2023年 4月8日

ボーカリスト香坂みゆきの魅力を堪能【最新ライブレポ】60歳からの新しいスタート!

82
0
 
 この日何の日? 
香坂みゆきのライブ「香坂みゆき SWEET 60TH ANNIVERSARY LIVE」が目黒BLUES ALLEY JAPANで行われた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2023年のコラム 
歌姫 ホイットニー・ヒューストンを大歌手に導いた《裏の立役者》って誰?

伝説の仕掛け人《川添象郎》の軌跡!ユーミン、YMO、青山テルマもプロデュース

bayfm のラジオ「Wave Re:minder」と Spotify「⻩金の6年間」シーズン2がスタート!

谷原章介も狂喜乱舞!デビュー40年のメタリカがメタリカであり続ける奇跡

驚異の現役感!エリック・クラプトンはなぜ日本武道館で100回も公演ができるのか?

祝 来日公演!この際だから《ドゥービー・ブラザーズ》栄光の歴史を振り返ってみよう

もっとみる≫




31年ぶりに本格的に歌手活動を再開した香坂みゆき


2022年、歌手デビュー45周年を記念して本格的に歌手活動を再開した香坂みゆき。新曲「かもめはかもめ / 虹のひと部屋」、ポリドール時代の9枚のオリジナルアルバム、フォーライフ時代のカバーアルバム3枚、オリジナルアルバム2枚が配信され、ヴォーカリスト・香坂みゆきへの評価がじわじわと高まっている。

そんな香坂みゆきは今年の2月に還暦を迎え、記念ライブ『香坂みゆき SWEET 60TH ANNIVERSARY LIVE』が、4月8日(土)目黒のBLUES ALLEY JAPANで開催された。当日はあいにくの雨模様であったが、還暦祝いのライブということもあり、会場の入り口は赤を中心とした華やかな祝い花で彩られていた。

この日のために作られたスペシャル・ドリンクも「いちごレモネードで作る SWEET 60TH ANNIVERSARY」という赤いカクテル、会場に集まった多くのファンも、赤いものを身に着けて参加するという徹底ぶりであった。

新曲として発表された「かもめはかもめ」からスタート


第1部からフルバンドとコーラスが登場。メンバーは、長谷部徹(Ds)、川嶋一久(B)、森本隆寛(G)、今井隼(Key)、森真帆(Cho)という実力派のミュージシャンがしっかりとバックを支えた。バンドがステージにあがると、ノースリーブの真っ赤なドレスで香坂みゆきが登場。1曲目は昨年、31年ぶりに新曲として発表された「かもめはかもめ」からスタート。

バンドを従えたライブは約30年ぶりになるが、ブランクを全く感じさせない歌声は健在だ。今回、歌われた楽曲は昨年発表された2曲の新曲以外は、80年代に発表されたオリジナル曲からセレクトされており、“ボーカリスト・香坂みゆき” の世界を堪能できる大人のライブであった。



2曲目からは3曲連続でフォーライフ時代の2枚のアルバム『ヌーヴェルアドレッセ』『La Vie Naturelle』からセレクト。「夏の夜は三たび微笑む」「Empty Pool」「夜の終わりに」は当時、作詞家・吉元由美と香坂が女性同士のミーティングを重ねた末に制作された思い入れの強い作品であり、客席にいた吉元由美も紹介された。

1983年のアルバム『Selfish』のタイトルナンバーに続き、1984年の大ヒット曲「ニュアンスしましょ」のイントロが流れ出すと、客席からどよめきのような歓声があがった。

そして、1980年のシングル「KIRARI」のあとは自撮りによる撮影大会が始まり、客席もリラックスムードに。1984年のアルバム『Jet Rag』に収録の「つま先でハートブレイク」で一部のステージは終了した。

2部では客席の山崎ハコを紹介する一幕が


2部は、白いコサージュをつけた黒のノースリーブと白のロングのレイヤースカートに衣裳替えをした香坂みゆきが登場。1981年にスマッシュヒットになった山崎ハコのカバー曲「気分を変えて」と、山崎ハコの提供曲「アバンチュール」を2曲連続で披露。客席の山崎ハコを紹介する一幕があったが、何と対面するのがこの日が初めてだとか。約40年の時を経た感動の対面であった。

香坂みゆきが作詞を手がけた「Magic」、1983年に発売された水越恵子のカヴァー曲「東京が好き」と続き、香坂の楽曲には欠かせない伊藤薫作品「Sail On」では、レンジの広い曲ながらみごと歌い上げるボーカリスト・香坂みゆきの姿が印象的だった。

2部の最後はフォーライフ時代の楽曲「Just You Just Me」「It’s Got To Be Love」で締められたが、2枚のアルバム『ヌーヴェルアドレッセ』『La Vie Naturelle』への思い入れの強さを感じさせる選曲であった。



バンドとの一体感が素晴らしいステージ


アンコールは1982年のシングル「レイラ」。この曲は、香坂のボーカリストとしての転機になった重要な1曲であり、みごとに歌い切った彼女へ観客は惜しみない拍手を送っていた。最後は、昨年新曲として発表された石川セリのカバー曲「虹のひと部屋」で記念すべき還暦ライブは幕を閉じた。

バンドを従えたライブが約30年ぶりとは思えないほど、バンドとの一体感が素晴らしいステージであったが、デビュー当時から歌唱力には定評のあった彼女の艶のある歌声はまったく衰えることはなかった。

昨年デビュー45周年を記念し、YouTubeやInstagramを開設し積極的に活動をしてきた1年だったが、今後もシンガーとして活動していく決意を感じられる素晴らしいライブであった。

今回、約5年ぶりのライブ開催となったが、チケットは発売直後に完売しており、早くも5月12日(金)には追加公演が決定している。こちらもすでにチケットは完売しているが、生配信も決定しているのでこの機会に是非、香坂みゆきの素晴らしい歌声を多くの方に堪能していただきたい。


■ 編集部よりお知らせ
香坂みゆき ライブ【追加公演】
SWEET 60TH ANNIVERSARY LIVE
日時:5月12日(金)
開場:18:00 / 開演19:00(2ステージ)
場所:目黒Blues Alley Japan

▶ 香坂みゆきのコラム一覧はこちら!



2023.04.18
82
  Songlink


  Songlink


  YouTube / RIKACO LIFE
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
長井英治
コラムリスト≫
89
1
9
8
1
仕掛け人・萩本欽一と「ハイスクールララバイ」視聴率100%男の真実
カタリベ / 指南役
52
1
9
8
4
香坂みゆきインタビュー ② 大貫妙子 × EPO の資生堂CMソング「ニュアンスしましょ」
カタリベ / 長井 英治
55
1
9
8
1
松本伊代はいつまで「センチメンタル・ジャーニー」を歌えるだろうか?
カタリベ / 彩
18
1
9
8
4
80年代カラオケの実情:意外なアイドル、香坂みゆきの歌うフワフワ感
カタリベ / 小山 眞史
55
1
9
9
1
香坂みゆきインタビュー ③ 早過ぎたカバーアルバム「CANTOS」と31年ぶりの新曲!
カタリベ / 長井 英治
66
2
0
2
3
香坂みゆきの魅力!80年代の女子はどんなことを考え、どんな恋愛をしていたのか?
カタリベ / 長井 英治