10月24日
マイケルよりも先を走ってた、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの先見性
14
2
 
 この日何の日? 
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのデビューシングル「リラックス」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
80s音楽にビジネスを学ぶ:シンディのアトラクション&リテンション #1

スチュワーデス物語、大映ドラマ栄光の80年代と胸アツ!カヴァー主題歌

J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.2

ヒットしたのかしないのか!?「スタレビ」は奇蹟のライブキング!vol.2

鬼門? セールス低迷期のディランが開けてくれた「ロック天国」への門

青春のマリアージュ、ドラマ「青が散る」と松田聖子「蒼いフォトグラフ」

もっとみる≫

photo:ART OF ZTT  

人は慣れる生き物である。奇妙な光景も毎日みていると、当たり前になる。私の場合、歩きながら携帯電話でしゃべる人を初めて見たとき、「この人は気が狂ってるのか? 宙にむかって独り言をしているなんて!」と可笑しくてしかたなかった。本来は憧れられるべき携帯電話の所有者(90年代初めはそれがステイタスだった)がマヌケな輩に映ったのである。

そのとき、「これと同じ感覚をどこかで味わったことがあるなぁ」と思ったのだが、それが80年代初期のミュージックビデオだと気づくのにそんなに時間はかからなかった。

オペラやミュージカルをTVカメラの画角で切り取ると、えもいわれぬ違和感をかもし出すことは皆さんも同意してくれるだろう。舞台芸術はその空間に身を置き、ステージ全体を俯瞰して初めて理解できるものだ。大げさな動きや化粧衣装は、遠くの席からでもエンタメを味わえるように配慮した先人の知恵である。宝塚歌劇はいくらテレビで見てもその良さがわからない所以だ。

それまで音楽といえばコンサート映像しか見たことのなかった私は、80年代初期にABCの『ルック・オブ・ラヴ』やカルチャークラブの一連のミュージックビデオに接したときに、カメラ目線で歌う彼らがヘンに見えてしかたがなかった。PVの撮り方もまだ手探りだった時期でもある。ジャーニー『セパレイト・ウエィズ』は特に酷かった。口をパクパクさせながらカニ歩きする姿のダサさ。高度な音楽センスをもつミュージシャンも、しょせん演技は素人だ。つたない映像が却って名曲のイメージを狭めてしまう。

そんな学芸会のようなPVに食傷気味だった私に衝撃を与えたのが、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド『リラックス』のプロモだった。映画とみまがうばかりのクォリティで、当時はタブーだった同性愛の世界をまるで悪夢のように描き出す。当然、キリスト教徒の多い欧米では放送禁止になったが、東洋の小さな島国では堂々とオンエアされた。プロデューサーはトレヴァー・ホーン。『ラジオスターの悲劇(Video Killed The Radio Star)』でMTV時代の到来を予言したバグルスの中心人物である。彼は再び時代の予言者としてLGBTの世界をいち早く表現した。

マイケル・ジャクソン『スリラー』のPVが公開されるのは1983年12月、日本で大々的に露出されるのは翌84年。フランキーのPV登場はそれよりも早かったのである。そして我が国では、今やゲイがテレビのスターになっている。人は慣れる生き物なのだ。

2016.01.14
14


 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
@0onos
コラムリスト≫
20
1
9
8
4
僕にとっての「FGTH」は弱肉強食の戦いを生き抜くためのドーピング剤!
カタリベ / デーモン大久保
33
1
9
8
2
スリラー狂想曲、あの頃の1位はいつもマイケル・ジャクソンだった
カタリベ / 宮井 章裕
45
1
9
8
2
マイケルの「スリラー」に味方した偶然のような必然 ー MTV篇
カタリベ / 太田 秀樹
31
1
9
8
4
スリラーから産まれたミュージックビデオの金字塔 ー スリラー
カタリベ / DR.ENO
24
1
9
8
4
ホラーやスリラーなんて怖くない! マイケルが敢行した “笑い” の啓蒙
カタリベ / ソウマ マナブ
26
1
9
8
4
旅人の戯言:ゾンビに取り憑かれた男、マイケル・ジャクソン
カタリベ / 時の旅人
Re:minder - リマインダー