2022年 10月12日

早見優インタビュー ③ 感動の新曲「Your Last Woman」デビュー40年目の新境地!

43
0
 
 この日何の日? 
早見優のベストアルバム「Affection ~YU HAYAMI 40th Anniversary Collection~」
がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2022年のコラム 
松任谷由実50年の歴史!世代が違っても愛されるユーミン作品のパワー

西城秀樹 最後の新曲がリリース!未発表作「終わらない夜」に感じる永遠

【特別ライブレポート】30周年を迎えた古内東子の東京公演を愛情たっぷりにお届け!

40周年!早見優「Affection 3」変わらないナチュラルさと “今” の集大成

40周年!早見優「Affection 2」クオリティ高いダンスミュージックが満載

早見優インタビュー ② 歌うことをあきらめない!もしかしたら trf に入ってたかも?

もっとみる≫




第2回『早見優インタビュー ② 歌うことをあきらめない!実は trf のボーカルだったかも?』からのつづき

第3回目は、デビュー40周年記念の3枚組のアルバム『Affection ~YU HAYAMI 40th Anniversary Collection~』アルバムのDISC3に収録されている新曲についてお話していただきました。

― 今回発売になる3枚組アルバム『Affection ~YU HAYAMI 40th Anniversary Collection~には新曲が3曲収録されますね。こういう言い方は失礼なのですが、企画ものに収録される新曲ってわりとオマケ的な要素が強いんですが、優さんの今回の新曲は決してお世辞ではなく素晴らしい出来ですね。



優:ありがとうございます! 嬉しくて泣いちゃうかも(笑)。まったく違うテーマの3曲を入れることが出来たのは結構画期的だったと思います。

― DISC3はまさにレアトラック集になっていますね、

優:「JOY~よろこびの国~」は1988年に『みんなのうた』で流れていた曲ですね。あとは今回初のCD収録になるんですけど「A Place in my Heart」は、1987年にNHK BS1の『ワールドニュース』のテーマ曲として流れていた曲です。



― 同じトーラスレコード時代のレーベルメイトだった、テレサ・テンさんのカヴァー「時の流れに身をまかせ」も収録ですね。

優:この曲は私が出演させていただいた、映画『想い出を、ラブソングにのせて』の中で、シンガー役で歌った歌なんです。今回、収録していただきました。

― 「Dear Earth」という曲は、Affection mixで収録されていますね。

優:この曲は生前に本田美奈子さんが書き残していた散文詩を、シンガーソングライターの半﨑美子さんが「地球へ」という曲にして発表したんですが、私がその英語バージョンの「Dear Earth」の訳詞を手がけレコーディングした曲です。半﨑美子さんにはコーラスで参加していただきました。その時レコーディングの担当をしてくださったのがプロデューサーの川原伸司さんと、アレンジャーの山川恵津子さんだったんですね。川原さんから「優ちゃん、新曲歌った方がいいよ」と背中を押してくださったことが、今回に繋がりました。

― どこに “次なるきっかけ” があるかわかりませんね。

優:失礼な話なんですが、最初は川原さんがあんなにすごい方だと思っていなくて。

― 川原さんは「瑠璃色の地球」や「少年時代」を作曲したあの “平井夏美” さんですからね。

優:でも知らなくて良かったです(笑)。最初の打ち合わせの時に、ああいう歌を歌いたいだとか、こういう曲調にしたいとか勝手に話していましたから。

― 今回収録される新曲についてそれぞれ聞かせて下さい。まずは「make lemonade」ですが。二人の娘さんが参加されていますね。お子さんはおいくつになったんですか?

優:上のありさが21歳で、下のかれんが19歳です。

― この曲は結構複雑なメロディーですね。

優:この曲は、コーラスアレンジがめちゃくちゃ恰好いいんですよ。最初どうやって歌うんだろうと思ったんですけど、アレンジの山川さんが、「優さんはここで、お嬢さんたちはここね」っていう感じで、わかりやすくわけてくれました。

― 娘さんは二人とも音楽はお好きなんですか?

優:ありさは歌が好きで、かれんは音楽が好きなんです。かれんはギターやトランペットをやっているので、私がミュージカルで上手く音が取れない時は指導してもらいますし(笑)、ありさとはライブで一緒に歌ったりするんで、わりと自然な感じで一緒に音楽を楽しんでいますね。

― 曲のテーマも3人で決めたんでしょうか?

優:英語の慣用句に「make lemonade」という言葉があるんですね(レモンという酸っぱいもの(ネガティブ)から美味しいレモネード(ポジティブ)を作れという人生訓)。それを娘たちに話したら「いいんじゃない?」って感じで賛成してくれました。

― このタイトルはどこか、これまでの優さんの生きざまを思わせますね。「今が一番好き」は松本伊代さん、森口博子さんとのジョイントですね。

優:伊代ちゃんと博子ちゃんとはよく一緒にコンサートでジョイントしているので、川原さんから「一緒にレコーディングして形に残してみたら?」と提案していただいて、今回の新曲に至りました。



― しかも作詞が野村義男さんなんですね!

優:川原さんがかつてThe Good-Byeのディレクターをされていたご縁ですが、レコーディングスタジオに、マスクをしたままヨッちゃんが現れたた時は一瞬誰だかわからなくて驚きました。でも会った瞬間タイムスリップして、すぐあの頃に戻れました。

― 「今が一番好き」は、同世代に向けたメッセージソングようにも響いてきますね。

優:7月に葛飾で、伊代ちゃんと、博子ちゃんと “キューティーモリモリ” のコンサートを開催した時も、親子でいらっしゃるお客様がたくさん来て下さってとても嬉しかったです。

― そしてDISC3の最後に収録されている「Your Last Woman」は感動の1曲ですが、作詞はアン・ルイスさん、作曲は息子さんの美勇士なんですね。アンさんとはかなり以前から交友があったそうですが。

優:『夜のヒットスタジオ』などの音楽番組ではよくご一緒していたんですが、ある時、雑誌の対談の相手に指名して下さって、最初は「よろしくおねがいします」みたいな感じで、かしこまっていたんですけど、アンが「私たちは英語の繋がりがあるんだから気楽にいこうぜ!」みたいな感じでリラックスさせてくれて、それから仲良くなりました。住んでいるマンションもとても近かったし、よくご飯を食べに行って恋愛の相談に乗ってもらいました。 「PASSION」を歌っている頃、アンから「1年間仕事休んで、私のツアーのコーラスについてきなよ!」と言われたことがあったんですが、もちろんマネージャーには反対されました。今考えると、ついて行けばよかったかな(笑)。

― そんなエピソードがあったんですね。でもアンさんは現在、引退を表明されていますよね?

優:アンとは今でもプライベートで年に1~2度会っている仲ですが、今回最初にお願いした時は「今はそういうクリエイティヴな活動をしていないし無理!」と返信が来たんです。だけど即電話をして「アンの好きなようにやってくれて構わないから」という感じで強くお願いしました。「じゃ身内でやるから」って感じで、作曲に美勇士くんを迎えて(「Your Last Woman」を作っていただきました。デモもアンが歌ってくれたんですけど、今でもとても素敵な声なんですよ。皆さんに聴かせられないのが残念なくらいです(笑)。

― 今回のアルバムのタイトルは “Affection” ですが、優さんのどのような想いが込められていますか?

優:“Affection” は “愛情” という意味ですけど、これまでの40年間にみなさんからいただいた愛情を、みなさんにお返ししたいというつもりでタイトルを付けました。私はもともと遠い未来の目標を作るのが苦手なタイプなので、45周年、50周年があればいいですけど、これが最後だという気持ちで、今の私をすべて注ぎ込んで作りました。そんな風に言うとちょっと重くなっちゃいますね(笑)。

― 40周年とはいえ、独立を発表されたばかりなので、ある意味優さんのスタート地点になりますね。

優:はい。是非応援よろしくお願いします。そしてアルバム『Affection ~YU HAYAMI 40th Anniversary Collection~』を改めてよろしくお願いします。YouTubeやInstagramを通じて日々発信もしていますので、そちらのほうも是非チェックしてくださいね。

― 今日は、お忙しい中ありがとうございました。



(取材・構成 / 長井英治)


■ まとめ
40周年という節目に新たなスタート地点に立った早見優さん。アイドル時代の煌めきをそのままに音楽と真正面から向き合う姿勢が印象的でした。プライベートも充実され、歌手としても、これからもさらなる飛躍が期待されます。

2022年でデビュー40周年! 早見優の魅力

▶ 早見優のコラム一覧はこちら!



2022.10.10
43
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
長井英治
コラムリスト≫
55
2
0
2
2
昭和ジェネレーションパラダイスへようこそ!爆音ディスコで感じる歌謡曲のパワー
カタリベ / DJ BLUE
33
1
9
8
3
早見優「夏色のナンシー」1983年における極上のアイドルポップス夏の陣!
カタリベ / 鈴木 啓之
84
2
0
2
2
早見優インタビュー ③ 40周年企画始動、様々なアーカイブに加えていよいよ新曲も!
カタリベ / 鈴木 啓之
44
1
9
8
2
胸をしめつける「セカンド・ラブ」ひとりの女性としての中森明菜
カタリベ / 稲田 雪路
46
2
0
2
2
早見優「LIVE 1984〜1985」ロックテイストも加わって本領発揮のパフォーマンス! 
カタリベ / 鈴木 啓之
21
1
9
8
2
断トツのサバイブ 小泉今日子、デビュー曲のキモは「パ」の破裂音♡
カタリベ / KARL南澤