1998年 9月17日

鈴木あみに漂う “リアル” とは? 時代の狭間に登場したコムロブーム最後の覇者

34
0
 
 この日何の日? 
鈴木あみのセカンドシングル「alone in my room」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1998年のコラム 
歴史に残る自転車ソング!ゆず「夏色」スペースシャワーTV と FM802 から大ブレイク!

横浜伊勢佐木町の路上から大ブレイク!ゆずがファーストシングル「夏色」を出すまで

中森明菜のリミックス「Regeneration」これって90年代のフューチャーファンク?

桃井かおりと田中美佐子がダブル主演!TBS金曜ドラマ「ランデヴー」主題歌は華原朋美

反町隆史主演の学園ドラマ「GTO」元暴走族の高校教師・鬼塚英吉が時代の風穴をあける!

今が一番カッコいい!L'Arc〜en〜Ciel のマニアックな試み【グラマラス・ロック列伝】

もっとみる≫




平成ギャルSONG(ぎゃるそん!)Vol.4


■ 鈴木あみ「alone in my room」
作詞:小室哲哉+MARC
作曲:小室哲哉
編曲:小室哲哉
発売:1998年9月17日

宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、MISIA、椎名林檎、aikoがデビューした1998年


Windows98とiMacが発売され、一気に世の中のデジタル化が加速した1998年は数々の「最強女子」が登場していた―ー。

映画では『タイタニック』の、ケイト・ウィンスレット演じるローズ、CMでは「なっちゃん」の田中麗奈、バラエティーでは「だっちゅーの!」と胸の谷間を強調したパイレーツ。ドラマでは『神様、もう少しだけ』がHIVに感染するJKを演じ、深田恭子が大ブレイクした。

しかしJ-POP界はもっとすごい! この年デビューの面々を見よ。宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、MISIA、椎名林檎、aiko! まるで神様が歌姫を一気に召喚させたかのようではないか。そしてその中に、ちょっと異質な輝きを持った女の子もデビューしていた。

ーー 鈴木あみである。

時代の持つ浮遊感と寂しさを代弁してくれる「alone in my room」


鈴木あみのデビューのきっかけは『ASAYAN』(テレビ東京系)のオーディション。1995年頃から注目を浴びていたこの番組の影響で、アイドルも視聴者が育てる楽しみを共有する「たまごっち」化が進んでいた。「ハイスペック(才能)」を持つ “選ばれし者” だけでなく、「歌いたい、アイドルになりたいというパワー」を漲らせる勇者がトップを目指し、夢を実現させていたのだ。

彼女は1998年2月「ボーカリストオーディション・ファイナル」の最終電話投票審査で、304万140票中80万2157票を集め、小室哲哉プロデュースでのデビューを勝ち取った。当時番組を見ていて「うわカワイイ!」とびっくりしたものだ。小動物みたいにキョロキョロと輝く瞳を動かし、笑顔が文字通りはじけていた女の子。普通っぽいけど普通にいない!

その5か月後にはもう「love the island」でデビュー、オリコン5位というスマッシュヒットを飛ばし、次々と快進撃を見せるのである。

私も鈴木あみの歌が大好きだった。魅力は「ぼっち感」だ。時代の中心で輝きながら、こんなに「アウェイ」かつ「alone(ひとり)」を感じる人はいない。孤高というより、「頼もしいぼっち」だ。

どのシングルも、言葉が暗号のように発信され、それを受け止めるのが快感といったイメージ。ただ、時折ふっと入ってくるワンフレーズがたまらなく、時代の持つ浮遊感と寂しさを代弁してくれる。

 楽しいかもね そういう1人も
 こういう場所もわるくないね
 そろそろそばに 誰かよりそって!

しかも、彼女はどんな高いキーも、意地でも裏声を使わない生々しいド根性を見せてくる。うまく歌おうというより、生命力を全部声に乗せる感じ。

ときには聴いているこちらが「クーッ!」と喉を抑えたくなるような部分もあるけれど、その苦しいほどに上を目指すド根性と、独り言のように呟く低いトーンの歌声のギャップに、“普通の女の子の意地” を感じずにはいられなかった。

大ヒットを記録した7thシングル「BE TOGETHER」は、同じASAYAN出身の “モーニング娘。” の5th「ふるさと」と発売時期が重なり、ランキング争いをする企画で見事勝利している。ただ、勝ち負けとは別に、彼女がモーニング娘。と並ぶ絵面を見て、鈴木あみが “ひとり” であることをより感じたものである。

ヒットを飛ばし続けた鈴木あみの “リアル” とは?


そして、時代は少しずつ変わっていく。1999年に入ると、モーニング娘。は7th「LOVEマシーン」でメガヒットを飛ばし、つんくファミリーがアイドル界を牽引していくようになり、宇多田ヒカルが大ブレイクを果たす。

冒頭で、1998年は「まるで神様が歌姫を一気に召喚させたかのような年」と書いたが、それはつまり、ライバルが増えるということ。

コムロファミリーの独壇場ではなくなっていく年、ということなのである。鈴木あみは、コムロブームで最後の “ヒット” を連発したアーティストとなった。同時に、ギャルブームも “変換期” を迎えていた。同じく1998年デビューした浜崎あゆみが「居場所のなさ」を歌って共感を呼び、こちらも1999年大ブレイク。さらにファッションリーダーとしての役目を果たし、新たなギャルのカリスマになっていく。

鈴木あみもヒットを飛ばし続けたけれど、共感、憧れ、というより「前のめりなのに、どこかブームを俯瞰で見る女の子」の “リアル” がずっと漂っていた。

ギャルの価値がモンスターのように歪みながら膨らんでいったあの時代、小室哲哉から「alone(ぼっち)代表」の称号をもらったような、野心と弱気が螺旋のように巡ってくる彼女の歌は難解だ。不安定に聴こえる曲も多い。けれど、だからこそ、ギャル文化、世紀末と新世紀、音楽シーン、いくつも重なった “変換期” のアイコンとして輝いたのではないかな、とも思うのだ。

▶ hitomiに関連するコラム一覧はこちら!



2023.03.02
34
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
田中稲
コラムリスト≫
54
1
9
9
6
時代が愛したぶっとびシンデレラ華原朋美「I'm proud」1996年に女の子が最も歌った曲
カタリベ / 田中 稲
56
1
9
9
6
小室哲哉プロデュース!限定【90年代の冬うたランキング】ベスト10 
カタリベ / 長井 英治
54
1
9
9
5
ギャル文化爆発!10代の安室奈美恵がカリスマとなり女子高生がこぞって真似た時代
カタリベ / 田中 稲
50
1
9
9
9
孤独を歌ったギャルのカリスマ降臨!浜崎あゆみ「A Song for ××」で大ブレイク
カタリベ / 田中 稲
31
2
0
0
0
安室奈美恵「LOVE 2000」何も変わらなかった世紀末と第1期ギャル文化の終焉
カタリベ / 田中 稲
31
1
9
9
7
hitomi の輝きは攻撃的な美しさ!問題にぶつかっていく1997年のギャルソング 
カタリベ / 田中 稲