うのだ――「僕がむき出して勝負できる何かって、何だろう?」

少年が選んだのは、原稿用紙だった。まだ PC もワープロも持っていない少年は、原稿用紙に何かを書き始めた。それから、初の著書が発売されるまでに、なんと27年もかかることを、少年は知らない。


イベントの当日は、奇跡の “『SPACY』B面一気聴き” をしますので、お楽しみに。

2019.01.26
48
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
64
1
9
7
7
ポンタが掲げた孤高なる布石。80年代への未来図は、山下達郎「SPACY」
カタリベ / せトウチミドリ
36
1
9
8
8
独りぼっちの永遠の味方、山下達郎が奏でる「僕の中の少年」
カタリベ / 山口 順平
41
1
9
8
0
山下達郎がもたらした響き、80年代を彩るメジャーセブンス
カタリベ / スージー鈴木
87
1
9
8
8
山下達郎「蒼氓」普遍へと向かう魂の共鳴
カタリベ / せトウチミドリ
59
1
9
8
0
山下達郎がもたらした響き、80年代を彩るメジャーセブンス(その2)
カタリベ / スージー鈴木
87
1
9
8
0
山下達郎がもたらした響き、80年代を彩るメジャーセブンス(その1)
カタリベ / スージー鈴木
Re:minder - リマインダー