9月5日

ミステリアスな歌姫、門あさ美の人気がシティポップブームで再燃!

20
0
 
 この日何の日? 
門あさ美のデビューシングル「ファッシネイション」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1979年のコラム 
インドの狂虎 タイガー・ジェット・シン、魂の入場曲「サーベルタイガー」

スパークス、ピコピコ音とネット回線「No.1 in Heaven」の衝撃!

フリマで出会った掘り出し物「rockin'on」松村雄策のシングルレコード

劇場版「エースをねらえ!」出崎統が描く青春の圧倒的リアリティ

NTRソングとしての「万華鏡」岩崎宏美が覗いてしまった怖いもの

鉄道ソングに駄作なし、ELO「ロンドン行き最終列車」でエアチェック♪

もっとみる≫




ミステリアスな美人シンガー門あさ美。「ファッシネイション」でデビュー


中学生時代からのキャンディーズファンにとって、2019年、解散以来41年ぶりとなる伊藤蘭のソロ歌手デビューは奇跡的な出来事だった。そして、ファースト・ソロ・コンサートに先駆けてリリースされたアルバム『My Bouquet』に、これまた懐かしい名前を見つけることになる。

収録曲「walking in the cherry」の作詞・作曲として、門あさ美の名前がクレジットされていたのだ。久しぶりに健在を知って嬉しくなった。

キャンディーズ解散から約1年半後の1979年9月、「ファッシネイション」でテイチクのユニオンレーベルからデビューした門あさ美はミステリアスな美人シンガーだった。中3の時のませたクラスメイトが早速ファンになり、レコードを聴かせてくれたことを憶えている。シングル盤のジャケットはセピア色のモノクローム写真で、なんともいえない表情で首もとに手をやる立ち姿は、中3の坊やにはあまりにも大人すぎた。

「ファッシネイション」という言葉の意味を愛用の英和辞典で調べると、「魅力」「魅惑」などとあって、「なるほど」と合点した。

ポプコン出身の実力派


門あさ美はヤマハポピュラーソングコンテスト出身。1975年の第9回ポプコン中部グランプリ大会で「世界中の光を」を歌って早くも入賞しており、その時のグランプリは 八神純子と柴田容子だったという。

1977年の第13回大会で歌唱披露の後、さらに2年後のレコードデビューまではかなり時間がかかったことになる。また、徹底したイメージ戦略でメディアでの露出が極端に少なかったことでも有名。

デビューシングルから3ヶ月後、セカンドシングル「モーニング・キッス」と同時リリースされたファーストアルバム『ファッシネイション』も、内袋に写真はあしらわれていたものの、ジャケットはイラストによるものだった。



帯に “ファッションミュージック第1弾!” と銘打たれたように、当時全盛を迎えていたニューミュージックの中でも極めて洗練された音楽世界が広がっていた。日本語詞でありつつも曲タイトルはすべて横文字があしらわれている。



シティポップブームで人気が再燃


ポプコン出身だけあって歌唱力は確固たるもの。アンニュイな大人っぽい歌声にさらに研きがかかったサードアルバム『セミ・ヌード』(1981年)はそのタイトルに惹かれて思わず購入してしまい、当時最もよく聴いていた、個人的に一番好きなアルバムである。

先行シングルだった「お好きにせめて」は特に愛聴した1曲。今聴いてもかなり “攻め” ていると思わされる歌詞は、当時の高校生には刺激的すぎたようだ。

作詞には一部麻木かおるが入っているが、作曲はすべて自身による。瀬尾一三、松任谷正隆、井上鑑のアレンジャー陣の仕事も鮮やかな名盤。昨今ブームのシティポップの世界で人気が再燃しているのも頷ける。



長年の沈黙を打ち破り伊藤蘭に楽曲提供


1987年には東芝EMI(現・ユニバーサルミュージック)に移籍し、高橋幸宏プロデュースの下で新たに再スタートを切るも、1988年の10枚目のアルバム『La Fleur Bleue』を最後にリリースが途絶えることとなり、表舞台から遠ざかってしまった。

数少ないテレビ出演の際の貴重な映像が残されてはいるものの、とにかくミステリアスな印象は現在に至るまでずっと持続している。だからこそ、長年の沈黙を打ち破った伊藤蘭への楽曲提供は、当時からのファンを歓喜させたに違いない。

こうなったら一切顔を出さなくてもよいので、シークレットライブを一度だけでも催してもらえないものだろうか。歌の世界で大人の色気を学ばせてくれた門あさ美さんに改めて感謝したい。

テイチク時代のラストシングルとなった「美姫伝説」のタイトルそのままに、門あさ美への果てない憧れは今も変わらない。

▶ 門あさ美のコラム一覧はこちら!



2022.10.17
20
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
鈴木啓之
コラムリスト≫
63
1
9
7
5
厳選シティポップ!カセットテープで聴くドライブソング「夏休み!海に行こう」編
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
17
1
9
8
1
門あさ美と米津玄師に共通する “小節のアタマを見失う問題” を徹底分析
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
53
1
9
8
0
貸レコード屋「黎紅堂」で出逢った心の愛人、門あさ美
カタリベ / @0onos