2023年 12月31日

伊藤蘭は “ブギウギ” の母【第74回NHK紅白歌合戦】キャンディーズ以来46年ぶりの出場

54
0
 
 この日何の日? 
NHK「第74回NHK紅白歌合戦」放送日(伊藤蘭 出場)
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2023年のコラム 
モリッシー来日公演!デビュー40周年を記念した一夜限りのベストヒット・ライブ!

EPIC 45th Anniversary「EPICソニーから遠く離れて、それでもEPICソニーは終わらない」

唯一無二のピアノマン【ビリー・ジョエルのライブベスト】来日公演の予習はコレに決定!

松任谷由実が描く【懐かしい未来、新しい過去】50周年コラボアルバム「ユーミン乾杯!!」

桑田佳祐と松任谷由実のクリスマスコラボ!メリクリショーから紅白歌合戦を経てついに実現

紅組最多出場 石川さゆりの軌跡【第74回NHK紅白歌合戦】今年は「津軽海峡・冬景色」

もっとみる≫




朝ドラ「ブギウギ」ヒロインの趣里と、奇跡の歌手復帰を遂げた伊藤蘭


戦前から活躍し、戦後は「東京ブギウギ」をヒットさせて大人気を博した "ブギの女王" こと笠置シヅ子。かの美空ひばりの誕生を促した歌手でもある彼女をモデルにしたNHKの朝ドラ『ブギウギ』のヒロインが趣里に決まった時には、なんて絶妙なキャスティングなんだろうと感嘆した。心配された関西弁も(少なくとも関東の人間が聞いた範囲では)不自然さがないし、なにより歌が素晴らしい。無類のキャンディーズファンとしてはどうしたって贔屓目になってしまうのは否めないが、もっと客観的に見ているであろう周りの反応も概ね好評のようなので安堵している。



言うまでもなく、趣里は俳優・水谷豊と伊藤蘭の一人娘。ところが嬉しいことに最近では伊藤蘭を再び歌手の肩書きで呼ばなければならない状況になっている。2019年に奇跡の歌手復帰を遂げてから、アルバム3枚をリリース、コンサートも度々開催されるなど、ソロシンガーとして精力的な活動を展開しているのだ。2023年は7月にアルバム『LEVEL 9.9』(レベル・ナイン・ポイント・ナイン)をリリースし、9月に初の東京国際フォーラムホールAでのコンサートを開催したほか全国4都市でも公演。10月の日比谷野外大音楽堂での特別追加公演には、奥田民生とトータス松本がゲスト参加している。日比谷野音は、かつてキャンディーズが電撃引退宣言をした、ファンにとっての聖地であり、ソロでは2021年以来2度目の公演地となった。



伊藤蘭が紅白で歌う「キャンディーズ50周年 紅白スペシャルメドレー」


そして11月、大晦日の『第74回NHK紅白歌合戦』の出場者が発表されると、なんとそこには "伊藤蘭" の名前があった。キャンディーズ時代には1975年から77年にかけて3回出場していたが、以来46年ぶりとなりソロでは初めて。個人的には間違いなく今年の紅白の目玉である。当日はいったいどの曲が歌われるのだろう。2020年に配信限定でシングルリリースされ、コンサートでも毎回必ず歌われる「恋するリボルバー」か、あるいは最新アルバム『LEVEL 9.9』からか。だとすれば、アナログ7インチがリリースされたシティポップナンバー「Shibuya Sta. Drivin' Night」か。NHKも渋谷だし…。それともここはやはり万人が待ち望むキャンディーズのナンバーなのだろうか。

あれこれ考えていたら、12月22日に出場歌手の曲目が発表され、伊藤蘭は「キャンディーズ50周年 紅白スペシャルメドレー」との報がもたらされた。そう、2023年はキャンディーズが1973年に「あなたに夢中」でデビューしてから50年となるメモリアルイヤーでもあった。去年や一昨年出場していても不思議ではなかったランちゃんをここまで引っ張って満を持したNHKの演出は実に心憎い。昭和の時代とはすっかり顔ぶれが変わってしまった紅白歌合戦だが、あの頃キャンディーズとステージを共にしていた郷ひろみや石川さゆりが健在なのは心強いことだろう。

キャンディーズとして出場した3度のステージで歌われた「年下の男の子」「春一番」「やさしい悪魔」もメドレーの要素になりそう。メインライターの穂口雄右をはじめ、作曲では森田公一、すぎやまこういち、三木たかし、佐瀬寿一、吉田拓郎ら、作詞では山上路夫、安井かずみ、なかにし礼、千家和也、喜多條忠ら、錚々たる面々が紡ぎあげていたキャンディーズの歌世界を伊藤蘭は1人で見事に再現して、これまでのコンサートで毎回観客を沸かせてきた。そのパフォーマンスは回を増す毎にレベルアップし、隔てた時の流れを埋めて往時の輝きを失っていない。紅白でも必ずや最高のメドレーを見せてくれるはずだ。



果たして夢の母娘共演は見られるか?


そうなると、さらなる興味は、現在NHKで放送中の朝ドラ『ブギウギ』の扱いである。どんな形であれ、趣里のステージ参加は決して不自然ではない。テレビ70年でもある今年は、「テレビが届けた名曲たち」という特別企画のパートが設けられるそうなので、その締めくくりとしてサプライズで『ブギウギ』チームが登場して、主題歌「ハッピー☆ブギ」を中納良恵・さかいゆう・趣里で披露するなどというイキな計らいはないものか。『あまちゃん』の時のように。自分が総合演出だったら絶対そうするのだが。果たして夢の母娘共演は見られるであろうか…。

ーー と、ここまで書いたところで、スケジュールの調整がつかず、惜しくも母娘共演はならずというニュースが入ってきてしまった。誠に残念だが、その機会はまた来年以降に期待するとしよう。2024年は、歌手・伊藤蘭、俳優・趣里、ともにさらなる活躍を見せてくれるはずだ。

▶ キャンディーズの記事一覧はこちら!



2023.12.31
54
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
鈴木啓之
コラムリスト≫
36
2
0
2
3
カネヨンでっせ!連続テレビ小説「ブギウギ」のモデル “笠置シヅ子” ってどんな人?
カタリベ / 馬飼野 元宏
17
1
9
8
7
アメリカン・ロックンロールの良心の証明 ― ジョージア・サテライツ登場!
カタリベ / KARL南澤
25
1
9
8
1
イアン・スチュワート、ストーンズから外された愛すべきブギウギの名手
カタリベ / 宮井 章裕