7月27日

そもそもクイーンがこんな世界的なバンドになるとはまったく思わなかった

46
1
 
 この日何の日? 
クイーンの「マジック・ツアー」がハンガリーのブダペストで行われた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
ライブの聖地「日本武道館」その目的は自国伝統の武道を普及奨励すること

1980年代【テレビから聞こえてきた音楽 ドラマ編】男女7人夏物語、青が散る…

ケニー・ロギンスは産業ロック?「フットルース」と「デンジャー・ゾーン」

今だから必要なハナ肇とクレージーキャッツ、レッツ・ゴー・クレージー!

大瀧詠一のプロデュース仕事、クレイジーやトニー谷や橋幸夫や小林旭を復刻!

ワン・ラヴ・マンチェスター 音楽は憎しみを越える。必ず越えられる。

もっとみる≫



photo:Metal Hammer  

ミーハーが聴く音楽? 70年代後半に10代女子のハートを奪ったクイーン


2016年に、クイーンの『ハンガリアン・ラプソディ・ライヴ・イン・ブダペスト’86 爆音上映会』をZEPP Diver Cityで観た。クイーン最後のワールドツアーとなった1986年のこのライヴ(日本には1985年に別タイトルのツアーで来たのが最後)、何よりも驚愕したのは衣装のダサさ。特に黄色いスウエットの上下(ラストは昔の小学生男子のような短パンになる)のジョン・ディーコン。40歳のフレディは頑張っているものの、ロジャーもブライアンもラフ。王子様の魔法よいずこ…。

70年代後半に10代女子のハートを奪ったクイーンがそもそもこんな世界的なバンドになるとはまったく思わなかった。当時クイーンはミーハーが聴く音楽で、先輩からは「そんなもん聴く暇があったらツェッペリンかパープルを聴け」と怒られる始末。ミュージックライフ誌は一推ししていたものの、「イギリスのメディアからはしょんべん桶と叩かれている」という記述をはっきり覚えている。

なんなんだしょんべん桶って。グラムの残りかすにハードロックをまぶした前時代の遺物として世界中から酷評されていたらしいが、ベイ・シティ・ローラーズ(BCR)のおかげで洋楽リスナーが多かった日本の中高生女子には熱く迎えられた。と同時にBCRの人気も2年ももたずに終わってしまったので、どうせその程度だろうという空気も漂っていた。

ただただ異様な曲だった「ウィ・ウィル・ロック・ユー」


中1の秋からビートルズ・ファンの名乗りを上げていた私にとってBCRは “バカにしながらこっそり聴くもの”。ビートルズの新曲はもはや望めない。ラジオから流れてくる数々の “新曲” で私をもっともとらえたのはクイーンだった。中2の1月、お年玉で買ってきた『オペラ座の夜』と『華麗なるレース』。リリース順に聴くべく『オペラ座の夜』に針を落とし、1曲目「デス・オン・トゥ・レッグス」のイントロが始まってからA面最後の「シーサイド・ランデヴー」が終わるまでスピーカーの前を一歩も動かなかった。

初めてリアルタイムで買ったアルバムは『世界に捧ぐ』。少なくとも1ヶ月間はこれを聴くことが日課だった。1曲目の「ウィ・ウィル・ロック・ユー」はただただ異様な曲だった。後年スポーツの応援で多用される曲になるなんて、当時の私は絶対に信じない。

部活と受験に阻まれてなかなかライブには行けず、やっと生で見ることができたのは1982年の西武球場。アルバム『ホット・スペース』のツアーだったが、ファンク色の濃いこのアルバムにがっかりしていた私は「あと5年早く生まれていたら…」と歯噛みをした。フレディがバラの花を撒いたのを見て、アリーナ前方で見られるようにならにゃいかん、とも思った。

まごうことなきビッグバンド、1986年のクイーン


1991年11月のフレディの訃報は、何かのライブ終わりに日清パワーステーションで聞いたことをぼんやりと覚えている。享年45。デビュー時は27歳と遅咲きで、今年は生誕75周年。正直言って中学生の頃は「なんでいちばん不細工がボーカルなんだ」と思っていた(これはスピッツの草野マサムネも同意見)。

白いひらひらの衣装に身を包んだ王子様軍団の中で、私はロジャー・テイラーのファンだった。金髪で丸い目のファニーフェイス。ミュージックライフ誌にブロンディのデボラ・ハリーとのキス写真が載ったときは本気でショックを受けた。全員が博士号を持つインテリバンド。暖炉の廃材で作ったギター。No Synthesizer(シンセサイザーは使っていない)のクレジット。

1986年のクイーンはまごうことなきビッグバンドで、その一方では少し虚ろなようにも見えた。私が夢中になったクイーンはそこにいなかった。でも今こうして文字にしていると、やはり疼くものがある。全身で音楽を聴いていた40数年も前の自分に、謝らなければならないことがたくさんあるような気がしてくる。


※2016年9月23日に掲載された記事をアップデート

2021.06.04
46
  Songlink


  Youtube / moviecollectionjp
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1967年生まれ
時の旅人
私も最初にクイーンの映像を見たときに「えっ、この人がボーカル?」という違和感を受けました。同じ違和感をもう1,2グループ感じたんだけど思い出せません。もう年だなあ。
2016/09/23 17:11
3
返信
カタリベ
1962年生まれ
佐々木美夏
コラムリスト≫
85
1
9
8
6
ボン・ジョヴィが勝負を賭けた名盤「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」
カタリベ / 藤澤 一雅
45
1
9
8
2
下町のキッズからオジサンまで、世界中で愛されるクラッシュの稲妻
カタリベ / inassey
26
2
0
1
6
心臓バクバク、カルチャー・クラブ来日公演! 32年ぶりのカマカマ大合唱 ♬
カタリベ / 親王塚 リカ
24
1
9
8
3
ブルースを共有できる盟友、エルトン・ジョンとバーニー・トーピン
カタリベ / 宮井 章裕
30
2
0
2
0
クイーン+アダム・ランバートからのメッセージ “君こそがチャンピオン” 
カタリベ / 宮木 宣嗣
61
1
9
8
5
KYON²「ハートブレイカー」小泉今日子 × 高見沢俊彦が放つ異彩のハードロック!
カタリベ / 中塚 一晶