10月6日

【80年代アニソンの魅力】キャラ設定はルパン三世「銀河旋風ブライガー」は宇宙の仕事人

42
1
 
 この日何の日? 
テレビ東京系アニメ「銀河旋風ブライガー」放送開始日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1981年のコラム 
80年代に大活躍したおばあちゃん女優!菅井きんや初井言榮は当時何歳?

ベルリンの前衛音楽グループ、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン

江口寿史「ストップ!! ひばりくん!」ファンを魅了し続ける無敵のギャグ漫画

ジャーニー、30年の月日を経てやっと許せた「産業ロック」

川原伸司インタビュー ③ 稀代のプロデューサーが目撃した松田聖子と中森明菜

山口百恵の引退と松田聖子の進化、昭和歌謡から J-POP 黎明期へ

もっとみる≫




リレー連載【80年代アニメソング総選挙】vol.3

ロボットアニメ史上に燦然と輝く「銀河旋風ブライガー」の主題歌


“銀河旋風” “銀河烈風” “銀河疾風” …。これらの4文字に思わず心躍った方は間違いなく同志である。1981年より国際映画社で製作された『銀河疾風ブライガー』、’82年第2作『銀河烈風バクシンガー、’83年第3作『銀河疾風サスライガー』の通称 “J9シリーズ” を覚えておいでの方々だからである。ちなみに “J9” とは、この3作品に共通して登場するチーム名だ。各々作品内キャラクターは全くの別物だが、初作の人気・イメージを踏襲し、この三作はJ9シリーズと呼ばれる。

『宇宙戦艦ヤマト』が開拓し、『機動戦士ガンダム』が育てたSFアニメをさらに一歩進め、主役ロボを操縦する主人公を『コン・バトラーⅤ』『ガンダム』『ダンガードA』などにみられる “正義感に燃える少年” から、「情け無用!」を合言葉に報酬の対価として悪党どもを叩く “ひと癖もふた癖もあるその筋のプロフェッショナルたち” に設定。ロボットアニメ・ファン層の新たな獲得にひと役買った。

 夜空の星が輝くかげで
 ワルの笑いがこだまする
 星から星に泣く人の涙背負って宇宙の始末
 銀河旋風ブライガー
 お呼びとあれば即参上

ハッタリの効いたイントロと渋いナレーションで始まる、たいらいさおが歌う同名主題歌は、伝説のアニメーター金田伊功作画のオープニングと相まってロボットアニメ史上に燦然と輝く格好良さだ。



宇宙を舞台にした必殺仕事人


「ロックアルバムを聴いたような気分になれるアニメを」

ーー とは監督の四辻たかおの言葉だが、作詞・作曲は『燃えよドラゴンズ』や『タイムボカンシリーズ』などですでに実績のあった山本正之。そして「ブルーライト・ヨコハマ」「喝采」などで実力は折り紙付きの高田弘が編曲を担当した。

ルパン三世を下敷きにしたハイティーン・キャラ設定に、内容は “宇宙を舞台にした必殺仕事人”。これらが山本正之の書いたロックンロールに見事融合。そして塩沢兼人、森功至、麻上洋子、曽我部和行といった豪華声優陣。主人公のブラスターキッドがガンマンなのにダブルネックのギターを抱え、画面に向かってピックを弾き飛ばしてみせるクールな画。主題歌も挿入歌もキャラクターも当時のティーンエイジャー、特に女性アニメファンから熱い支持を受けた。

エレキギターの響きで始まる男性ツインボーカル


当時高校生だった私は、アニメ雑誌に載ったJ9コスプレイヤーたち(コスプレショップなど存在しなかったので当然皆さんの手作り)、それも男性キャラを演じる女性レイヤーたちが多かったのをよく覚えている。人気のほどはロマンアルバムと呼ばれる設定資料集や後日談の小説、オリジナルサウンドトラックのLPも複数枚発売されたことからも伺える。アニメ仲間の中にはこの “アニメ主題歌のロックンロール” にしびれまくり、コピーバンドを結成した猛者も居たほどだ。



1982年には『ブライガー』の人気を受けての続編『バクシンガー』が始まるが、物語はブライガーから600年後の設定で、オープニング冒頭のナレーションが「J9って知ってるかい?昔太陽系で粋に暴れ回ってたって言うぜ…」と何とも前時代的だが、こちらの主題歌もエレキギターの響きで始まる男性ツインボーカルの超ロックンロールだ。

主題歌は番組タイトルを連呼するなど '70年代ロボットアニメのセオリーはしっかりと踏襲しつつ、それでいて軽快な8ビート。『マクロス7』より遥か10年以上前に、ロボットアニメとロックナンバーが融合した初体験に心揺さぶられた自分は幸せだったと今も思う。

80年代アニメソング総選挙!ザ☆ベスト100

▶ 漫画・アニメのコラム一覧はこちら!



2024.02.17
42
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1968年生まれ
EMI
私たち、ファンの気持ちをそのまま代弁してくれている様な記事をありがとうございます。当時、夢中になって見ていました。

初めに惹かれたのは、やはり、格好良い主題歌でしたね。とくにエレキギターの音源が「格好良い!」と感じました。
でも、楽器の演奏が苦手だったので「自分で弾いてみたい」とは思わなかったです。
しかし、ついに数年前からエレキギターを習い始めました。いつか主題歌を弾けるようになりたいです。
2024/03/10 19:43
1
返信
カタリベ
1963年生まれ
ナカシマ ヒデキ
コラムリスト≫
64
1
9
8
3
みゆき、タッチ、陽あたり良好!【80年代アニメソング総選挙】あだち充の時代がやってきた
カタリベ / 指南役
38
1
9
8
2
【80年代アニメソング総選挙】クラブDJが再発見!アニソンの “レア・グルーヴ” に要注目
カタリベ / DJフクタケ
84
1
9
8
1
【80年代アニソンの魅力】少年ジャンプのアニメ主題歌で再評価されるべき5人の偉業!
カタリベ / ミゾロギ・ ダイスケ
52
1
9
8
7
結果発表【80年代アニメソング総選挙】その頂点は TM NETWORK「Get Wild」に決定!
カタリベ / Re:minder 編集部
42
1
9
8
3
CAT'S EYE だけじゃない!【80年代アニメソング総選挙】あなたの1票で歴史が変わる!
カタリベ / 馬飼野 元宏
55
1
9
8
7
【80年代アニソンの魅力】エモいアニメ「きまぐれオレンジ☆ロード」とシティポップ
カタリベ / 長井 英治