9月1日

新宿の片隅で。西口と東口をつなぐ連絡通路、SIONが唄う真実の世界

42
3
 
 この日何の日? 
SIONの自主制作アルバム「新宿の片隅で」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
台風クラブとバービーボーイズ、ダンスは暗闇で踊らなければいけない

清涼感溢れるUKのフュージョンファンク、レベル42の夏向きヒットソング

ハンディカム時代到来!弟の人生を変えた レベル42 のミュージックビデオ

誰もがわたせせいぞう、ビリー・ジョエルは妄想を駆り立てる男のロマン?

くぅぅう… 涙を飲んだコンサート、ハワード・ジョーンズの武道館公演

ミュージカルにもなったラテンポップの女王、グロリア・エステファン

もっとみる≫






photo:Discogs  

新宿の西口と東口をつなぐ連絡通路。80年代にはまだ、コンクリートがむき出しで、いつもすえた匂いがした。

この薄暗い通路を抜け、東口に出ると、線路を隔てる壁には一面に様々な封切り映画の看板が貼ってあった。

80年代までの新宿は、反体制の象徴だった60年代の名残を残し、表通りから一歩入ったところの魑魅魍魎としたいかがわしさと市井の人々の幸せが同居した奇跡の街だった。

新宿からバスで10分という場所に生まれた僕は、幼い頃から、西口の小田急、京王というデパートによく連れてこられた。だが、この連絡通路を家族と通ることはなかった。しかし、中学生になって歌舞伎町で映画を観るようになると、イッパシのオトナになったような気持ちで、ここをくぐって東口に出た。この連絡通路は僕にとってオトナと子どもの境界線だった。

境界線の西口側には、戦後闇市の風情を色濃く残した、露天のようなサングラス屋、アメカジショップなどが小さな場所にひしめき合っていた。この中のアクセサリー屋にデビュー前のSIONがいたという。

SIONを初めて聴いたのは高校2年生の時、新宿の帝都無線で売られていた自主制作盤『新宿の片隅で』だ。

それは、クラスメイトのタロちゃんから渡されたカセットだった。高1から高2に上がるときにダブって1つ年上だったタロちゃんは僕と同じく毎日の閉塞感からの逃げ場を音楽に求めていた。

ポストパンクに夢中で、特に繊細で退廃的な音を好んでいたタロちゃんから渡されたカセットから流れるしゃがれた声のギターの弾き語り… 意外だった。

この中に収録されている「街は今日も雨さ」に映し出された世界は僕の想像をはるかに超えた連絡通路の向こう側の真実があった。


 新聞の広告で 仕事を拾った 
 朝から晩まで 指紋がすりきれるほど
 皿を洗いつづけて たったの3200円

 なにが都会の 気ままな暮しだ
 それどこじゃねぇ
 まったく それどころじゃねぇ


新宿の連絡通路の向こう側には、僕が触れてはいけない、いや触れることのできない何かがあるということは、幼いころからなんとなく分かっていた。そこに潜むブルースを目の当たりにさせてくれたのがSIONだった。

SIONの声にはむき出しの真実があった。

SIONは唄の中に生き様を残した。

十代、二十代、そして今も新宿を遊び場としている僕は、この連絡通路を通るたびに、いつもこの曲を思い出す。そして、「街は今日も雨さ」はこんな風に続く。


 おふくろは
 静かな声でたったひと言
 生きてなさい そう言った
 街は今日も雨さ


このフレーズが入ると、僕は涙をこらえられなくなる。新宿の街では、今日もいくつもの生き様があってドラマがあるだろう。その中のひとりとして、僕は胸を張れるもの、言葉にできるものがあるだろうか。あの連絡通路を抜け、東口一面に広がるネオンを見るといつもそう思う。

17才のあの日、タロちゃんから渡された一本のカセット。彼とは卒業して一度も会っていない。

僕にはSIONの唄があまりにも重すぎて、その感想を伝えていない。タロちゃんはなにを思い、僕にSIONを聴かせようとしたのだろう。30年以上経ったいまでも、たまにぼんやりと考えることがある。



歌詞引用:
街は今日も雨さ / SION

2017.10.10
42
  YouTube / byobyobyobyo2
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
一篇の短編小説のような情景が浮かんでくる文章に思わず心を掴まれました。町の歴史と人の歴史が交差するロマン的な瞬間は、今の乱開発によってどんどん喪われていってしまうような気がして残念です。
2017/10/10 16:29
2
返信
1968年生まれ
本田 隆
しゅーげくん、ありがとう!街に潜むブルースを映し出すアーティストっていうのも少なくなってきたと思います。これもやはり、いまの乱開発のせいだと思わずにいられません。
2017/10/11 16:22
0
1966年生まれ
太田秀樹(ohtachan)
何十年ぶりだろう。昨晩、このアルバムを引っ張り出して聴いた。小滝橋のロフトで彼のライヴを観たことや、なんか、なんというか、完全に忘れていたあの感覚が蘇ってきた。今さらながら「俺の声」が沁みる。イチからやり直しだな。
2017/10/10 05:35
4
返信
1968年生まれ
本田 隆
イチからやり直し。そうか。そういうことだったんですね。そんな風に思わせてくれる音楽との出会い、忘れないようにしたいです。
2017/10/10 12:04
2
カタリベ
1968年生まれ
本田隆
コラムリスト≫
60
1
9
8
8
ついに快進撃を始めたX、売れまくったインディーズ「Vanishing Vision」
カタリベ / 鳥居 淳吉
20
1
9
8
4
1984 ー 風営法改正直前のギラギラした歌舞伎町で親父の逆噴射!
カタリベ / 鎌倉屋 武士
27
1
9
8
0
ルースターズからミッシェルへと受け継がれたパブロックの初期衝動
カタリベ / 本田 隆
24
1
9
8
2
博多ビートパレード:ルースターズとロックンロールが引き寄せた出会い
カタリベ / ソウマ マナブ
52
1
9
8
0
ルースターズの最新型ロックンロール、オーソドックスだけど一番新しい
カタリベ / 本田 隆
32
1
9
8
5
風営法の大幅改正、新宿ディスコシーンの終焉とデッド・オア・アライヴ
カタリベ / 本田 隆
Re:minder - リマインダー