11月16日

バブル期に咲いた二輪の花、Wink「愛が止まらない」と80年代洋楽カヴァーブーム

25
1
 
 この日何の日? 
Winkのサードシングル「愛が止まらない」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
待つ女性から会いに行く女性へ「クリスマス・エクスプレス」に見るすれ違いの日々

時間という試練に耐え抜くマスターピース、山下達郎の「クリスマス・イブ」

ペット・ショップ・ボーイズ、ニール・テナントの自己実現の軌跡

無理、どっちか一人を選ぶなんて無理。Wink の登場と愛が止まらない

中島みゆき「グッバイガール」時代に媚びを売らない国民的カウンターミュージック

昭和平成をまたぐヒット、ポーラ・アブドゥルとデヴィッド・フィンチャー

もっとみる≫




Wink「愛が止まらない」オリジナルはカイリー・ミノーグ


当時のナンバーワンアイドル、南野陽子の主演ドラマ『追いかけたいの!』が1988年10月26日にフジテレビでスタートした。ナンノはスポーツ新聞の新米記者に扮し、相手役は野村宏伸。宮沢りえの連続ドラマ初出演作品でもあった。

その主題歌としてヒットしたのが、Winkの「愛が止まらない ~Turn it into love~」である。11月16日に発売された後、徐々に売上げを伸ばし、年が替わって1989年2月13日付のオリコンでは、ついに1位を獲得するまでの大ヒットを記録した。よく見られた初登場1位から失速してゆくパターンとは異なる、アイドルとしては珍しいチャートアクションだったといえる。

オリジナルはオーストラリアのシンガーソングライター、カイリー・ミノーグ。及川眠子が日本語詞を書き、船山基紀がアレンジを施している。Wink盤のリリースから1ヶ月後にはカイリー・ミノーグ盤も日本独自でシングル・リリースされて共にヒットした。

無表情の笑わないアイドル、サードシングルで本格的ブレイク


Winkは同年4月にルベッツのカヴァー曲「Sugar Baby Love」でデビューしており、やはり南野陽子主演のドラマ『熱っぽいの!』の主題歌としてスマッシュヒットさせていた。

セカンドシングルのオリジナル曲「アマリリス」はそれほど揮わなかったものの、3枚目の「愛が止まらない」で本格的なブレイクに至ったのだった。さらに次作「涙を見せないで」もナンバーワンヒットとなり、5枚目のシングル「淋しい熱帯魚」ではレコード大賞を獲得してトップアイドルとして君臨する。

無表情で歌い “笑わないアイドル” などと言われたが、従来のアイドルらしくないクールさを前面に押し出したその戦略が功を奏したといえるだろう。後に本人たちは「完全に作られたキャラクターだった」と語っている。そこへ無機質な印象を与えるユーロビートのアレンジを鮮やかに填め込んだ船山の功績は大きい。

Winkのカヴァーに連なる伏線、BaBe「Give Me Up」


このカヴァーにはさらなる伏線があり、前年の1987年にフジテレビで放映された斉藤由貴主演のドラマ『あまえないでョ!』の主題歌に起用された新人デュオ・BaBeのデビュー曲「Give Me Up」がヒットしたことにもよる。

こちらのオリジナルはマイケル・フォーチュナティ。Winkがカヴァー曲で再びドラマ主題歌に起用されたのは、BaBeの成功を踏まえてのことでユーロビートも継承された。ちなみにBaBe「Give Me Up」の日本語詞は、Wink「Sugar Baby Love」と「アマリリス」の日本語詞と作詞を手がけた森雪之丞によるもの。

WinkやBaBe以外にも、この時期は外国曲のカヴァーがドラマ主題歌に起用されるケースが極めて多かった。

80年代洋楽カヴァーブームのきっかけ、それは大映ドラマ


木曜8時枠の『熱っぽいの!』の前番組だった『ときめきざかり』の主題歌はKAYOCO「TOY BOY」でシニータのカヴァー。そして『追いかけたいの!』が放映された水曜8時枠はそれまで大映ドラマの枠で、前番組の『ザ・スクールコップ』の主題歌は長山洋子「ロンリーグッドナイト」だった。

同枠ではほかにも、『スタア誕生』の葛城ユキ「ハートブレイカー」、『ヤヌスの鏡』の椎名恵「今夜はANGEL」、『花嫁衣裳は誰が着る』の椎名恵「愛は眠らない」などカヴァー曲の主題歌が連なっている。

大映ドラマはそれ以前からTBSでも展開されており、遡れば1983年の『スチュワーデス物語』の主題歌となった麻倉未稀「ホワット・ア・フィーリング」を皮切りに、『不良少女とよばれて』のMIE「NEVER」、『スクール☆ウォーズ』の麻倉未稀「ヒーロー」など、80年代洋楽カヴァーブームのきっかけを作ったと言っても過言ではない。

その流れもあってトレンディドラマ時代前夜の『男女7人夏物語』の石井明美「CHA-CHA-CHA」、『男女7人秋物語』の森川由加里「SHOW ME」の大ヒットへと繋がるわけで、バブル時代を彩ったユーロビートの流行に重なる。さらには90年代のパラパラ・ブームへと通ずるのだが、それはまた別の話。バブル期に咲いた可憐な二輪の花、Winkはもはや伝説のアイドルとなっている。



2020.11.16
25
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
鈴木啓之
コラムリスト≫
26
1
9
8
9
80年代最後を飾る大物アイドル、Winkとタクシー券と僕のバブル初体験
カタリベ / 本田 隆
15
1
9
8
8
無理、どっちか一人を選ぶなんて無理。Wink の登場と愛が止まらない
カタリベ / 時の旅人
12
1
9
8
5
邦楽ユーロビートの先駆け! 荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」の真実
カタリベ / 本田 隆
30
1
9
8
6
ヴィーナスを聴きながら、長山洋子「トリプルヨーコ同窓会」の夜
カタリベ / 鎌倉屋 武士
14
1
9
8
6
カバーの女王「椎名恵」さしづめ彼女はシンガーソングトランスレーター
カタリベ / goo_chan
32
2
0
1
9
アレンジャー船山基紀、その楽曲は日本人にとっての味噌汁だ!
カタリベ / ケモノディスク 中村
Re:minder - リマインダー