8月2日
鬼才トム・ショルツ率いるバンド、ボストンに関する2つの疑問
80
1
 
 この日何の日? 
ボストンのアルバム「ドント・ルック・バック」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1978年のコラム 
サタデーナイトフィーバー、僕は迷うことなくビージーズの扉に鍵をかけた

ヒットスタジオの醍醐味!岩崎宏美 with ダン池田とニューブリード

井上陽水とwhite、忘れられないあの日のキャッチボール

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 君のひとみは10000ボルト

気がつけば徳川機関長、そして私も佐渡先生「宇宙戦艦ヤマト2202」

渋谷の再開発とさらば宇宙戦艦ヤマト、今はさらばと言わせないでくれ…

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

先日、僕が大学時代に所属していた音楽サークルの先輩方のライブを観に行ったら、オリジナル曲に挟む形で、ボストンの名曲「遥かなる想い(A Man I'll Never Be)」を演っていた(大ヒットアルバム『ドント・ルック・バック』に収録)。

お陰で僕は約30年振りにボストンに再会することができたのだが、実を言うと、僕はこのバンドについて全く詳しくないし、ボストンという街を訪れたこともない。だからかもしれないが、僕はこのバンドについて当時からずっと疑問に感じていたことがある。もし詳しい方がいたら、それらを解き明かして頂けると幸いである。


【疑問その1】 彼らはなぜ、ああいうサウンドを志向したのか?

そもそもボストンはバンドと言いつつも、実質はトム・ショルツのソロプロジェクトだ。MIT(マサチューセッツ工科大学)で修士号を取得して、ポラロイド社のエンジニアだったことでも知られる彼は、機械工学に関する豊富な知識を活かし、自宅スタジオに籠って、1人で多重録音を繰り返しながらデモテープを作成したそうだ。

1970年代のことだから、当然コンピューターもシンセサイザーもない、気が遠くなるような手作業の連続だったに違いない。そのテープがエピックレコードに認められたことがデビューに繋がる訳だが、一般にこういうオタク気質の人は、プログレッシブロックのバンドやスティーリー・ダンのように、少々難解で素人受けしにくい音楽を志向するものである。

ところが、彼の作風は重厚なサウンドにポップでキャッチーなメロディーと、むしろ「産業ロック」に近いものであった。


【疑問その2】 彼らはなぜ、あのバンド名を付けたのか?

何よりトム・ショルツはオハイオ州出身である。もちろん彼の出身校であるMITのキャンパスはボストン近郊だし、卒業後もボストンを拠点にしているので、この命名も不思議ではないかもしれない。

だが、そもそもこのバンドが、ボストンという街を体現していると言えるのだろうか。それ以前に、ボストンにはニューヨークやフィラデルフィアのように「その街ならでは」のサウンドが存在するのだろうか。その点がピンと来ないのである。ちなみに、僕がこの街の名前を聞いた時に、最初に連想するバンドはエアロスミスである。


A Man I'll Never Be / Boston
作詞・作曲・プロデュース:Tom Scholz
発売:1978年12月29日


シングル
■A Man I'll Never Be
79年1月13日 全米31位

■Don't Look Back
78年10月7日 全米4位

アルバム
■Don't Look Back
78年9月16日 全米1位

2017.11.16
80
  YouTube / BostonVEVO


  YouTube / BostonVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
14
1
9
8
3
プログレメタル「クイーンズライク」の原点は4曲入りのミニアルバム
カタリベ / KazーK
30
1
9
7
9
ピンク・フロイド「ザ・ウォール」はプログレ時代の終わりの始まり
カタリベ / 中川 肇
12
1
9
8
5
美伝説・ジェフリア、産業ロックの波に乗り遅れたシンセの実力派!
カタリベ / KazーK
14
1
9
8
6
ボストンのデモ音源はゴミ箱から見つけたんだぜ!
カタリベ / @0onos
30
1
9
9
0
エアロスミスとスティーヴン・タイラー、武道館に響く「アイム・ダウン」
カタリベ / 宮木 宣嗣
42
1
9
8
1
産業ロックなんて言わせない、フォリナーの偉大なる名盤「4」
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー