1月19日

稀代の作曲家・服部克久「ザ・ベストテンのテーマ」には元ネタがあった!

51
0
 
 この日何の日? 
TBSの音楽番組「ザ・ベストテン」の放送が始まった日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1978年のコラム 
平尾昌晃&畑中葉子「カナダからの手紙」は元祖ソーシャルディスタンス・デュエット!

デボラ・ハリー率いるブロンディ “伝説の初来日公演” なんと動員は…

前時代の歌番組を葬った「ザ・ベストテン」それは黄金の6年間が幕開けた瞬間!

令和の10代に伝えたい!伝説の音楽番組「ザ・ベストテン」謎演出ランキング

ビリー・ジョエルと妻エリザベス「素顔のままで」の愛憎エピソード

鉄道ソングに駄作なし!山口百恵「乙女座 宮」♪ 銀河大陸横断鉄道~

もっとみる≫




尺をとって流れた、昭和の時代のオープニング曲


子供のころ、テレビ番組の “オープニング” を録音するのが趣味だった。

アラフィフ以上の世代なら、昭和の時代、テレビの前にテープレコーダーを置いて、お目当てのテレビ番組を “録音” した経験は誰しもあるだろう。まだ、家庭用ビデオデッキが普及する前の話である。当時はレコーダーのマイクをテレビに向けて、スピーカーから直接音を拾っていたので、大抵、録音中に家族の誰かの声が入ったり、生活雑音が紛れ込むのが常だった。

当時、僕が好んで録音したのは、ドラマの主題歌よりも、比較的バラエティやドキュメンタリー等のオープニングが多かった。いつからか、テレビ番組は視聴率対策(オープニングが流れると毎分視聴率が落ちるそーな)から、スッと始まってタイトルだけ見せるフォーマットが主流になったけど、昭和の時代はちゃんと尺をとって、オープニングの曲が流れた。大抵、インストゥルメンタルで、途中に女性のスキャットが入ったりして、何とも言えない深い味わいがあった。

ちなみに、僕が好きだった昭和の時代のオープニング曲は――
■ 兼高かおる世界の旅(TBS系 / 映画『八十日間世界一周』から「Around the World」)
■ すばらしい世界旅行(日本テレビ系 / 作曲:山本直純)
■ 野性の王国(毎日放送 / 作曲:宇野正寛)
■ 刑事コロンボ(NHK / 『NBCミステリー・ムービー』テーマ曲)
■ 大岡越前(TBS系 / 作曲:山下毅雄)
■ 新日本紀行(NHK / 作曲:富田勲)
■ アフタヌーンショー(テレビ朝日系 / 作曲:小川寛興)
■ ひるのプレゼント(NHK / 作曲:宮川泰)
■ ゴールデン洋画劇場(フジテレビ系 / 作曲:高沢智昌 ※初代テーマ)
■ 前略おふくろ様(日本テレビ系 / 作曲:井上堯之)
■ ウルトラアイ(NHK / 作曲:越部信義)
■ Gメン'75(TBS系 / 作曲:菊池俊輔)
■ 驚異の世界(日本テレビ系 / 作曲:松武秀樹)
■ 花神(NHK / 作曲:林光)
■ 小さな旅(NHK / 作曲:大野雄二)
■ 日立の樹(作曲:小林亜星)
■ 世界の恋人(日産の歌)(作曲:芥川也寸志)
■ アメリカ横断ウルトラクイズ(日本テレビ系 / 「スタートレックのテーマ」から)
■ ザ・ベストテン(TBS系 / 作曲:服部克久)
―― 等々。

当時は、曲の作り手なんて意識しなかったけど、今改めて作曲家陣を見ると、壮観である。感心するのは、これらの楽曲は商業的に売ろうなどの邪心がなく、純粋に番組のオープニングとして作られたんですね。今ならタイアップで米津玄師あたりを起用して、シングルとしてリリースしそうだけど(笑)。

で、少々前置きが長くなったけど、今回取り上げるのは、この中から、恐らく日本のテレビ番組史上最も有名なオープニングである『ザ・ベストテン』のオープニングテーマ曲。作曲は、稀代の音楽家の服部克久さん。奇しくも今日6月11日は、氏の三回忌にあたる。

服部克之、父は歌謡曲を牽引した服部良一


服部克之さん―― 言うまでもなく、国民栄誉賞を受賞した昭和の大音楽家・服部良一の御子息である。父・服部良一は、かの古賀政男と並んで、昭和の大衆音楽―― 歌謡曲を牽引したことで知られる。二人は終生、ライバル関係にあった。

とはいえ、両者の音楽性は対局にあった。いわゆる “古賀メロディー” と呼ばれる、日本の演歌の下地になったとされるマイナー調の楽曲を得意とする古賀政男に対し、洋楽仕込みの服部良一が繰り出す音楽はポップで、あか抜けていた。こちらは、後のJ-POPに連なるとも言われる。2人は戦前からヒットメーカーとして鳴らすも、1941年の太平洋戦争開戦で一旦、表舞台から退く。

実は戦後の日本の歌謡界で、最初に光が当たったのは、服部良一のほうだった。1948年に笠置シヅ子に提供した「東京ブギウギ」が大ヒット。当時の日本はGHQの占領下で、巷に洋楽があふれていた。それが、52年にサンフランシスコ講和条約でGHQが解体、日本の主権が回復すると―― 急速に洋楽離れが進む。そのタイミングで台頭してきたのが美空ひばりだった。

そこから、美空ひばりに楽曲を提供する古賀政男が存在感を増し、やがて戦後日本の歌謡界を牽引する。古賀の繰り出すマイナー調の切ない楽曲が日本人の琴線に触れたからである。if もしも―― 服部良一があのまま日本の歌謡界を牽引していたら、どうなっていただろうか。

1978年、古賀政男が死去したこの年、奇しくも、日本の歌謡界の流れを大きく変える歴史的番組が始まる。『ザ・ベストテン』(TBS系)である。そのオープニングを飾るテーマ曲を作ったのが、他ならぬ服部良一の御子息の服部克久さんだったのは、運命のいたずらとも。なぜなら、父・良一を起点とする“ポップス”の時代が、同番組から花開くからである。

2分20秒の華麗にしてゴージャスなフルオーケストラ




さて、少々回り道をしたが、いよいよ服部克久さんの話に移ります。

その経歴は華々しい。父親譲りの音楽の才能を発揮し、パリ国立高等音楽院へ留学。そこで高度な音楽的技法を身に着け、1958年に帰国するや、黎明期のテレビ業界を舞台に仕事を始める。以後、テレビ、ラジオ、アニメ、映画等々と、活躍の場を広げ、数多くの楽曲を制作。その流れで78年、『ザ・ベストテン』のオープニングの作・編曲も手掛けることに――。

実は、ベストテンのテーマ曲には元ネタがあったことはあまり知られていない。それは、服部克久さん自身が前年の77年にフジテレビのドラマ『兄弟刑事』に書いた主題歌である。同様にインストゥルメンタルだったが、アレンジを変え、旋律を一部引用することで、2分20秒の華麗にしてゴージャスなフルオーケストラのテーマ曲に仕上がった。

改めて、当時のオンエアから、その2分20秒を振り返ってみよう。


1. 冒頭、歓声が上がるコンサート映像(ちなみに、西城秀樹サンのコンサート映像だそうです)にティンパニが印象的なイントロがイン。タイトルが奥から手前にズームアップして、司会の久米宏サンと黒柳徹子サンがハモりながら叫ぶ――「ザ・ベストテン!」

2. 画面はスタジオに切り替わり、司会の2ショット。バックにはスタジオ付きのオーケストラの生演奏。2人による自己紹介と軽い挨拶。この間、Aメロはバイオリンによる流れるような美しい音色。

3. 続いて、Aメロの繰り返しにコーラスがイン。このタイミングで画面下から「レコード総合売上ベスト10」がせり上がり、久米サンは驚異的な早口で曲目と歌手名を読み上げる。これがもはやエンターテインメントの域。次に「有線放送ベスト10」がせり上がり、久米サンは曲名のみ読み上げる。

4. ここでBメロに変わり、トランペットがイン。画面は「ラジオ総合ベスト10」がせり上がり、久米サンは歌手名のみ読み上げる。続いて「はがきによるベスト10」がせり上がり、久米サンは再び曲名のみ読み上げるが、途中でアップテンポなCメロに変わる。トランペットに加え、ギターがイン。

5. 画面は久米・黒柳の2ショットに戻り、久米サンは、今読み上げた4データをもとにランキングを選出するシステムを紹介。「~JNN25曲をネットしてお送りいたします」と、早口パートは一旦シメ。オケはCメロのまま。

6. このあと、2人は背後のテレビモニターに振り返り、黒柳サンの「追いかけます。お出かけならばどこまでも」の決まり文句で、中継先の映像に切り替わる。ここでDメロに変わり、コーラスがイン。

7. 中継先の映像が続く。2ヶ所目を紹介しているあたりで、Eメロに。トランペットが勇壮に響き渡るパート。いわゆるサビである。

8. スタジオに戻るが、Eメロのまま。司会の2人が雑感を語り、そろそろ締めに入るモードに。

9. 突如、タタターン、タタターンと、畳みかけるようなFメロ。カットアウトのタイミングで久米サンが締めコメント。

―― とまあ、緊張感と情報が満載のオープニングショーが毎週2分20秒繰り返されるが、それを盛り上げ、お茶の間にこれから始まるカウントダウンショーのワクワク感を届けるのが、服部克久さんが作ったテーマ曲だったんです。

失礼ながら、日本テレビの『ザ・トップテン』との “差” が、このオープニング。あちらが、今ひとつ“場”としての臨場感やプレミアム感に欠けていたのは、そういう理由である。また、昨今のバラエティの作りだと、この2分20秒のオープニングはカットされかねず、そうなると、お茶の間のテンションも一気に下がると思いません?

カノッサの屈辱で魅せた、服部克久のシャレ


最後に、服部克久さんのもう一つの代表作を紹介しておきたい。それは―― 1990年から91年にかけてフジテレビの深夜枠で放送された『カノッサの屈辱』である。あの壮大にして教養あふれるオープニングもまた、稀代の音楽家ゆえに生まれた傑作の1つ。

言わずもがな、同番組はホイチョイ・プロダクションズが企画した歴史教養番組を模したシャレ―― 要するにパロディである。だが、人を笑わすには、徹底して真面目に作り込む必要がある。そのため、番組の “フレーム” は、70年代半ばにNHKで放送された歴史探求ドキュメンタリー『未来への遺産』を模している。あとは、その世界観を盛り上げる音楽である。

そこで、服部克久さんに白羽の矢が立った。
彼は作り手の意図を理解し、名曲『夕陽』を書いた。演奏は、かのロンドン交響楽団という徹底ぶりである。

稀代の音楽家は、シャレの分かる御仁でもあった。

▶ テレビに関連するのコラム一覧はこちら!



2022.06.11
51
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
74
1
9
7
8
前時代の歌番組を葬った「ザ・ベストテン」それは黄金の6年間が幕開けた瞬間!
カタリベ / 指南役
13
1
9
9
0
ユニコーンのミニアルバム「おどる亀ヤプシ / ハヴァナイスデー」全曲解説
カタリベ / 山口 順平
68
1
9
8
4
田原俊彦「顔に書いた恋愛小説」アイドルからエンターテイナーへ第2章スタート!
カタリベ / まこりん
21
1
9
8
7
芳醇な音楽畑、新世界紀行「自由の大地」を編み上げた服部克久
カタリベ / 蘭 華