6月1日

ジョージ・ハリスンの知られざる秘話、ふたつの母なるイングランド

22
2
 
 この日何の日? 
ジョージ・ハリスンのアルバム「想いは果てなく~母なるイングランド」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
笑ってる場合ですよ! 案外狭かった新宿アルタでザ・ぼんちを見た!

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.12

ヒットがなくても35年!いつでも旬のスタレビの幸運

シングルヒットは現実路線?筒美京平と近田春夫でとりあえずニューヨーク

角川映画「魔界転生」役者も監督も音楽もすべて最高に狂ってやがる!

夏の扉とルビーの指環、聖子の運命を決定づける神曲と立ちはだかる最強の敵

もっとみる≫






photo:FANART.TV  

ジョージ・ハリスンのアルバム『想いは果てなく~母なるイングランド(Somewhere in England)』には、ふたつのヴァージョンが存在する。似て非なるそれらは、かつてコインの表と裏のような関係にあった。

タイトルを直訳すると「イングランドのどこか」。当初、アルバムにはジョージの母国であるイングランドというゆるい括りがあった。オープニングの「ホンコン・ブルース(Hong Kong Blues)」と、ラストのひとつ前に置かれた「バルチモア・オリオール(Baltimore Oriole)」というふたつのカヴァー曲が輪となり、アルバムはひとつの形を成していた。ホンコンとバルチモアは、かつてイギリスの統治下にあった場所。つまり、タイトル通りというわけだ。

アルバムジャケットにも意味があった。遠くを見つめるジョージの横顔。後ろ髪の装飾がイングランドの形をしている。つまり、ジョージは自分のアイデンティティを育んだイングランドから、世界と未来を見つめていたのだ。それがこのアルバムの立脚点だった。

収録された曲はどれも素晴らしい出来映えだ。この時期、ジョージは何度目かのソングライティングのピークを迎えていたと思う。音楽的なクォリティーの高さはもちろんのこと、どの曲にもジョージの深遠な人柄が滲んでいた。自然体なメロディーと穏やかな語り口から、このときのジョージの創造性が理想的な状態にあったことがわかる。

アルバムは1980年秋に完成し、発売日は1980年11月2日に決まった。プレスリリースも配られ、あとはリリースを待つのみだった。

ところが、発売の直前になってレコード会社がアルバムの内容に難癖をつけた。アップテンポな曲が足りないから曲を差し替えろというのだ。言う通りにしなければ、アルバムはリリースしないという。

どう考えても不条理な話だったが、ジョージは渋々この条件を飲んだ。結果、アルバム発売は延期され、曲は差し替えられ、ジャケットも変更になった。この状況に追い打ちをかけたのが、ジョン・レノンの射殺事件だった。ジョンの死はジョージを打ちのめしただけでなく、アルバムの内容にも影響を与え、周囲の事情をより複雑なものにした。

1981年6月1日、『想いは果てなく~母なるイングランド』は装いも新たにリリースされた。新たに加わった4曲は、どれもキャッチーなメロディーをもった魅力的なナンバーだった。そのうちの1曲はジョン・レノンの追悼ソング「過ぎ去りし日々(All Those Years Ago)」で、全米2位の大ヒットを記録している。

しかし、この変更によってアルバムが当初もっていたコンセプトやジョージのメッセージが大幅に薄められたことは否めない。「ホンコン・ブルース」はB面4曲目、「バルチモア・オリオール」はA面5曲目に移動し、ジャケットからはイングランドの姿が消え、タイトルはほぼ意味をなさなくなった。

強烈だったのは、新たなオープニングナンバーとなった「ブラッド・フロム・ア・クローン(Blood from a Clone)」の歌詞だ。


 レンガの壁に頭を打ち付けられた
 まるで石のように堅い
 音楽に用意された時間などない
 彼らはクローンからの血が欲しいだけだ


レンガの壁(brick wall)には、「越えることのできない障壁、批判を受けつけない人」といった意味もある。これがレコード会社を指しているのは間違いないだろう。変更されたジャケットでは、ジョージが大きな壁を背にして立っているが、この曲の歌詞に呼応しているのは明らかだ。

そして、「彼らはクローンからの血が欲しいだけだ」というフレーズには、今の自分の音楽を理解せず、いつまでもクローン(おそらく過去の自分=ビートルズ的なもの)を求められることへの痛烈な皮肉が込められていた。

そして、なにより驚かされるのは、アルバムの中でもっとも美しいメロディーをもった3曲「フライング・アワー」、「レイ・ヒズ・ヘッド」、「サット・シンギング」を差し替えことだ。あえていい曲からはずしていった印象さえ受ける。

この決断からも、ジョージの心中がいかに穏やかならざるものだったかが窺い知れる。どれもこの時期のジョージの代表曲として長く愛されたであろう名曲なだけに、とても残念だ。

まったく、どうしてこんなことになったのか?ひとりの偉大なアーティストが充実期を迎えていたことを理解できなかったレコード会社の罪は重い。今ではジャケットだけがオリジナル仕様に戻っている。なんとも中途半端な話だ。

このふたつのヴァージョンを僕は長年愛聴してきた。今ではどちらがコインの表で裏なのかもわからないくらいだ。それぞれに良さがあり、それぞれに悲しみがある。僕にはそのどちらもが同じくらい愛おしい。

もし最初のヴァージョンのままリリースされていたら、『想いは果てなく~母なるイングランド』はジョージ・ハリスンを代表する1枚になっていたことだろう。

しかし、現実は違った。

つまりは、そういうことだし、今となってはそれだけのことなのかもしれない。ただ、このアルバムにはこんなストーリーがあったことを、一片のパズルのピースとして、知っておいても悪くないとは思う。

2017.09.21
22
  YouTube / beatstoneful


  YouTube / Heidebos
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1970年生まれ
ジャン・タリメー
なるほどなるほど.御回答に感謝します.興味深いお話でした.
2017/09/26 09:56
1
返信
1970年生まれ
宮井 章裕
いえいえ。こちらこそ読んでくれてありがとうございます。
2017/09/27 08:02
1
1970年生まれ
ジャン・タリメー
最初のヴァージョンは当時発売がなされなかったのに,後に入手可能になったということなんでしょうか?
2017/09/25 09:50
1
返信
1970年生まれ
宮井 章裕
あぁ、わかりにくかったですね。最初のヴァージョンは未だにオフィシャルでのリリースはありません。僕はブートで聴きました。
2017/09/25 12:19
1
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
16
1
9
7
8
偉大なるパロディ「ラトルズ」を見ずしてビートルズは語れない!
カタリベ / DR.ENO
46
1
9
8
8
ジョージ・ハリスンの指南、作りたい曲だけを作るというビジネスモデル
カタリベ / 宮井 章裕
17
2
0
1
6
80年代はビートルズファンにとって失われた10年だった
カタリベ / 佐々木 美夏
24
1
9
8
9
ビートルズのソロで初めて武道館のステージに立ったのはリンゴ・スター!
カタリベ / 宮木 宣嗣
39
1
9
8
7
80年代のビートルズ、誰にも真似なんてできない史上最強バンドの行方
カタリベ / 中川 肇
21
1
9
8
1
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.13
カタリベ / KARL南澤
Re:minder - リマインダー