1992年 11月3日

ホイットニー・ヒューストンの輝かしい記録、今年は「ボディガード」30周年!

33
0
 
 この日何の日? 
ホイットニー・ヒューストンのシングル「オールウェイズ・ラヴ・ユー」が米国でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1992年のコラム 
原点に戻って前に進め!ブルーハーツ「夢」新しい年にふさわしい90年代の名曲

奇跡の中山美穂【80年代アイドルの90年代サバイバル】歌手と女優の両立を同時進行で!

未練たっぷり? 稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」はなぜ毎年流れ続けるのか?

今年最後の「ありがとう」、大江千里の「ありがとう」

チャゲ&飛鳥から抜け出した “CHAGE & ASKA” の全身全霊アルバム「GUYS」

ドリカムの初ミリオン「決戦は金曜日」吉田美和を巧みに操る中村正人の戦略とは?

もっとみる≫




I Will Always Love You / Whitney Houston

20世紀最大のディーヴァのひとり、ホイットニー・ヒューストン


2022年8月9日、不世出の米女性シンガー、ホイットニー・ヒューストンは生きていれば59歳の誕生日を迎えていた。急逝のニュースが世界を駆け巡った2012年2月、享年48歳… あれから10年の歳月が流れた。

重ね重ね思うのが、その早すぎる死だ。だって48歳だなんて…。まだひと花もふた花も咲かせられる年齢だっただろうし、その準備も漏れ聞こえていた矢先の急逝だっただけに、この音楽界の大きな至宝を失った喪失感はいまだに薄れることはない。間違いなくホイットニー・ヒューストンは、実力と実績を兼ね備えた、20世紀最大のディーヴァ(歌姫)のひとりなのだから。

メジャーデビューした1984年から亡くなる直前まで、およそ30年弱の歌手活動だったホィットニーの人気は常に高かったといえるだろう。2000年代後半以降はヒットチャートから遠ざかっていたという事実は否めないが、デビューからその死の直前まで、ポップミュージックシーンをけん引する存在としての世界的ナンバーワン女性シンガーたる自負みたいなものは自覚していたに違いない。

あえて全盛期というのを指摘するならば、デビューアルバム発売~全米ナンバーワン連発の1985年から、サントラ史上空前の売り上げを記録した『ボディガード』リリースの1992年までの時期となるだろうか。特に彼女の生涯における代表曲となった感のある『ボディガード』からのファーストカット「オルウェイズ・ラブ・ユー(I Will Always Love You)」(1992年)の全世界を巻き込んだメガヒット時は、その人気のピークを迎えていた。今年2022年は『ボディガード』及び「オルウェイズ・ラブ・ユー」発売からちょうど30周年となる。

ホイットニー主演映画「ボディーガード」主題歌にして世界中でメガヒット


「オルウェイズ・ラブ・ユー」のメガヒットぶりは、事実凄まじかったといえるだろう。ブレイクから1991年までのわずか7年間で9曲の全米ナンバーワンを含む15曲以上のメガヒットをハイペースでヒットチャートに送り込み、その人気を盤石にしていたホイットニー。1992年に入っておよそ1年ぶりとなる待望の新曲だったのが「オルウェイズ・ラブ・ユー」だった。

本人主演(ケビン・コスナーと共に)の話題の映画主題歌というのもあり、当然のように世界各国で凄まじいヒットを記録、特に本国アメリカではなんと14週連続1位と、当時の新記録を樹立するほどのまさしく“メガヒット”となっている。(厳密には別れの歌ながら)永遠の愛を誓うような究極のラブソングという内容が、世界の結婚式で歌われるという現象も生み出し、老若男女に認知される、ホイットニーの代表曲どころか1990年代を代表する作品として君臨することになったのだ。



ところで「オルウェイズ・ラブ・ユー」が、実はカバーソングだったのはよく知られた事実かもしれない。米人気女性カントリーシンガー、ドリー・パートンのアルバム『ジョリーン』(1973年)に収録され、1974年にはビルボードのカントリー・チャートで1位となった楽曲。1980年代初頭のカントリーブームを経て、1982年にはドリー本人による再録バージョンが再びカントリー・チャートの1位を獲得、一部カントリーミュージックファンにはよく知られた楽曲だったのかもしれない。

「オルウェイズ・ラブ・ユー」4度にわたってビルボードチャートの上位に


それにしてもこの作品に白羽の矢を立て主題歌に抜擢したホイットニーのスタッフ陣(プロデューサーのデヴィッド・フォスター?)の慧眼は神レベルだったと言わざるを得ない。特筆すべきは結果的にホイットニーの死の直後、本曲が再びビルボード「Hot 100」の3位までエントリーしたこと。ドリー・パートンで2度カントリー・チャートのトップに立ち、ホイットニー・ヒューストンで2度「Hot 100」のトップ3に入る… 40年弱の歳月を要しながらも同じ曲が4度にわたってビルボードチャートの上位を飾った稀有な例を作り出したのだ。

これは例えばリトル・エヴァ(1962年1位)、グランド・ファンク(1974年1位)、カイリー・ミノーグ(1988年3位)で3度にわたって「Hot 100」のトップ3に入った「ザ・ロコ・モーション」(ジェリー・ゴフィン&キャロル・キング作)に匹敵するようなものではないだろうか。

本曲が長い大衆音楽の歴史上において、数少ない “超名曲” の域に達したのは、これはもう間違いない。いまやアメリカ人のほとんどが「オルウェイズ・ラブ・ユー」のオリジナルはホイットニーだと思い込んでいるとのことだが、彼女の早い死がその現象を加速化させたのかもしれない。この現象を見ながら、ホイットニー・ヒューストンは天の上から何を思うのだろうか。

▶ ホイットニー・ヒューストンのコラム一覧はこちら!



2022.08.09
33
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
KARL南澤
コラムリスト≫
24
1
9
8
6
あー、たまらん!アニタ・ベイカーの「スウィート・ラヴ」に一耳惚れ♡
カタリベ / DR.ENO
39
2
0
2
2
いま再びホイットニー・ヒューストンがエモい!没後10年(2022年)伝記映画公開
カタリベ / 本田 隆
28
1
9
8
7
80年代を代表するクリスマスアルバムは「クリスマス・エイド」で決まり! #3
カタリベ / 太田 秀樹
35
1
9
8
9
80年代は洋楽黄金時代【カバー曲 TOP10】一粒で二度おいしいのがポップスの基本?
カタリベ / 中川 肇
26
1
9
8
6
マドンナのアルバムで最も売れた「トゥルー・ブルー」ギネス世界記録にも認定!
カタリベ / 安川 達也
23
1
9
8
7
ジャム&ルイスで大当たり!ジャネット・ジャクソンのスターダム街道
カタリベ / KARL南澤