9月9日
カナダの至宝!ラッシュ vol.3~ 第2章の幕開け!名盤「シグナルズ」
13
0
 
 この日何の日? 
ラッシュのアルバム「シグナルズ」が全米でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
驚異の三姉妹ポインター・シスターズ、脅威の熟女パワーに魂抜かれる!?

91年生まれの僕と「ザ・フー」80年代の評価などどうでもよかった!

研ナオコの「夏をあきらめて」あきらめた後に見える虹 

煩悩まみれの高校生、妄想をかきたてたケイト・ブッシュの壮絶なキス

オフコース「NEXT」~ 小田和正と鈴木康博の惜別の歌 前篇

オフコース「NEXT」~ 小田和正と鈴木康博の惜別の歌 後篇

もっとみる≫

photo:rush.com  

カナダの至宝、偉大なるラッシュ。70年代に発表したアルバムはほぼすべてがマスターピースと呼べる名作ぞろいなのですが、作風としては81年のライヴアルバム『神話大全』が一つの区切りといえるでしょう。82年のアルバム『シグナルズ』からが第2章、現在のモダンスタイルのラッシュの始まりともいえます。

シンセ・サウンドを前面に押し出し、次作の『グレイス・アンダー・プレッシャー』からはニール・パート先生がシンセ・ドラムを使用し始めます(流行りましたよね~ シモンズの六角形エレクトロニック・ドラム)。もはや長尺の曲はアルバムから去り、シングルカットが増え、ミュージックビデオもたくさん作られるようになりました。とはいえ、シングルがチャートを賑わすことはあまりなく、やっぱりアルバムアーティストなのでした(80年代のアルバムはほとんどが全米トップ10入り)。

私にとってのこの時代のベストアルバムはなんといっても『シグナルズ』。冒頭1曲目の「サブディビジョン」の壮大さには心躍ります。この曲はのちにライヴの定番曲になります。ファーストシングルの「ニュー・ワールド・マン」のモダンなつくりはそれまでになかったものですが、やっぱりカッコイイ。「失われた夢(Losing It)」もこれまでにはあまり見られない抒情的なメロディー。題材が当時らしいスペースシャトルを描いた「カウントダウン」は70年代のラッシュらしさも垣間見せます。

このアルバムを聴くまでは私にとってハードプログレバンドという認識だったラッシュですが、この『シグナルズ』で、もうジャンルとかわけわからなくなりました。まさにジャンルがラッシュです。この頃から現在における最新作『クロックワーク・エンジェルズ』(2012年)まで、どのアルバムを聴いても年代の差を感じないのも不思議です。

昨年はアルバムデビュー40周年(!)のツアーをおこないました。そろそろ引退という噂もありましたが(ニール先生がもうツアーは引退したいかなとも言ってたし)、なんとかもう少し! そしてどこか良心的なプロモーターさん、日本に呼んで~!!!

2016.12.07
13
  YouTube / RushVEVO 


  YouTube / HD or Wide Screen ?!?
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
11
1
9
8
1
カナダの至宝!ラッシュ vol.1~ 欧米と日本での人気格差が激しすぎ!
カタリベ / DR.ENO
12
1
9
8
5
カナダの至宝!ラッシュ vol.2~ 全方位ドラムを駆使する凄テクメンバー
カタリベ / DR.ENO
30
1
9
7
9
ピンク・フロイド「ザ・ウォール」はプログレ時代の終わりの始まり
カタリベ / 中川 肇
14
1
9
8
3
プログレメタル「クイーンズライク」の原点は4曲入りのミニアルバム
カタリベ / KazーK
16
1
9
8
6
パンクとプログレを融合させミッキーの耳をつけてヤオンで演じたYBO²
カタリベ / ジャン・タリメー
11
1
9
8
3
結成35年!スラッシュメタルを世に知らしめたメタリカのぶれないスタイル
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー