2020年 2月15日

マーク・アーモンドは人たらし?ビルボード東京でのライブ観戦記

12
0
 
 この日何の日? 
マーク・アーモンドの来日公演がビルボードライブ東京で開催された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2020年のコラム 
歌手活動40周年、薬師丸ひろ子の “これまで、現在、そしてこれから” 

世代をつなぐキラーチューン、いま「オドレル J-POP」が熱い!

bayfm「9の音粋」真剣邦楽選曲SHOWでラジオの “粋” を楽しもう!

緊急企画!新橋の音楽BAR「Re:minder stand RADIO」復活へのご支援を!

クイーン+アダム・ランバートからのメッセージ “君こそがチャンピオン” 

次回のテーマは筒美京平、いま Re:minder のオンライン・プレゼンショーが話題沸騰!

もっとみる≫




マーク・アーモンド、ビルボードライブ東京での来日公演


行ってきましたビルボードライブ東京!マーク・アーモンドに会いにです!! とっても素敵なショーだったのでご報告させてくださいっ!!!

ソフト・セル? マーク・アンド・マンバス? 皆さんがパッと思い浮かぶ彼のイメージってなんでしょうか?

ナマの彼を見るのは初めて。学生時代のイメージではありますが、勝手に、“マーク・アーモンド=退廃的” “ソドムとゴモラに住んでいそう” “でも、そこがかっこいい!” なんて思ってました。中学生の頃なんて、そんなに情報を持ってないから、レコード屋さんとかでジャケット見てイメージするしかないんですよね。

マジ天使、まるでエデンの園に住んでる小鹿!


で、実際にお会いした結果… マーク・アーモンド、マジ天使でした!学生の頃のイメージが根底から覆されました!!

何だか、エデンの園に住んでる小鹿っぽく、どんな動作もつま先から降りるような優雅さで、そして、自分のことも大好きだけど、同じくらい歌とそしてファンの方を愛してらっしゃる。それがよくわかりました。うーん、今のマークの方が昔よりずっとかっこいいです。

ああ、私ったら… もっとマーク・アーモンドを深く追い続けているんだった… 実にもったいないことをしました。もちろん、歌も、すべての曲、どれもが素晴らしかったです。青年のように瑞々しかったり、大御所の歌謡曲のように貫禄があったり。歌が上手ってこうゆうことなんですねぇ。

いま私、マークと目があった!手を振ってくれた!!


ビルボード東京の1階は彼を本当に待ちかねていたファンの方達でいっぱい!途中、握手タイム(?)を開催。自らステージギリギリのところまで来てくれて、走り寄るファンの方と握手したり、お花やプレゼントを受け取ったりなんかして。受け取り方もとっても大事に、嬉しそうに受け取る姿… そこに人柄が表れててとっても微笑ましかったです。もうね、見ていてニコニコしちゃうくらい、ハッピーにしてくれました。

もちろん、彼は、1階の観客だけじゃなくて、ホールにいるすべての観客に目を配って手を振ってくれて。「いま私、マークと目があった!手を振ってくれた!!」って思いましたが、きっと、全員にそう思わせるくらい気遣いしてたに違いないと思ってます。

そういえば、ファンの方でピンクのフラミンゴのぬいぐるみをプレゼントされた方がいて、「ああっ!さすが!! ずっーーーと追い続けている方はやっぱり違う!」って感服しちゃいました。マークもとっても嬉しそうで、フラミンゴちゃんを抱っこして歌い、ピアノの上に座らせてフラミンゴちゃんに歌いかけたりして… マークもフラミンゴちゃんもとっても可愛かった!私の記憶の中のお宝映像となりましたよ。

ピンクのフラミンゴといえば、ソフト・セル時代の曲の一節


ピンクのフラミンゴといえば、ソフト・セルの『セイ・ハロー、ウェーブ・グッドバイ』の出だしの一節ですね。

 Standing in the door of the Pink Flamingo Crying in the rain

ピンク・フラミンゴって名前のお店なんて、お洒落!って当時は思ってました。80年代の小洒落たグラフィックにはフラミンゴが良く使われてましたもんね。この出だしで「外国っぽいわぁ」とハートを掴まれた中学生の私です。

タイトル通り「ハローって言って、手を振ってさよならしよう」っていうお別れの曲です。笑って、軽く “じゃあねバイバイ” って別れる感じ。中学生の頃はわからなかったけど、改めて聴くとこれ、相手への気遣いゆえのお別れソングなのかも… って、ちょっと泣けました。演歌なエレポップも似合うマーク。

マーク・アーモンドは人たらし、才能だけでなく人柄に惹かれちゃう!


ところで、マーク・アーモンド、随所に人柄の良さが滲みててました。こんなご時世に日本に来てくれたことはもちろんですが、ギターは、みんな大好きジグ・ジグ・スパトニックのギタリスト、ニールXだったんです。「みんな、この曲大好きでしょ」って言って、ニールXのヴォーカルで「ラヴ・ミサイル」を披露。

その時にマークは自分のショーなのにそっと外れてキーボードにもたれかかり、ニールと観客の顔を交互にみて嬉しそうにしていたのが印象的。長く一緒にやっているニールのことも、この曲も、この曲で盛り上がるファンのことも、とにかく大好きでしょうがないって感。音楽も良かったのですが、同じくらいマーク本人のことも思いっきり堪能できた素晴らしいショーだったのです。

マーク・アーモンドは「人たらし」なんだと思うってうまいこと言った人がいたけど、本当、その通りで、彼と一緒にやりたいって人は後を絶たないんだろうなぁ…。才能も、もちろんだけど、それを覆い尽くす彼の人柄にも惹かれちゃうんでしょうね。だからこその、2018年の大英帝国勲章の受賞につながっているんだろうなぁって思い知らされました。ちなみに、私は、マーク・アーモンドを追っていなかったので、リアルタイムでこの受賞を知らず、今更ながら知ったのです… 本当に残念、一緒に受賞を喜びたかったなぁ…。

2020.02.29
12
  YouTube / Soft Cell


  YouTube / Soft Cell
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
ユリンベ
コラムリスト≫
60
1
9
7
7
ドナ・サマーの功績、EDM の視点から見たクィーン・オブ・ディスコ
カタリベ / goo_chan
17
1
9
9
5
コムデギャルソンの “Chic Punk” とキアヌ・リーヴスのバンド、ドッグスター
カタリベ / ロニー田中
117
1
9
8
3
村下孝蔵「初恋」には誰が聴いても自分の初恋を歌った曲に聞こえる魔法がかかっている
カタリベ / さにー
46
1
9
8
3
日本の音楽シーンを支える企業「ヤマハ」について考える ー 機器篇
カタリベ / goo_chan
36
1
9
8
3
色褪せない村下孝蔵の魅力、日本的情緒の裏に潜んでいる洋楽的センス
カタリベ / 前田 祥丈
37
1
9
8
0
テクノに大胆アプローチ! 宅録アルバム「マッカートニーⅡ」のブッ飛んだ魅力
カタリベ / 宮木 宣嗣