8月31日

安全地帯とファッション、玉置浩二のジョッパーズは DCブランド「PASHU」

31
2
 
 この日何の日? 
安全地帯がライブ「ONE NIGHT THEATER」を横浜スタジアムで開催した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
日本を沸かせたハウンド・ドッグ、いまなぜ誰もその名を口にしないのか?

爆発のときを待っていた渡辺美里、すべては「GROWIN' UP」から始まった!

金曜日の妻たちへ ― 気になるのは、金妻夫婦と田園都市の高齢化

台風クラブとバービーボーイズ、ダンスは暗闇で踊らなければいけない

二番手ゆえの苦悩と甘美「恋におちて」不倫も歌謡も百花繚乱

ハンディカム時代到来!弟の人生を変えた レベル42 のミュージックビデオ

もっとみる≫







TV を付けると、玉置浩二が映っていた。彼は、U2のボノが先駆的に導入していた髪型「マレット」を東京テクノ風に仕上げ、肩パットの入った立体的なブルゾンに合わせて、5タックのジョッパーズを穿いていた。

このジョッパーズは、今まで見た事のある伝統的な乗馬ズボンと違い、近未来的で曲線がとにかく象徴的で、太ももの膨らみに渦巻きの様な空洞を作り、そこに空気を含ませていた。

僕は、このジョッパーズに一目惚れしてしまい、どこで売っているのかどうしても知りたかった。その答えは、当時愛読していた講談社のファッション雑誌『Checkmate』1985年12月号に、玉置浩二は公私共に細川伸の『PASHU(パシュ)』を愛用している… という記事にあり、たちまち夢中になった。

僕は、この PASHU を、80年代ロックスター並みに輝いていた東京デザイナー群の中で、ヨウジ・ヤマモトやコム・デ・ギャルソンよりも好きだったと言っても過言ではない!

PASHU の、何がそんなに好きだったのか? それは、デザインは勿論だが、乃木坂に存在していたヘッドオフィス兼プレスルーム兼ショップ… という、完璧なまでに時代を先取った『PASHU LABO』の存在が好きを決定付けた。

ラボを建築したデザイナーは杉本貴志。作り出すのではなく、見出す事を信条とする杉本は、世界でも最先端のデザインを創り出す PASHUブランドのヘッドオフィスに、廃材を用いたデザインを施したのだった。

僕は二度しか行った事がないが、その衝撃は『ガレッヂパラダイス』や『ピンクドラゴン』に匹敵すると言っても過言では無かった。

ちなみに、杉本は、70年代に10坪程のバー『ラジオ』をデザインしていた。このバーは、のちに伝説のバーとして語り継がれて存在し、飯倉のレストラン『キャンティ』、原宿の喫茶店『レオン』と同様に、才能ある人達に愛されていた。三宅一生、倉俣史郎、和田誠、森英恵、錚々たる面々だ。

さて、「衣服をデザインする為には空間にまで拘らなくてはならない」という思考で服を作る細川伸。彼は、アートに強い興味を持っており、ナム・ジュン・パイクの作品を所有したり、ヨーゼフ・ボイスの洋服を PASHU LABO に展示していた。

そんな彼がデザインする服が悪いはずもなく、東京の最も輝いていた時代と永遠がデザインに宿っていた。それは古代ローマが永遠を夢見て衣服や建築を生み出していたのと同じような感覚なのかもと思った。

そして安全地帯。デビュー当時はアメリカンテイストだったという事が信じられない程、80年代前半の彼らは東京クリスタルだった。都会の夜を切なく切り取る彼らはアイドル達が華やかな衣装で登場している中でモノトーンのスーツを着用する。その後、更にスタイリッシュさに磨きをかけ、東京の最新モードをメンバー全員で着こなしていた。

たとえば、85年の横浜スタジアムで開催されたライブ『ONE NIGHT THEATER』では、デフォルメされ、肩パッドが装着されたシルクシャンタンっぽい立体的なブルゾンにボリュームのあるパンツを履いた玉置浩二の姿を、映像で見る事が出来る。それはアーティスト気質に貫かれ、実に近未来的だった。玉置浩二が細川伸の服を選び、愛用したのは必然だったのかも知れない。

今見ても、やはり良いものは良い。僕も、もう一度 PASHU の服を着てみたい。

2019.07.16
31
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
岩田 宣
返信が遅れすみません!あの様なコメントに返信頂けるとは思っても見なかったものですから。
熱狂的なファン(笑。確かにそうです。ですが未だにPASHUに匹敵するデザインセンスのブランドが無いのも又事実。なら作るしかないな、と考え現在に至っています。ちょっとした事故に遭ったりした事も有り、作品作りは思う様に進展していない状況ですが、少しずつでも前進はさせています。私は香川県在住。販売はBtoCになるかな。サンプルがある程度纏まればブックレットを作ったり、試しにBASEに出店でもとは考えています。
5タックジョッパーズも検討していますよ。ただ現物が無いので、似た物を参考にパターン起こしからとり掛からねばなりませんね。
https://drive.google.com/drive/u/0/folders/1juOYmc6BiOtW86SdeG9_5CUErAf-M8Ih
上記URLに、私の方向性を示す当時の写真集画像をUPしています(サイズが大きいのでご注意願います)。カラーの画像は、このブランドを初めて知る事になった物(1983年でこのセンス)ですが、このブルゾン+パンツも何とか再現したいものです。ところで今の世相で、こういったスタイルの物が売れるのかしら?と不安ではありますねぇ。
長々とすみませんでした。各種SNSやって無いもので、ご不便お掛けしますがご了承下さい。
2019/07/29 11:52
1
返信
岩田 宣
たまたま誘導されたURLからお邪魔します。PASHUに魅せられていた同世代?の者です、初めまして。当時は東京在住でしたので乃木坂LABOは通ってました。一枚板のテーブルを挟み細川さんとお話出来た事が懐かしいです。あの頃毎月給料の1/3を被服費に充ててたっけ。今は結構当たり前に使っているLABOという言葉自体、PASHUが初めてだったんじゃ無いでしょうか。近未来を連想させるPASHUの服と本店LABO。故・杉本貴志氏、故・田中一光氏、小池一子氏のBIG3のコラボで当時から少し先の光景を見せてくれてましたね。僕もGarconsよりYohjiより好きでした。PASHUは倒産してしまいましたが、そんなPASHUへのオマージュを込めた服造りに、四苦八苦しながら取り組んでいます。挫けそうな自分への叱咤も込めてコメントさせて頂きました。長文失礼しました。
2019/07/18 23:07
1
返信
1969年生まれ
inassey
初めまして、コラムを執筆した者です。PASHUの熱狂的なファンの方にコメント頂きとても嬉しいです。
PASHUの服には東京的な美が宿っていて本当に憧れました。
LABOで無軌道に陳列された服群は圧倒的な存在感があって四畳半風呂無しの部屋に住みバイトに明け暮れながらも手に入れなくてはならないと言う、強烈な魅力がありました。
そんなPASHUみたいな服はもう日本には無いんだなと思ってた矢先の服作りをされてる方からのメッセージありがとうございます。
PASHUのあの5タックの太ももに空気を孕んだジョッパーズをもう一度穿いてみたいです。
因みにどちらで服作りをされているのでしょうか?
Web等教えて頂けると幸いです。
2019/07/22 08:05
1
カタリベ
1969年生まれ
inassey
コラムリスト≫
25
1
9
8
8
安全地帯「月に濡れたふたり」男の僕が好きになる玉置浩二の歌声
カタリベ / 古城戸 大輔
30
1
9
8
3
バンド解散の危機!平成の中学生が選んだ安全地帯とチューリップ
カタリベ / 古城戸 大輔
64
1
9
8
3
80年代という時代の響き、9th(ナインス)の魔術師 玉置浩二 ①
カタリベ / スージー鈴木
19
1
9
8
7
佐藤孝信のアーストンボラージュとマイルス・デイヴィス、麻布ってどこ?
カタリベ / inassey
25
1
9
8
9
エンタメの横顔 — 音楽業界における「タイアップ」ラジオ篇
カタリベ / 福岡 智彦
34
1
9
8
3
クリームソーダとピンクドラゴン、洗練されたロカビリースタイルの秘密
カタリベ / inassey
Re:minder - リマインダー