10月9日

憧れの渋谷スクランブル交差点!ハーフポテトな俺たちとレベッカの関係

48
2
 
 この日何の日? 
日本テレビ系ドラマ「ハーフポテトな俺たち」の放送がスタートした日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
キャプテンレコード第1弾【ザ・ウィラード】新宿駅前フリーライブに8,000人が集結!

まさに職人気質!ソロ活動を超越したマイク&ザ・メカニックス

笑福亭鶴光のオールナイトニッポン、日髙のり子に「ええか~ ええのんか~ 最高か~」

中森明菜「ソリチュード」マツコが “ファンにとっての踏み絵” と評した問題作!

嗚呼!武道館、ミュージシャンにとってやはりそこは特別な場所

北斗の拳「愛をとりもどせ!!」ユアッシャーと叫ばずにはいられない!

もっとみる≫



photo:SonyMusic  

その当時、東京の大学に進学が決まっていた俺は、来るべき人生の一大転換期に備え “POPEYE” や “fine” を読み漁り、都会人マインドの注入を開始していた。そんなある日、何気なくテレビを付けると、なんと!噂に聞いた「渋谷スクランブル交差点の空撮シーン」が目に飛び込んで来た。

なっ、なんだコレは!!
シ、シブヤではないか!!

それは、連ドラのオープニングだった。タイトルは「ハーフポテトな俺たち」。

主演は中山秀征。湯江健幸、柳沢慎吾、香坂みゆき、今井美樹、河合美智子らが名を連ねる青春ドラマで、北海道生まれの俺には驚きのタイトルだったが、一番印象に残ったのは一緒に流れてきたレベッカのポップでキャッチ―なメロディーだった。

オープニングは4枚目のシングル「ガールズ ブラボー!」、挿入歌には「Maybe Tomorrow」、エンディングテーマ には「フレンズ」と、今思えばレベッカを代表する曲のオンパレードだった。このドラマをきっかけにレベッカは大ブレイクを果たし、国民的バンドに成長していった。

毎週欠かさずドラマを見ていた俺は、上京初日、渋谷スクランブル交差点に向かったのは言うまでもない。。。

2016.03.04
48
  YouTube / WALLEM
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
パックンチョ。
コラムリスト≫
45
1
9
8
9
始めに言葉ありき? NOKKOが撮影現場で発した叫び
カタリベ /  ポリ
75
1
9
8
8
レベッカの「フレンズ」と「MOON」NOKKOも描いた母娘の確執
カタリベ / 上村 彰子
31
1
9
8
5
尾崎豊とNOKKOが綴った地下鉄の風景!2人には失われた30年が見えていたのか?
カタリベ / 古木 秀典
102
1
9
8
4
時代を切り拓いた!80年代ニッポンの女性ロックボーカリスト10選
カタリベ / 長井 英治
32
1
9
8
5
十代限定の理想郷、レベッカの「76th Star」と 原宿チャオバンビーナ
カタリベ / 本田 隆
37
1
9
8
6
男心をズキュンと撃った、デビュー間もない今井美樹の “本気だったの”
カタリベ / 藤本 真