3月15日

ミック・ジャガー奇跡の初来日、音楽ファンの枠を超えたビッグニュース!

34
0
 
 この日何の日? 
ミック・ジャガーの初来日ツアー・大阪城ホール初日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
これぞシミュラクル、パラダイス銀河のプロモビデオを見てみよう!

VIVA HATE! ザ・スミス解散半年で憎悪万歳!と叫んだモリッシー

アニメ「燃える!お兄さん」の楽曲はバラエティのBGMと相性バッチリ!?

言葉にならない叫び -トーキング・ヘッズの熱くてファニーなロック的興奮

初めてライブを観てから34年、エレカシの紅白初出場に思いを馳せる

ミック・ジャガー初来日、盛田昭夫との挨拶に垣間見たその教養の高さ

もっとみる≫







ミック・ジャガーはソロ活動をすると、いつもケチをつけられる。それはおそらく、今も昔も変わらない。そして、そういう人達がミックのソロアルバムを聴いて、「やっぱりストーンズじゃないとさぁ」と言うのは、彼らの本音なのだろう。

でも、それってなんだか最初から答えが決まっているようで、僕はあまりフェアじゃないと感じている。以前、僕がそう言うと、「それじゃ、お前はソロの方が好きなんだな」と言ってくる人がいた。なんだか意地悪な質問だなと思った。

そんな人達も、1988年3月のミック・ジャガー初来日公演には、割と足を運んでたりする。

当時、ミックとキース・リチャーズの仲がこれまでにないほど険悪な状態で、ファンの多くがストーンズ解散を覚悟していた。そんな事情もあり、「ストーンズじゃないから行かない」という選択肢は、かなりシビアだったとは思う。もちろん、2年後にストーンズが初来日を果たすなど想像もつかなかった。

それにソロとはいえ、あのときのミックの来日公演は、音楽ファンの枠を超えたビッグニュースだった。「本当に入国できるのか?」といった段階から世間の関心を集めていたし、ライヴの模様は1時間のダイジェストではあったが、ゴールデンタイムにテレビ放映されている。

そして、僕はといえば、ミック・ジャガーを観られることに只々興奮していた。友人が電話予約で取ってくれたアリーナチケットを眺めながら(奇跡だと思った)、2枚のソロアルバムを繰り返し聴いてはライヴに備える。そんな毎日を過ごしていた。「ひょっとしたらストーンズの曲もいくつか聴けるかもしれない」。そんなこともほんのり夢見ていた。

ミックの日本ツアーは大阪からスタートし、東京公演はその1週間後だった。ニュース番組の中で、ミックがソロナンバーの「スローアウェイ」を歌っているのを観て、この曲がオープニングなのだろうと思ったりした。

そうして迎えたライヴ当日。完成したばかりの東京ドームが大歓声に包まれたとき、聞こえてきたのは重たいオープンGのイントロ…。

ホンキー・トンク・ウィメン!

全身が痺れたとは、まさにこのことだった。ステージの袖からミックが手を叩きながら歩いてきた。そして、小走りをしては止まり、手をかざして観客席を眺めてみせると、この偉大な曲を歌い出したのだ。


 メンフィスでジンの匂いを
 ぷんぷんさせた
 酒場の女王に会った
 彼女は俺と寝ようと2階へ誘ったが
 そうするには 俺を肩に乗せて
 運ばないといけなかった
 というのも、俺はお前たちを
 忘れるために
 飲み過ぎてたんだから

 ホンキー・トンクの女達
 ホンキー・トンク・ブルースを
 聴かせてくれよ


本当に最高だった。今も脳裏に焼きついていて、思い出すたびに興奮が蘇ってくる。こんなかっこいいオープニングは、そうそうあるものではない。

そこからはストーンズナンバーのオンパレードだ。2〜3曲聴ければ嬉しいと思っていた僕の予想を大幅に覆し、この日演奏された22曲のうち、ストーンズナンバーは16曲にものぼった。それらの圧倒的な輝き、強靭な生命力に、僕はただひれ伏すしかなかった。

とりわけ大好きな「ビースト・オブ・バーデン」を聴けたのは、切なさを含んだ優しい想い出として心に残っている。

1973年にミックの入国ビザが下りず、ザ・ローリング・ストーンズの来日公演が中止になっている。もしかすると、ミックはまだストーンズのライヴを観たことのない日本のファンのために、このようなセットリストを組んでくれたのかもしれない。

後日、音楽雑誌や新聞にライヴ評が掲載された。僕が読んだ記事はどれも「さすがミック・ジャガー! 大スターにふさわしい貫禄ステージ!」といった内容だったが、同様にどの記事にも「禁断の間に突っ込んでくるドラム」とか「流れるようなギターソロに違和感」といったことが書かれていた。おそらく、それも彼らの本音なのだろう。

言いたいことはわかる。でも、僕は少し淋しかった。もしミックがストーンズの曲を演奏しなければ、こんなことは言われなかったかもしれない。いや、それでも言われたのだろうか。

結局、このときも最初から答えは決まっていたのだろう。彼らはストーンズでなければ不満なのだ。だから言わずにはいられないし、口にすることで自分の自尊心を満たしているのだと思った。

だから、「そんな音楽ファンにはならないぞ」と僕は心に誓った。18歳のときだ。

歳を重ねると、自分の中にも彼らと同じような気持ちがあることに気づく。でも、それは耳が固くなり、心に壁ができている証拠だ。その度に僕はあのときのことを思い出し、自戒する。そうはありたくないと、今でも思っている。

2018.07.26
34
  YouTube / APAMsChannel
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
20
1
9
8
8
みんなが待ってたミック・ジャガー!入国できない最後の大物、来日狂騒の記憶
カタリベ / ソウマ マナブ
75
1
9
8
8
ミック・ジャガー初来日、盛田昭夫との挨拶に垣間見たその教養の高さ
カタリベ / 喜久野 俊和
63
1
9
8
1
スタート・ミー・アップでわかるミック・ジャガーの商才と商魂
カタリベ / 中川 肇
26
1
9
8
5
鬼気迫るパフォーマンス、ミック・ジャガーの凄まじいエネルギー
カタリベ / 宮井 章裕
58
1
9
7
8
世界一過小評価される弟分、ロニー・ウッドがストーンズにもたらしたもの
カタリベ / 山口 順平
21
1
9
8
9
大喧嘩する兄弟、切っても切れないミック・ジャガーとキース・リチャーズ
カタリベ / 宮井 章裕
Re:minder - リマインダー