2013年 11月21日
チェッカーズのリーダーがぼろぼろ泣いたポールの11年ぶり東京ドーム
11
0
 
 この日何の日? 
ポール・マッカートニー11年ぶりの来日公演「Out There!Japan Tour」が東京ドームで開催された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

もっとみる≫

photo:MPL Communications Ltd.  

80年代最大のアイドルがチェッカーズであったことに異論を唱える人はいないだろう。武内享はそのリーダーであり、ジョン・レノンのサイン入りホワイトアルバムをオークションでウン十万で落札するほどのファンだ。私と享くんは同い年で、ビートルマニア同士として親交を深めてきた。

その彼が90年かその次の93年の来日時か定かではないが、ポールのドーム公演を見に行き「ヘイジュード」を朗々と歌い上げるその姿に「けっ」と思って途中で帰ってきたというのである。これは聞き捨てならない。もう最後かもしれない(最後にならなかったけど)ポールの11年ぶりの来日。チケットあるよ。いい席だよ。行こう。

当日Twitterを見ていると享くんは ”歌は誰のものか” ”あの4人が揃っていない状況でも俺は認めることができるのか” というようなことをまだぐずぐずつぶやいている。ビートルズへの思い入れが強すぎるがゆえの逡巡。私は ”誰にも歌われなくなった歌ほど哀しいものはないんだから” とリプライし、待ち合わせ場所に向かった。

時間厳守者同士、ドームへは開演30分以上前についた。ビールを呑んでいると元L⇔Rの黒沢秀樹にばったり会った。彼はポールの東京公演をすべて見ている。何人ものミュージシャンに遭遇するが、みんな明らかに浮かれている。享くんは席を確認すると「じゃ」とどこかへ消えてしまった。始まっても帰ってこない。さてはバックレやがったな。この席を欲しがってる人がどれだけいると思ってるんだ。もう絶交だ。

5曲目くらいでようやく戻ってきた。遠いスタンド席のほうまで行き、来ている全員がポールを大好きでポールのライブを待ち焦がれていることを確認してきたらしい。我々の席はアリーナ前方だったので、「そんな席にいきなり座って、ビートルズの曲を歌うポールをやっぱり受け入れられなくて、おまえに不快な思いをさせるのがイヤだったんだよ」とも言っていた。

中盤「ヒアトゥデイ」ではジョンの写真がスクリーンに大写しになる。ふと横を見ると享くんがバンダナで顔をおおって泣いている。「イエスタデイ」では配られたピンクのサイリュウムを全力で振っていた。終わったあとは真っ赤な目で放心状態。

チェッカーズは92年の大晦日に解散した。あれからいろいろなことがあった。ポールのライブで享くんが何を感じたのかあまり深くは聞いていない。チェッカーズがいて当たり前だった頃を今もときどき思い出す。何度も見せてもらったライブは他に類を見ないクオリティだった。あのときのあの7人は無敵だった。ビートルズの4人が映画『EIGHT DAYS A WEEK』で自分たちについてそう語っているのと同様に。

2016.10.07
11
  YouTube / matias Consi
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
佐々木美夏
コラムリスト≫
16
2
0
1
6
80年代はビートルズファンにとって失われた10年だった
カタリベ / 佐々木 美夏
53
1
9
8
0
ポールが最も好きなジョン・レノンの曲「ビューティフル・ボーイ」
カタリベ / 宮木 宣嗣
17
1
9
8
6
ショック!ポール・マッカートニーのアルバムが全米チャート最高30位!?
カタリベ / 宮木 宣嗣
32
1
9
8
9
1989年のポール・マッカートニー来日狂想曲、やっとあえるね。
カタリベ / 宮井 章裕
35
1
9
8
9
アダム&ジ・アンツからTFF経由でポール・マッカートニーへと繋がる道
カタリベ / 宮木 宣嗣
14
1
9
7
8
偉大なるパロディ「ラトルズ」を見ずしてビートルズは語れない!
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー