11月1日

バービーボーイズのカッコよさとは? アルバム「Freebee」にみる “隙” の魅力

109
0
 
 この日何の日? 
バービーボーイズのセカンドアルバム「Freebee」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
ディオンヌが教えてくれた「愛のハーモニー」人の優しさと現実の厳しさ

チャーリー・セクストンの際立つ革ジャン、レザー着てなきゃ始まらない!

西海岸のハイウェイで聴いたドッケン、シスコ ↔ ロスの日帰りドライヴ!

十代限定の理想郷、レベッカの「76th Star」と 原宿チャオバンビーナ

切れ味鋭いコピーライター、NOKKOは作詞家としてもっと評価されるべき

レベッカ「Maybe Tomorrow」こんなことを歌にできるのはNOKKOしかいなかった

もっとみる≫




KONTAと杏子、理屈抜きにカッコいいバービーボーイズのツインボーカル


1984~1985年頃といえば、テレビでは中森明菜が「十戒」を、チェッカーズが「星屑のステージ」「ジュリアに傷心」を歌っていた時代。中学のクラスメートたちはフミヤに夢中で、男の子たちも意識した髪型をしていたっけ。

そんな中、ふとしたきっかけで耳にした曲が「チャンス到来」だった。ロックバンドがどんなもので、ロックが何かも分かっていない(今でも答えは見つかっていない)少女には、バービーボーイズとの出会いは衝撃的だった。

女性と男性ボーカルが掛け合いのように歌うツインボーカルのスタイルは理屈抜きにカッコよかった。ボーカルのKONTA(以下、コンタ)の独特でクールな歌声、そして杏子さんの男前(?)な格好良さに一気に夢中になった。

まるで恋愛ドラマ? 杏子とコンタのセリフの応酬


バービーボーズにとって4枚目のシングル「チャンス到来」。当時の中学生には “何がチャンスなの?”… というくらい男女の恋の駆け引きなんて分かるはずもなかった。そして、この次に出会ったシングル「負けるもんか」。このときはすでに筆者も高校生となり、うっすらとその意味が “男女の恋の駆け引き” ということくらいは理解できるようになっていた。

 近くまで来てるのよ 泊めてくれる?
 いきなりで悪いけど 帰れないの
 ねェ いいでしょ コインが無いわ
 詳しく話すから 着替えでも捜してて

… と歌う杏子の怪しげな空気。そしてそれに応えるように、

 あぶないぜ あぶないぜ ah
 負けるもんか 負けるもんか

… とコンタが必死に自分に言い聞かせるラブゲーム。今ならその意味はよく分かるが、何に「負けるもんか」なのかまでは、当時は深く理解できていなかったと思う。

彼女がいる男性にモーションをかける女性のしたたかさ。こ、怖い…。そして下心アリの「泊めて」に対して、断り切れない男性の下心のある葛藤ぶりは実に面白い。2人の歌は、まるで恋愛ドラマのセリフの応酬のようだった。

勢いを感じさせるセカンドアルバム「Freebee」


「チャンス到来」「負けるもんか」といった曲たちはライブでも定番の曲となり、これらの曲が収録されていたのが、1985年にリリースしたセカンドアルバム『Freebee』だった。デビューアルバム『1st OPTION』からなんと約8ヶ月ほどという異例の速さでのリリース。いかにこの頃のバービーが、ロックバンドとしてノリにノッていたか、その勢いを感じさせる。

コンタはボーカルで歌いながら、次の瞬間には首から提げたサックスを吹く。本当にお見事。歌いながら吹くというのは本当にすごいし、音色がとても色っぽくセクシーでゾクゾクする。一方、杏子はハスキーボイスを響かせながら、ちょっと “はすっぱ” な女性や、強い女性を歌で演じて見せる。

エンリケのベースは、ファンキーでありながらしっかりとしたロック。コイソのドラムは、どんなに変速的なリズムにも変幻自在にリズムを刻む。

そしてバービーボーイズの要といえば、なんといってもギターのイマサだ。彼はデビュー当時から超越したギターテクを持ち、リフやカッティングの凄さといったらなかった。それでありながら、ほかのバンドのギタリストように「オレが、オレが」と前に前に出てくるようなタイプではなかった。まるで黒子に徹するかのように、ボーカルのサイドに立ち続けてクールにギターを弾く姿には本当にシビれた。

ほとんどの曲の作詞・作曲を担当し、プロデューサー的な目線を持ち合わせたイマサがいて、実力派揃いのアーティスト、ボーカリストが揃ったバービーボーイズは、バンドとして無敵に近かったように思う。

「負けるもんか」で実感できるバービーボーイズの魅力


数年前に、OKAMOTO'Sのベーシスト、ハマ・オカモトは、彼らとの対談で、「音を重ねてどうこうじゃなくて、隙間があるんです」とバービーの魅力を語っていたが、まさにその通りで、音を詰め込みすぎず、あえてどこかに “隙を残している” そのサウンドこそバービーの魅力であり、肝なのだと思う。

さて、「負けるもんか」の世界に戻りたい。アプローチをかけてきた女友だちと、その誘惑に “負けるもんか” と堪えに堪えていた2人はどうなったのか――

 無理でしょ きっと落ちるわ
 目つきがちょっと違うわ

… と、どうやらお泊まりに成功した杏子。そしてそれに対してコンタの答えはこうだ

 いけないぜ いけないぜ ah
 かまうもんか かまうもんか

「負けるもんか」と繰り返されていたのに、「かまうもんか」に変わっているではないか(笑)! そして2人は声を重ね合わせながらこう歌う。

 誰にもきっとバレずに
 このままずっといければ
 ぐらついたパッション
 とびこんでアクション かまうもんか

「あー、ダメだったか」という、やっぱり感とがっかり感(笑)と背徳感。

大人の恋には “隙” はつきもの。隙がなければほとんどの恋愛は生まれないとも言えはしないだろうか。がっちりと固めて作りこむロックバンドの美しさではなく、あえてサウンドにも歌詞にも隙や遊び心を作る…。その “あえて” … という部分が、バービーのロックであり、そしてそれこそがバービーボーイズというバンドの美学や魅力なのかもしれない。


※2021年10月13日に掲載された記事をアップデート

BOØWY 40thアニバーサリー特集「ライブハウス武道館へようこそ」

▶ バービーボーイズの記事一覧はこちら!



2022.07.25
109
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
村上あやの
コラムリスト≫
23
1
9
8
5
すべてがそこに詰まっていた。一生モノのレコード ZELDA「空色帽子の日」
カタリベ / ソウマ マナブ
12
1
9
8
7
初代ヴォーカリストは宮城宗典、80年代を駆け抜けたヒルビリー・バップスの軌跡
カタリベ / 本田 隆
51
2
0
0
3
ただただまぶしかった大江千里、くもりのないポップスは時に罪つくり
カタリベ / 佐々木 美夏
27
1
9
8
9
レベッカ最後のアルバム「BLOND SAURUS」ボーカリスト NOKKO の到達点?
カタリベ / 前田 祥丈
10
1
9
7
8
酒場からの叩き上げ、NRBQは世界最強のロックンロールバンド!
カタリベ / 岡田 浩史
20
1
9
8
5
台風クラブとバービーボーイズ、ダンスは暗闇で踊らなければいけない
カタリベ /  白石・しゅーげ