1996年 7月22日

安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」いつの時代にも通じる小室哲哉のスタンダードナンバー

101
0
 
 この日何の日? 
安室奈美恵のシングル「SWEET 19 BLUES」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1996年のコラム 
観月ありさは日本を代表するコメディエンヌ「ナースのお仕事」印象的なサントラは鴨宮諒

とにかく明るい安村効果!スパイス・ガールズ「ワナビー」にいったい何が起こったの?

SMAP 森くん脱退の衝撃!5人体制の一発目は “嫉妬” を歌った「青いイナズマ」

岩井俊二、CHARA、小林武史【YEN TOWN BAND】が創り上げた令和の予言ソング?

奥田民生プロデュース!PUFFYのカジュアルさはアマチュアのアバウトさと同じではない

SPEED デビュー!今井絵理子、島袋寛子、上原多香子、新垣仁絵 3年8ヶ月の疾走!

もっとみる≫




90年代デビューアーティスト ヒット曲列伝vol.12
■安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」
作詞:小室哲哉
作曲:小室哲哉
編曲:小室哲哉
発売:1996年8月21日
売上枚数:45.3万枚

1990年〜1999年の10年間にデビューし、ヒットを生み出したアーティストの楽曲を当時の時代背景や、ムーブメントとなった事象を深堀しながら紹介していく連載の第12弾。今回は、安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」を紹介します。

1996年の安室奈美恵は社会現象だった!


前年の1995年10月に「Body Feels EXIT」で初の小室哲哉プロデュース楽曲をリリースした安室奈美恵は、続く日本テレビ系列で放送されたドラマ『ザ・シェフ』の主題歌に起用された「Chase the Chance」でシングルチャート初の1位を獲得、1996年3月リリースの「Don't wanna cry」「You're my sunshine」と、3作連続でミリオンヒットを記録し、約1年でJ-POP界のド真ん中に君臨します。

“安室奈美恵のようになりたい!” と思う女性たちが街にあふれ、ミニスカートに厚底ブーツでロングヘアの茶髪というスタイルの “アムラー” ファッションが流行し、その言葉が1996年の『新語・流行語大賞』に選出される社会現象を巻き起こしていました。

プロデューサー小室哲哉が魅せた、普遍性とトレンドの巧みな融合


シングルが3作連続でミリオンヒットを記録した飛ぶ鳥を落とす勢いの中で、この曲をタイトルにしたアルバムがリリースされることが発表されます。

プロデューサーの小室哲哉が目指したアルバムのコンセプトは、全てのブラックミュージックのテイストを網羅したサウンドアプローチで、当時19歳だった安室奈美恵と同世代の女の子が持つ世界観を、しっかりと映し出すこと。アルバムの顔となるこの曲の歌詞を、安室奈美恵が今、思っていること、考えている心境を偽りのない形で出したいと考え、二人で話し合いを重ねた中で出てきた言葉を、この曲のフレーズに落とし込んでいきます。

言葉を歌詞へと落とし込んでいる時に小室哲哉が意識していたことは、「いつの時代でも通じる、普遍的な言葉」を使うこと。この曲がリリースされた後のインタビューで小室哲哉は、こう話しています。

うーん……。その時代やブームを感じさせるところと、時代に関係ない普遍的なところか。よく例に出てくる、湯川(れい子)先生が書いた「恋におちて -Fall in love-」の「ダイヤル回して 手を止めた」っていう表現は、いい点と悪い点の両方ありますよね。その時代を象徴している言葉でもあるし、ダイヤルどころかプッシュでさえ番号を入れない今の時代では通じないことにもなる。僕の場合はこれがたまたまどっちでもないというか、どっちにしなきゃって考えたことがあまりないかもしれないです。

今パッと浮かんで、そういえば「どちらでも大丈夫なように」って考えたなっていうのは、安室(奈美恵)さんになっちゃいますけど「SWEET 19 BLUES」の「ベルを鳴らして」っていうフレーズ。あのとき、ちょうどポケベルと携帯電話と固定電話の3つがあった時期で。「ベル」なら、ケータイでも大丈夫だろう、ポケベルでも大丈夫だろうと。だからその前に何も付けず「ベル」だけにしたんです。

音楽ナタリー「小室哲哉、20年目の再プロデュース trf を語る」より





あなたが19歳だった時、どんなことを考えていましたか?


安室奈美恵の内面を言葉にした歌詞を、ブラックミュージックのテイストの中から “ブルース” を選び、バラードとして仕上げたこの曲をタイトルにしたアルバムは335万枚のトリプルミリオンヒットを記録。彼女の人気をさらに不動のものへと導きます。

大人でもない、子供でもない年齢に、多くの人が感じる心の葛藤や成長を、むきだしで描いた「SWEET 19 BLUES」は、令和時代の今、聴き手にどう映るでしょうか。

 もうすぐ大人ぶらずに
 子供の武器も使える
 いちばん 旬なとき

 さみしさは昔よりも
 真実味おびてきたね
 でも明日はくる

 世の中かっこつけてて
 それよりかっこよくなきゃいけない
 もし飛び出るんだったら

2018年の引退まで、自らのスタイルを一切変えることなく貫いた時代の寵児が人生の甘さや苦さを、ポップにかつ耽美に歌う言葉たちは、どの世代が聴いても、19歳だった頃を思い出すスタンダードナンバーとして輝きを放ち続けています。

できればもう一度、パフォーマンスを観てみたいと思うのは、私だけではないでしょう。

▶ 安室奈美恵のコラム一覧はこちら!



2024.01.12
101
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1979年生まれ
藤田太郎
コラムリスト≫
26
1
9
8
2
五木ひろしによるシティポップへの挑戦「愛しつづけるボレロ」
カタリベ / 綾小路ししゃも
54
1
9
9
1
大事MANブラザーズバンド「それが大事」歌い続けてたどり着いた “本当に大事なこと”
カタリベ / 藤田 太郎
51
1
9
9
5
小沢健二と筒美京平の絆「強い気持ち・強い愛」から「彗星」に繋がる音楽の奇跡
カタリベ / 藤田 太郎
51
1
9
9
7
KinKi Kids「硝子の少年」はジャニー喜多川、松本隆、山下達郎の挑戦だった
カタリベ / 藤田 太郎
31
1
9
8
6
コントロール、ジャネット・ジャクソンを自立させたジャム&ルイスの貢献
カタリベ / 中川 肇
35
1
9
9
6
SMAP「SHAKE」ジャニーズソングのイメージを決定づけた CHOKKAKU の名アレンジ!
カタリベ / 藤田 太郎