1997年 6月11日

hitomi の輝きは攻撃的な美しさ!問題にぶつかっていく1997年のギャルソング 

31
0
 
 この日何の日? 
hitomiのシングル「problem」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1997年のコラム 
織田裕二主演ドラマ「踊る大捜査線」もしリメイクされるならどんなメンツで観たい?

広末涼子「MajiでKoiする5秒前」竹内まりやが勝負に挑んだ100%のアイドルソング!

はじめて聴くCHARA - 乙女心に響くシングル曲ランキングTOP10

KinKi Kids「硝子の少年」はジャニー喜多川、松本隆、山下達郎の挑戦だった

時を止めるな!ビートルズ以降を鳴らそうとしたオアシスの世代

もっとみる≫




平成ギャルSONG(ぎゃるそん!)Vol.3


■ hitomi「problem」
作詞:hitomi
作曲:小室哲哉
編曲:小室哲哉
発売:1997年6月11日

チビッ子やギャルはたまごっちを育てた1997年


1997年――。フジテレビが河田町からお台場に引っ越し、「チャッ・チャッチャッチャチャッ♪」という「Rhythm and Police」に乗って「踊る大捜査線」が放送スタート。ナオミ・キャンベルがエステティックTBCのCMで「ナオミよ……」と呟いて話題になり、チビッ子やギャルはたまごっちを育てていた。

この年のオリコンヒット100ランキングを見てみると、圧倒的1位が安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」。なんとダブルミリオンという快挙を遂げていた。ほかには沖縄アクターズからの幼き刺客、SPEEDが「White Love」を大ヒットさせ、広末涼子が「MajiでKoiする5秒前」で華やかに歌手デビューし、篠原ともえが「ウルトラ リラックス」で目が回るような明るさを見せていたのもこの頃だ。

明るさだけではなく、CHARAの「タイムマシーン」、Coccoの「強く儚い者たち」、中谷美紀 with 坂本龍一の「砂の果実」といった、世紀末らしい、なにかが終わっていく諦めや絶望を感じる少女たちの歌も印象的だった年だ。

時代にひっかき傷を入れるような攻撃的な美しさ、hitomi登場!


そしてもうひとり、時代にガリガリとひっかき傷を入れるように、攻撃的な美しさを見せていた彼女の輝きを忘れてはならない。そう、hitomi! 1997年、「problem」を初めて聴いたときのショックは忘れない。

当時、頻繁に流れていた

ーー「エイベックス、トラーックス……」

という低く良き声から始まるエイベックスのCM。コムロブーム全盛期だったから、globeや華原朋美などの新曲がガンガンと宣伝され、心浮き立ったものである。が、hitomiの「problem」のインパクトは特別だった。

「こーいーびとーたちはーもめごとーなんてーなさそでー!」

女の子の不安って、音声化したらこんなんじゃないのかな、と思うほど、エキセントリックな声がTVから流れてきたのだ。ともすれば耳障りに感じそうなのに、紙一重で「感動」のゾーンに入ってくる。鼓膜を突き破ってガシガシと本音を揺さぶってくる感じ。

MVでは、hitomiがスポーティーなブラ一枚の上半身で、洗面所をウロウロ。けれど、全くいやらしくもだらしなくもなく。ただただリアルに美しく、そして不安だった。

hitomiは前から知っていたし、サードシングル「CANDY GIRL」(1995年)も少し気にはなっていた。けれど、ここまで彼女に気持ちを揺るがされるとは思っていなかった! 私はいそいで「by myself」や「BUSY NOW」を後追いで聴きまくることになるのである。



「難問アリ」のヤンチャなLONELY GIRL


何の心配もないよ、ということを冗談めいて「ノープロブレム!」なんて言うけれど、hitomiの曲は「problem(プロブレム)」。ノーが付かない。つまり「難問アリ」だ。

恋愛ソング的な歌詞だけど、それだけじゃない。経済どん底のあの時代の不安、そして笑い飛ばすしかなかった閉鎖感を、こんなに不思議な明るさを持ちながら、攻撃的かつヒステリックに感じる歌はそうそうなかった。

hitomiは「悪いものも良いものも飲み込める自分」をテーマに歌詞を書いたそうだが、いやいや、そのテーマの何倍も「問題にぶつかっていく」強さを感じる。そもそも、hitomiは小室哲哉プロデュースのアーティストの中でも、相まみえない雰囲気があった。小室哲哉も当時の彼女について「すごいヤンチャな子だった」と表現している。

確かに、今見返しても、当時の彼女は「チャンスをちょうだい。あとは自分で伝えてみせるから」というような自立観、スタンドプレー感がムンムンである。夢や野心を皮膚に張りつけ、ブラやキャミソール1枚でガードしつつ、すごく孤独に、すごくすごく急いでいるイメージ。「BUSY NOW」にこんな歌詞がある。

 いそがなきゃ いそがなきゃ
 早くいかなきゃ 夢のまま
 終わらないように

ピューマの如く前のめりで手を伸ばし、音を投げつけるように歌う彼女の向上心は、時代の速さを抜いてやる! くらいの勢いがあるように見えた。

大人を見下すコギャル文化過渡期と「バウンス ko GALS」


当時は、ギャル文化の天井越え期。1995年から凄まじい勢いで噴き出したギャルパワーは世の中を圧倒し、度を超え、もはや「やりたい放題」だった。大人を信用しないどころか、見下すコギャルたち。この年『バウンス ko GALS』(監督:原田眞人)という映画が公開されたが、私は観たとき、本当に仰天した。援助交際やブルセラ、渋谷の喧騒、女子高生たちのあけすけなコミュニケーションを生々しく描いていたが、あまりにも、あまりにも怖いもの知らずに見えたのだ。

JKたちのボス的存在である「ジョンコ」を佐藤仁美が演じていて、これが悔しいことに、すさまじくカッコいい。役所広司演じるヤクザにも食って掛かるような、頭が切れ、強気な女の子である。

うろ覚えで申し訳ないが、ジョンコが「自分たちだって、自分たちの非常識がまかりとおる世の中が怖いですよ」というような意味のセリフがあったと思う。

こんな時代なんて長く続くはずがない。そしてなにより、若さを武器にできる時間はとても短いし、武器にするのはとても怖いことだ。それを誰よりも知り、全力疾走していたギャルたち――。

1997年という、若さが支配していた時代は、底抜けの明るさと底抜けの闇がハイテンションでグルグルとねじれ、妙に鮮やかな色を作っているような年だった気がする。

当時hitomiは21歳だったし、この年のオリコンランキング100にも入っていないけれど、私は同年のヒット曲の中でも、飛びぬけてこの「BUSY NOW」と「problem」に、ギャルの疾走を感じる。心の中で自分の消費期限をカウントしていただろう不安と、それでも失いたくない夢が、ギュッと詰まっているように聴こえるのだ。

▶ hitomiに関連するコラム一覧はこちら!



2023.02.12
31
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
田中稲
コラムリスト≫
31
2
0
0
0
安室奈美恵「LOVE 2000」何も変わらなかった世紀末と第1期ギャル文化の終焉
カタリベ / 田中 稲
54
1
9
9
6
時代が愛したぶっとびシンデレラ華原朋美「I'm proud」1996年に女の子が最も歌った曲
カタリベ / 田中 稲
50
1
9
9
6
小室哲哉プロデュース!限定【90年代の冬うたランキング】ベスト10 
カタリベ / 長井 英治
54
1
9
9
5
ギャル文化爆発!10代の安室奈美恵がカリスマとなり女子高生がこぞって真似た時代
カタリベ / 田中 稲
50
1
9
9
9
孤独を歌ったギャルのカリスマ降臨!浜崎あゆみ「A Song for ××」で大ブレイク
カタリベ / 田中 稲
55
2
0
2
2
昭和ジェネレーションパラダイスへようこそ!爆音ディスコで感じる歌謡曲のパワー
カタリベ / DJ BLUE