1月24日

【1984年の革命】伝説の初代マック「Macintosh 128K」アップルコンピュータから発売!

53
0
 
 この日何の日? 
Apple「マッキントッシュ 128K」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
踊るデュラン・デュラン!メンバー全員が大嫌いなミュージックビデオって?

ホラーやスリラーなんて怖くない! マイケルが敢行した “笑い” の啓蒙

旅人の戯言:ゾンビに取り憑かれた男、マイケル・ジャクソン

1984という時代、テッパンの3年間(1984〜1986)の幕開け

ブルーハーツ以前のパンクスター・戸川純に求めたアイデンティティの模索

安田成美「風の谷のナウシカ」後にも先にも皆無に等しい奇跡の制作クレジット

もっとみる≫




リレー連載【1984年の革命】vol.2

アップルコンピュータの伝説のCM「1984」


アメリカの広告史に残る1本のCMがある。

ディストピアを思わせるモノクロームな巨大空間に、1本のチューブ状のトンネル――。その中をスキンヘッドの男たちが機械的に行進している。皆、灰色の囚人服のような装いで、一様に無表情。背後に、何か演説のような声が聞こえる。

そこへ、若い女性アスリートの疾走する姿がカットイン。彼女は、灰色の服の男たちとは対照的に、ブロンドのヘアに白のタンクトップ、赤いハーフパンツと色鮮やか。その手には巨大ハンマーが握られ、背後には追っ手たちが迫る。

灰色の男たちが広い講堂に辿り着く。正面には巨大スクリーン。演説する1人の人物が投影されている。冒頭から聞こえる声の主の正体だ。灰色の男たちは椅子に腰かけ、ただ無表情でスクリーンに見入る。そこへ、先の若い女性が駆け込んでくる。

次第にヒートアップするスクリーン内の演説。まるで、どこかの国の独裁者のようだ。その時、女性アスリートがハンマー投げの要領で回転を始める。追っ手たちが迫る。独裁者のアップ。ハンマーが手から放たれ、スクリーンに飛んでいく。次の瞬間、白い光を放って砕け散る――。

その光と爆風を浴びながら、驚きの表情を見せつつ、身動きしないスキンヘッドの灰色の男たち―― そんな彼らを背景に、明朝体のコピーが画面を覆う。

On January 24th,
(1月24日、)

Apple Computer will introduce
(アップルコンピューターは発表する)

Macintosh.
(―― マッキントッシュを。)

And you'll see why 1984
(そしてあなたは知る。1984年が――)

won't be like “1984”.
(―― 小説『1984』のようにはならないことを。)



アップルコンピュータ(現:アップル)の伝説のCM『1984』である。恐らく、誰もが一度はテレビ番組やYouTubeなどで見たことがあるだろう。それほど有名なCMなのに、アメリカで公式にオンエアされたのは一度切りというのが驚く。

それは、1984年1月22日、米CBSが中継した第18回スーパーボウルのハーフタイムの直後だった。全米で9,000万人が視聴して、放映されるや、問い合わせでCBSとアップルの電話回線がパンクしたらしい。

その日、米3大ネットワークの夕方のニュースは、その奇妙なCM―― 商品を見せず、商品説明もないCMの反響を伝え、全米各地の人々は口々にその感想を語り合った。今日、スーパーボウルのCM枠は高騰を続け、30秒で700万ドル(約9億2,000万円)と言われるが、そのキッカケを作ったのが『1984』である。当時、アップルはCM枠を80万ドルで購入したが、広告代理店の試算によると、その広告効果は500万ドルを下らなかったという。更に、CMは同年のカンヌ国際広告祭のグランプリを受賞した。

CMの世界観は、核戦争後のディストピア


そんな伝説のCMを作ったのは、この2年前に映画『ブレードランナー』を監督した名匠リドリー・スコットである。言うまでもなく、元ネタはジョージ・オーウェルのSF小説『1984』だ。あのCMの世界観は、小説で描かれた核戦争後のディストピアであり、灰色の男たちは、 ”テレスクリーン” なる双方向テレビでその行動を逐一監視され、”ビッグ・ブラザー” に支配された市民である。そう、あのCMで演説していた人物こそ、ビッグ・ブラザーだった。

もちろん、それらは全て比喩である。じゃないと伝説にならない。灰色の男たちの正体は、80年代前半のパーソナルコンピュータ黎明期に、その高価格と難解なインターフェースに悩まされたPCユーザーであり、ディストピアからの解放を図る若い女性アスリートは、PCの民主化を仕掛けるマッキントッシュ自身だった。そして、彼らが倒すべき相手―― ビック・ブラザーとは、当時コンピュータ業界で圧倒的な地位を築いていた巨人「IBM」に他ならない。ちなみに、IBMの愛称は、そのロゴカラーから “ビッグブルー” と呼ばれる。

シンプルで美しいデザイン、市場が大歓迎した初代マッキントッシュ





かくして、CM放映から2日後、アップルから記念すべき “初代マッキントッシュ”――『マッキントッシュ 128K』が発売された。それまで高価格ゆえにビジネス仕様に限られていたPCが、初めて個人でも手が届く2,495ドル(当時のレートで約59万円)に価格が抑えられ、加えて、そのデザインはシンプルで美しく、どこか相棒的なキュートさもあった。市場は大歓迎した。

ヒットの要因はそれだけじゃない。同商品は、初めて “マウス” を採用したのだ。ユーザーは、画面に表示された “ウィンドウ” “メニュー” “アイコン” “ボタン” のグラフィックをマウスで選択すればよく、素人でも直感的に扱えるようになった。そう、今日のパソコンの基本スペックは、この128Kが扉を開けたと言っても過言じゃない。それらの人の視覚や直感に寄り添う操作性を「グラフィカルユーザインタフェース(GUI)」と呼ぶ――。

21歳のスティーブ・ジョブズ、アップルを設立


少々前置きが長くなったが(長すぎる!)、今日、1月24日は、今から40年前の1984年に、パソコンが晴れて “民主化” に至った名機『マッキントッシュ 128K』が登場した記念すべき日にあたる。

話は、少しばかりさかのぼる。

アップルが設立されたのは、1976年4月1日―― カリフォルニア州ロスアルトスである。創業メンバーは21歳のスティーブ・ジョブズと、25歳のスティーブ・ウォズニアック。それにビジネスの指導をしてもらいたいと、ジョブズが引き入れた20も年が離れたロナルド・ウェインの3人だった。オフィスは、ジョブズの実家のガレージに置かれた。

社名の『アップル』は、ジョブズ自身が命名した。後に彼は「当時、自分は果食主義者で、リンゴが完璧な食品だと考えていた」と述懐するが、一方、その名前を最初に聞かされたウォズニアックは、音楽を嗜好するジョブズゆえにビートルズのアップル・レコードから引用したのでは―― と思い、「ビートルズと同名だと、訴訟沙汰にならないか?」と問い返したという。ジョブズは一笑に付した。だが、後にアップルは本当にアップル・レコードと商標を巡って裁判で争いになり、和解金8万ドルを支払った。

ジョブズがアップルを設立した目的は、ウォズニアックが趣味で自作したマイクロコンピュータ『AppleⅠ』を販売するためだった。それは、プロセッサーとメモリを搭載しただけのマザーボード。マニア向けのキットで、客は自分でケースに入れ、キーボードとディスプレイを別に用意する必要があった。ウォズニアックはビジネスに興味は無かったが、自分が新しいコンピュータを創ることには興味があり、ジョブズの誘いに乗った。

世界一不運な男、ロナルド・ウェイン


そんな2人の運命の出会いは、同社の設立からさかのぼること5年前の1971年の夏だった。16歳のジョブズは、友人からウォズニアックを紹介され、2人はすぐに意気投合した。通称 “ウォズ” は6歳でアマチュア無線の免許を取り、アマチュア無線機を自作。13歳の時にはトランジスタを組み合わせて二進加減算機を作り、科学コンクールで優勝した天才だった。友人らは、そんな彼を “ウォズの魔法使い” と呼んだ。

アップル設立から12日後、創業者の1人、ロナルド・ウェインは、ジョブズの野心的な経営方針に不安を抱き、アップルの株式10%の持ち株を800ドルで精算して、会社を去った。彼が残したのは、ニュートンがリンゴの木の下で読書する、アップルの初代ロゴを描いた紙きれ一枚だった。もし、株を手放さずに持ち続けていたら、670億ドル(7兆5,710億円)になっていたことから、ウェインは “世界一不運な男” と呼ばれる。



ターゲットをマニアから一般ユーザーに移した「Apple II」


『AppleⅠ』は、ゾロ目好きなウォズニアックの意向から666ドルに価格が設定され、マニアの間では評判がよかった。最終的に200台ほどが製造されたが、ジョブズは、次のモデルはターゲットをマニアから、これから飛躍的に増えるであろう一般ユーザーに移したいと、相棒に伝えた。そして完成したのが『AppleⅡ』だった。同機は、むき出しの『AppleⅠ』と異なり、基板やキーボード、電源装置などが一体化されたパッケージ商品。ディスプレイを接続すれば、すぐに使えた。翌77年6月に発売すると―― ジョブズの狙い通り、大ヒット。アップルの名は一躍世間に知れ渡り、同社に莫大な利益をもたらした。

それに先駆け、ジョブズはレジス・マッケンナ社のアートディレクター、ロブ・ジャノフに、アップルの新しいロゴマークのデザインを依頼した。先のウェインが描いたものはどうにも古臭かったからだ。そして、上がってきたモノクロのアイデアを見たジョブズは大きく頷いた。ただ1点、間もなく発売される『AppleⅡ』のカラー出力を印象づけるために、複数のカラーを入れてほしいとリクエストした。かくして、あの6色の横縞のリンゴマークが完成する。それは、“ビッグブルー” と称される、単色ロゴの巨人『IBM』を意識したものだった。



シンプルなデザインで、誰もが直感的に扱える大衆的なパソコン「Macintosh 128K」


1979年、ジョブズは10万株のアップル株を破格の安値で譲ることを条件に、情報デザインの権威―― パロアルト研究所(PARC)の見学を許される。同社は、レーザープリンターやマウス、イーサネットなどの開発で世界的に知られる研究所だった。ジョブズはこの見学を通じて、コンピュータの未来はGUI(グラフィカルユーザインターフェース)が握ると確信する。彼は、次なる目標を “シンプルなデザインで、誰もが直感的に扱える大衆的なパソコン” に置いた。

1983年、アップルは組織としての更なる飛躍を狙って、ジョン・スカリーを新たなCEOに迎える。彼はペプシコーラの社長だったが、ジョブズが彼を引き抜く時に発した台詞は、今や伝説となっている。「このまま砂糖水を売って過ごしたいのか? それとも私と一緒に世界を変えたいのか?」

そして―― 迎えた1984年1月24日、ジョブズの思いが込められた『Macintosh 128K』が発売された。それは、徹底した低価格、シンプルで美しいデザイン、そして念願の “グラフィカルユーザインタフェース(GUI)”―― 誰もが直感的に扱える操作性を備え、全く新しいブランド名「マッキントッシュ」が与えられた。新商品は先のCM同様、世間に大きなインパクトを与え、空前の大ヒットを記録した。巨人IBMの背中は、すぐそこに見えるまでに近づいていた。

だが、そんなジョブズがたった1つだけ見落としていたことがあった。奇しくも、同じ1955年生まれのライバル、ビル・ゲイツである。彼の起こしたマイクロソフト社はその時期、GUIを備えた全く新しいOSの開発を進めていた――『Windows』である。

1985年9月、ジョブズは自ら招いたスカリーとの権力闘争に敗れ、アップルを去る。その2ヶ月後の同年11月、マイクロソフトから初代『Windows』が発売される。後に、その革新的なOSは、アップルにとって新たな巨人―― ビッグ・ブラザーとして立ちはだかる。

ビッグ・ブラザーは2人いたのである。

▶ マッキントッシュに関連するコラム一覧はこちら!



2024.01.24
53
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
27
1
9
8
4
吹田明日香のライク・ア・ヴァージンと1984年というカオス
カタリベ / 太田 秀樹
38
1
9
7
8
ゲームミュージックの時代【1】アーケードゲームの普及と黎明期のピコピコサウンド
カタリベ / 前田 祥丈
70
1
9
8
4
1984という時代、テッパンの3年間(1984〜1986)の幕開け
カタリベ / 太田 秀樹