2018年 7月6日
武道館で初ジュリー!沢田研二・古希ツアー初日ルポ(開演前ドキドキ篇)
24
0
 
 この日何の日? 
沢田研二の70YEARS LIVE「OLD GUYS ROCK」(初日)が日本武道館で行われた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 2018年のコラム 
おっさん二人の DIY 精神「カセットテープ少年時代」はパンクだった

ビートルズだけじゃ堪らない!カープール・カラオケのポール・マッカートニー

走り続ける還暦少年!スターダスト☆レビューの全力スピリット

武道館で初ジュリー!沢田研二・古希ツアー初日ルポ(開演後バクバク篇)

中2のあまずっぱさを呼び覚ますっ、ニック・ヘイワードがやって来た!

Talk & Live「Re:spect vol.2 – 人間交差点 ♪ 伊藤銀次」

もっとみる≫


ジュリーが2017年夏から行なったデビュー50周年ツアー『50周年記念LIVE 2017~2018』。私はこのツアーに結局行けず、一人ハンカチの端っこをかじってよよと泣いていた(イメージ)。タイガース時代からのヒット曲、50曲ノリノリでオンパレードなどと聞くにつけ、恨み(?)晴らさでおくべきかと、次なる機会を狙っていた。

そんなボヤッキーな私に福音がやってきたのは春の始め頃。2018年の夏はジュリー70歳を祝った全66公演に及ぶ古希ツアーがスタートするという…

もう行くっきゃない!

友達に頼み込んで手に入れたのは、2018年7月6日(金)、武道館のチケットだった。沢田研二 70YEARS LIVE『OLD GUYS ROCK』ツアー初日!

きゃああああ! 夏が燃える!

ジュリーと武道館といえば、映画『太陽を盗んだ男』からの最高のバディ! 観るっきゃない!

ジュリーのコンサートの開演時間は早い。午後5時である。当日午後2時半、私は早々と武道館隣のカフェ「喫茶武道」でカウンター席の窓から物販の列を見守っていた。隣に座る筋金入りファンはおしゃべりが止まらないようで、こわっぱ同然の新参者の私は興味津々で耳を傾けた。

「またハワイツアーしないかしら?」
「新しいバンドメンバーは?」
「大野克夫バンド参加かしら?」
「ピーは?」
「カズ君はくるの?」

いや、カズ君って誰? 謎が残った。

そのうち、開場を待つ列が増え始めた。ファン層は50~70代、私より歳上に見える錚々たるソルジャー、タイガースの頃からジュリーを応援し続ける女性たちだ。男性は1割ほどでこれにはびっくりした。待ちきれず早めに列に並ぶと、雨が降ってきた。傘が嫌いなので使わずにいたら、「奥様! 奥様!」と言って推定60代マダムが傘を差し出してくれた。なんという慈しみ! ジュリーファン素晴らしい!

話を聞くと、東日本大震災以後、毎年3月11日にリリースされる CD を聴いてファンになったらしい。2017年の50周年公演も一人で2回行ったそうだ。「もう2時間半立ちっぱなしですよ!」だって。期待が高まる! 私は1980年頃のジュリーが特に好きだと言うと、彼女はその頃はフォークを聴いていたんだって。列が動き出し「よいジュリーを!」とエールを送り合い、お礼を言って別れた。

武道館に入ったのは4時半頃。2階の2列目だ。やっと席に着き、ステージを確認した途端、口をあんぐりと開けてしまった。

ちょっと待って! 何これ?

マイクが2本とアンプ?

ブラックで統一されたステージ上にあったのはそれだけだったのである。もともと本公演は360度展開で全方位に観客が入る、という情報は得ていたけれど…。

後ろの席の人が叫んだ。「じゃあやっぱりカズ君と2人?」―― カズ君の謎が割れた。

後から聞いた話だが、ジュリーは10年ほど率いた鉄人バンドというバックバンドを2017年の50周年ツアーで解散したそうだ。新しいバンドはどうなるか、往年のファンは誰もがこのバンドのメンバー予想に嬉々としていたのだ。

カズ君は鉄人バンドの柴山和彦というギタリストで、ジュリーとのコンビは長く、作曲なども多数手がけているという。まだ到着しない筋金入りファンの友達にステージのことを連絡してみたら、「噂はあった。カズ君と2人かも」と返信が返ってきた。

ヤバい。

怒涛の緊張が走る。激しい鼓動が私を叩く。激しいプレッシャーが私を襲う。周りは古参のツワモノばかりである。

【1】 70歳のお祝いに伴い、ヒット曲満載のお祭りライブを予想!

【2】 ライブは2時間半立ちっぱなし!

【3】 ジュリーの艶やかなスーツが楽しみ!

そんな超超超… 超ミーハーな浮かれ気分でこのステージに望んでいる私、どうする?? どうなる?? まさか四面楚歌??

(続く)

2018.08.04
24
  YouTube / つべ太郎


  YouTube / ken sawada
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
親王塚 リカ
コラムリスト≫
33
2
0
1
8
武道館で初ジュリー!沢田研二・古希ツアー初日ルポ(開演後バクバク篇)
カタリベ / 親王塚 リカ
73
1
9
7
9
熱望!沢田研二展、日本のボウイは間違いなくジュリーなんである!
カタリベ / 親王塚 リカ
97
1
9
7
9
太陽を盗んだ男、ジュリーと文太と長谷川和彦、そして魅惑の名画座の記憶
カタリベ / やっすぅ
24
1
9
8
2
ジュリーに負けない男の色気、80年代の「男はつらいよ」花も嵐も寅次郎
カタリベ / ユリンベ
20
1
9
8
4
反骨の炎「ときめきに死す」は静の旋律、主演映画にみる沢田研二の肖像
カタリベ / 鎌倉屋 武士
27
1
9
8
0
エキサイティング80's!時代の扉は沢田研二の「TOKIO」によって開かれた
カタリベ / 太田 秀樹
Re:minder - リマインダー