11月14日

ロバート・パーマーの2枚組大作「ドント・エクスプレイン」の魅力

8
2
 
 この日何の日? 
ロバート・パーマーのアルバム「ドント・エクスプレイン」が日本でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1990年のコラム 
東京五輪に向け生まれ変わる街、消えゆく風景と井上陽水のTokyo

ミラクルガール 永井真理子、12枚目のシングル「ZUTTO」で紅白初出場!

まさにやりたい邦題!リゲインブームからの「アゲイン/明日への誓い」

F1フルタイムドライバー、中嶋悟の歌手デビューと東京バナナボーイズ

時代は繰り返す。笑える余裕とスーダラ伝説、分っちゃいるけどやめられねぇ

ユニコーンのミニアルバム「おどる亀ヤプシ / ハヴァナイスデー」全曲解説

もっとみる≫




全18曲、LP2枚組の大作「ドント・エクスプレイン」


先日リマインダーが投げかけたツイッターの #80年代洋楽ドラムイントロ でも多くの方が挙げていた、1985年のザ・パワー・ステーション「サム・ライク・イット・ホット」。

この曲のヴォーカリストとして突如シーンの最前線に躍り出たロバート・パーマーが、やりたいことを全てやり切ったのが今回取り上げる5年後の大作『ドント・エクスプレイン』だったのではなかろうか。

It was 30 years ago today.
1990年11月14日、ロバート・パーマーの2年振りのアルバム『ドント・エクスプレイン』が日本でリリースされた(英米では5日)。

全18曲、LPだと2枚組というヴォリュームはパーマーのキャリアで最大。その中身にもひっくり返った。アルバムはほぼ3つのパートに別れ、パワー・ステーションばりのハードロック、ワールドミュージック、ジャズのスタンダードナンバーがそれぞれ収められていたのである。

1985年ザ・パワー・ステーションのヴォーカリストとして大ブレイク


ロバート・パーマーのソロデビューは1974年。ザ・パワー・ステーションでの大ブレイクまで10余年を要していた。しかしパーマーは自らのソロ活動のためツアーには参加せず、1985年に開催されたライヴエイドでもパワー・ステーションのヴォーカリストは別の人物が務めた。

同年、パーマーはソロアルバム『リップタイド』をリリースする。プロデューサーはパワー・ステーションと同じシックのバーナード・エドワーズ。パワー・ステーションのギター・アンディ・テイラーとドラムス・トニー・トンプソンも参加していた。

セカンドシングルの「恋におぼれて(Addicted to Love)」が全米No.1を獲得した。無表情の女性モデルのバンドを従えて本人が歌う大発明のMVのお陰もあっただろう。4枚めのシングル「ターン・ユー・オン(I Didn't Mean to Turn You On)」でも同様のMVを作り、全米No.2のヒットを記録している。

それから3年後の1988年、レコード会社を移籍し出したアルバムが『HEAVY NOVA』だった。プロデュースはパーマー自身。パワー・ステーション色の強いファーストシングル「この愛にすべてを(Simply Irresistible)」でパーマーは三度(みたび)女性モデルバンドのMVを作り、この曲も全米No.2の大ヒットとなった。

しかしこのアルバムではヨーデルやアフリカンミュージック、ジャズスタンダードへのアプローチも見せ、パワー・ステーションと異なる色合いも見せ始めていたのである。

ハードロック、ワールドミュージック、ジャズ… 3つの顔を持つアルバム


さらにその傾向が強くなったのが『ドント・エクスプレイン』であった。

5曲めまで、LPだとA面がパワー・ステーションばりのハードロック。プロデュースはパーマー自身。5曲めの「ユー・アー・アメイジング」はアメリカでリリースされたがMVが例の演出ではなかったこともあり28位止まりに終わっている。

続く11曲めまでがワールドミュージック。LPだとB面とC面1曲め。半分の曲を、マイルス・デイビスのプロデュースで名高いテオ・マセロがパーマーと共同プロデュースしている。

そして12曲め以降、LPだとC面2曲めからD面までがジャズスタンダードである。パーマープロデュースの1曲を除き、全てマセロが単独プロデュース。プリンスとの仕事で知られるクレア・フィッシャーがストリングスのアレンジを手掛けた。アルバムタイトル曲である12曲め「ドント・エクスプレイン」はビリー・ホリデイの曲のカヴァーである。

この中でチャートを賑わせたのが、ワールドミュージックからの2曲「アイル・ビー・ユア・ベイビー・トゥナイト」と「マーシー・マーシー・ミー / アイ・ウォント・ユー」であった。

定評あるカヴァーセンス、ボブ・ディランやマーヴィン・ゲイに新たな彩り


パーマーの本国イギリス、まずシングルカットされたのが9曲めの「アイル・ビー・ユア・ベイビー・トゥナイト」だった。レゲエバンドUB40との共演で、ボブ・ディランの1967年の曲をカヴァー。プロデュースはパーマー単独。元はカントリー調のディランの曲を底抜けに明るく楽しいレゲエナンバーに生まれ変わらせたそのセンスは “流石” のひと言。見事イギリスでは6位のヒットとなり、ヨーロッパ、オセアニアでも相次いでトップ10入りを果たした。

そして3枚めのシングルとなったのが11曲めの「マーシー・マーシー・ミー / アイ・ウォント・ユー」。マーヴィン・ゲイの曲のカヴァーのメドレーなのだが、前者が1971年の環境問題を歌ったゲイの自作曲、後者が1976年の他のライターから提供されたラヴソングと、生まれた時期もテーマも全く異なる曲が繋がっている。しかもこの2曲が全く違和感無く溶け込んでいるのには舌を巻かざるを得ない。先述のマセロとパーマーがプロデュース。ワールドミュージックにジャンル分けしたがジャズの香りのするR&Bである。

この曲もイギリスで9位にランクイン。苦戦していたアメリカでも16位を記録し、このアルバムからの一番のヒットとなった。ディランとレゲエ、時期もテーマも異なる2曲のメドレー、いずれのカヴァーも “異種格闘技” という言葉が相応しいような力業ではないか。これがロバート・パーマーという奇才の力量なのである。

アレンジからハードロックに分類したが4曲めの「ドリームズ・トゥ・リメンバー」もオーティス・レディングの曲のカヴァーであった。パーマーの地力ある歌唱はゲイもレディングもものともしなかった。

ロバート・パーマーは元々カヴァーのセンスに定評があった。その実力がチャート面でも如何なく発揮されたのがこの『ドント・エクスプレイン』だったと言えよう。ヒットを連発したお陰かイギリスではアルバムも最高9位を記録し、アメリカでの88位を遥かに上回った。

そしてこのアルバムはパーマーの音楽性の幅広さを存分に味わえるアルバムでもある。この、悪い言葉で言えば “まとまりの無さ” もロバート・パーマーの魅力なのである。この2年後にパーマーが発表した『ライディン・ハイ』は何と全曲ジャズスタンダードだった。以降もマイペースで活動を続け、2003年、54歳の若さで早逝している。



2020.11.14
8
  YouTube / Robert Palmer


  YouTube / Robert Palmer
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
ことえり
厚生年金会館のライブ行けて良かったです
2020/11/14 16:23
1
返信
1965年生まれ
宮木 宣嗣
私も1996年末のザ・パワー・ステーションの日本公演に行くことが出来ました。ロバートソロも結構披露されたのですが、このアルバムからは1曲も歌われませんでした
2020/11/15 10:23
0
カタリベ
1965年生まれ
宮木宣嗣
コラムリスト≫
40
1
9
8
6
スーツの似合うロックミュージシャン、ロバート・パーマーは男の憧れ!
カタリベ / DR.ENO
34
1
9
7
9
距離感はロバート・パーマーから学べ!ブラックミュージックと寄り添うクールな視点
カタリベ / 岡田 浩史
72
1
9
8
5
スーパーバンド「ザ・パワー・ステーション」そのサウンドが画期的だった理由とは?
カタリベ / moe the anvil
45
1
9
8
5
80年代サウンドの発信源!ニューヨークのスタジオ・パワー・ステーション
カタリベ / 中川 肇
30
1
9
8
6
徹頭徹尾の伊達男 — ロバート・パーマー 37歳。男の色気、最高潮!
カタリベ / KARL南澤
32
1
9
8
5
みんなの洋楽ナイト — 解散疑惑に揺れたデュラン・デュラン、1985年のイイ仕事
カタリベ / ソウマ マナブ
Re:minder - リマインダー