2007年 5月2日

大江千里デビュー40周年!絵本の弾き語り「うんとこしょ どっこいしょ」は知ってる?

97
0
 
 この日何の日? 
大江千里のアルバム「うんとこしょ どっこいしょ」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2007年のコラム 
さよなら殿下、ハーフタイムショーでの感動的エンディングは忘れない

ミック・ジャガーの素顔 〜 ステージ降りたスーパースターは教養あふれる英国紳士

もっとみる≫




語りかけられているようなリアルさを感じる大江千里の歌い方


大江千里の声は不思議だ。心の年を感じないというか、なんとも理想的な「ちびっこ声」の持ち主である。

子どもが友達を「〇〇ちゃん、あーそーぼ!」と誘う、あのウキウキ伸び伸びとした呼び声を思い出させる、明るくまっすぐな響きだ。

私が印象深いのは、彼が出演していたドラマ『十年愛』の主題歌の「ありがとう」。温かなラブソングだが、彼の声を聴いていると、不思議と、もみじのような「てのひら」が見える。ひらがなを覚えたての小さな子どもが、大好きな人に、不器用ながら必死に鉛筆を握り、感謝や好きな気持ちを書いているような――。

多分、明るく高い声と滑舌の良さがそれを想像させるのだろう。パキパキと明るくてビビッドな母音。横棒線が見えるような、まっすぐなロングトーン。日本語がカッチリと耳に入ってくるのだ。

特に、彼の「カキクケコ」はカクカクと聴こえて本当にかわいい。「恰好悪いふられ方」があれだけ聞き心地がいいのは、出だしの「恰好(かっこ)」の響きが素晴らしいからであり、「Rain」のサビ「行かないで 行かないで」も、彼独特の「か」が本当に良い仕事をし、語りかけられているようなリアルさを感じるのだ。

「ぐりとぐら」「おおきなかぶ」… 大江千里が福音館書店の名作7作を朗読


前置きが長くなってしまった。だから、大江千里が2007年に絵本の読み聞かせCD『うんとこしょ どっこいしょ』をリリースしたとき、聴く前から確信していたのだ。

「ああ、世界観が絶対合う!」
―― と!

『うんとこしょ どっこいしょ』に収録されているのは、「ぐりとぐら」、「おおきなかぶ」といった、福音館書店の珠玉の名作7つだ。語りを彩る演奏は、彼自身のピアノのみ。

いやもう想像通り! 絵本というシンプルで輪郭のはっきりした世界観と、彼の声とピアノは素晴らしく合っていた。男の子も女の子も、動物も、おばけも、一人ですべてこなす。おかげで、絵本に顔を埋めて必死で読んでいたあの頃に、一気に引き戻された。

「ぐりとぐら」もいいが、やはり圧巻なのは、タイトルの「うんとこしょ どっこいしょ」のフレーズが登場する「おおきなかぶ」である。

ロシア民話ということもあり、なにやらミステリアスなピアノ。昔「パルナス」のCMを聴いた時と同じようなゾワゾワ感があり、クセになる! 弾き語りライブでは、子どもたちも一緒に「うーんとこしょ! どっこいしょ!」と大合唱になったという。

1983年のデビューから、季節感、もどかしく流れる時間、太陽のまぶしさ、雨のせつなさ……。たくさんの美しい風景を恋と絡めて歌ってきた彼。

歌だけでなく、俳優としても、名作に出演し、存在感を示してきた。その表現力が水たまりのように集まって、彼の持つ「ちびっこ声」とピアノに乗り、跳ねて飛んではしゃいでいた。



リリースの年の年末に、ジャズ留学で長期活動休止


このアルバムリリースは、彼がちょうど人生の岐路に立たされている頃である。ジャズピアニストへの路線変更という一大決心をし、ニューヨークのジャズ専門の音楽大学を受験、合格通知を手にしたのは2007年10月。このアルバムがリリースされたのが2007年5月。レコーディングはもう少し前だとしても、方向転換が心にあったことは間違いない。

その時期に、読み聞かせCDを出す、というのが、本当にいいなあ、と思う。彼がジャズピアニスト転向を決めた背景にもある「ラブソングを書けなくなってきた」ことへの苦悩が、関係しているのかもしれない。しかし、企画自体はラジオのタイアップなので、深読みするほどの理由はないかもしれない。

どちらにしても、このアルバムを聴くと、いつだって彼の声と音からは、「日常はすべて愛しい音でできている。愛され続ける物語は、すべて優しい言葉でできている」。ジャンルを超えて、それを伝える笑顔が見えると確信できるのだ。

そして、なにもかも純粋に「好き」だった頃に感覚を戻す」というか、小さいころ大好きだった原っぱに戻った、そんな原点回帰のような1枚にも思えるのである。

今年デビュー40周年。夢をかなえジャズピアニストになった今、ターニングポイントのときにリリースしたこのアルバム、第2弾が出ないかなあ、とひそかに楽しみにしている。


▶ 大江千里のコラム一覧はこちら!



2023.05.22
97
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
田中稲
コラムリスト≫
41
1
9
8
8
9月6日は大江千里の誕生日 - 名曲「Rain」と 渡辺美里が歌った「10 years」
カタリベ / 田中 稲
60
1
9
8
8
情感極まる「Rain」大江千里の恋の歌はどうしてこんなにキュンキュンするのだろう
カタリベ / せトウチミドリ
37
1
9
9
2
今年最後の「ありがとう」、大江千里の「ありがとう」
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
81
1
9
8
0
デビュー曲のどアタマの音符に込められた佐野元春の大発明
カタリベ / スージー鈴木
23
1
9
8
6
時代を先取りした “種ともこ” の和声コーラスと武部聡志のシンセサイザー
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
32
1
9
8
7
渡辺美里のバイブレーション、ウォークマンから流れる「悲しいね」
カタリベ / まさこすもす