11月25日

サファリ・ナイト、大橋純子が美乃家セントラル・ステイションで輝くとき

41
3
 
 この日何の日? 
大橋純子&美乃家セントラル・ステイションのシングル「サファリ・ナイト」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1978年のコラム 
吉田拓郎「外は白い雪の夜」秋から冬にかけてカラオケで歌うならこの曲!

黄金の6年間に2度飛んだ男、円広志の「夢想花」と「越冬つばめ」

【昭和の春うた】山口百恵と谷村新司が作りあげた日本のスタンダード「いい日旅立ち」

大滝詠一「レッツ・オンド・アゲン」は和製サージェント・ペパーズだった?

イーグルスがカバーした聖夜のクラシック「ふたりだけのクリスマス」

黄金タッグふたたび!マイケル・マクドナルドとケニー・ロギンス(前篇)

もっとみる≫



photo:シングルコレクション  

1978年は "ザ・ベストテン" が始まった年です。この番組は第一回目から欠かさず見ていて、"夜のヒットスタジオ" と合わせて私はテレビから流れる音楽に夢中でした。

大橋純子を最初に見たのもザ・ベストテン。曲はもちろん「たそがれマイ・ラブ」。この曲は大好きで、今でもカラオケで歌いますが、同時期に夜のヒットスタジオでまったく別の曲を歌っていたことが印象に残っています。それが「サファリ・ナイト」です。

あれー? いつもしみじみ歌ってるお姉さんがノリノリじゃないですか! 異質の音楽に小学生の時は十分な理解ができませんでした??

さて、9年後に私が大学に落ちて浪人しているころ、中古レコード屋を巡る中で気づきました。1978年、大橋純子は "美乃家セントラル・ステイション" というバンドのボーカルだったのです。

当時の美乃家名義の作品は「たそがれマイ・ラブ」や「シルエット・ロマンス」といった歌謡曲路線とは異なり、海外のソウルミュージックを強く意識したサウンドを目指していたのです。

美乃家のギターは、後に一風堂として「すみれSeptember Love」をヒットさせることになる土屋昌巳。

彼の手がけた「SOUL TRAINまっしぐら」などは "ドFunk" でかっこよすぎます! 土屋氏は1979年にバンドを脱退してしまうのですが、時を同じくしてドラマーにマーティ・ブレイシー(後に、もんた&ブラザーズでヒット曲を連発)が加入。グルーヴが強くなると同時に、洗練されたソウルサウンドになっていきます。

1979年に発表された『FULL HOUSE』は名盤中の名盤。浪人生の私の心に、大学生になったらバンドやるぞー!と、モチベーションを与えてくれたのは事実ですが、勉強に力が入ったかは不明です。

2016.03.27
41
  YouTube / tsuru20101


  YouTube / tokyo nomad
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
高野 悠
かっこいい曲、発見しました!

Junko Ohashi / I Love You So
https://www.youtube.com/watch?v=ASMTXdjwWoM&list=PLyPWemlXDK3nJkyb_PY4hLOZ7TmI4BGKG

2016/04/04 02:54
0
返信
1984年生まれ
マイ
はい、聞いてみますね。ありがとうございます。
2016/03/29 03:58
0
返信
1968年生まれ
千代田区のUra
マイさん、ありがとうございます。今回のコラムにも書きましたが、マイさんご指摘の曲は土屋昌巳さんのオリジナル曲"SOUL TRAINまっしぐら"で、私も大好きな曲です。土屋昌巳さんのFunk色の曲は素晴らしいので、ぜひこの頃の美乃家の曲を聞いてみてください。土屋さん脱退後はFunkというよりは洗練されたソウルミュージックになりました。
https://www.youtube.com/watch?v
2016/03/27 22:40
2
返信
1965年生まれ
高野 悠
そう言えば、大橋純子ももんたよしのりも当時は北島音楽事務所でしたね。で、このマーティ・ブレイシーさんという名うてのドラマーについてもっと知りたくなってしまった。
2016/03/27 11:05
1
返信
1984年生まれ
マイ
へえ、かっこいいです。でもサファリナイトよりもいい曲が見つかりました。
4:26から始まる曲が好きです。
2016/03/27 08:59
1
返信
カタリベ
1968年生まれ
千代田区のUra
コラムリスト≫
36
1
9
8
7
あこがれの存在、近寄り難きアーティスト=土屋昌巳に近寄ってみた
カタリベ / ふくおか とも彦
104
1
9
7
8
歴史の if を考える ― もしもこの人が渡辺プロを辞めていなかったら!
カタリベ / ふくおか とも彦
11
1
9
8
5
プロデューサー佐久間正英の手腕、ロックの精神性とポップミュージックの彩り
カタリベ / 本田 隆
138
1
9
8
9
最高視聴率 41.9% 伝説の音楽番組「ザ・ベストテン」終焉へのカウントダウン
カタリベ / 齋藤 薫
39
1
9
8
7
土屋昌巳のロンドン録音、ジョージ・マーティンやらミック・カーンやら
カタリベ / ふくおか とも彦
22
1
9
8
1
江口寿史「ストップ!! ひばりくん!」ファンを魅了し続ける無敵のギャグ漫画
カタリベ / 鎌倉屋 武士