2023年 8月19日

T-BOLAN【森友嵐士インタビュー】できるできないじゃなく「やりたいかやりたくないか」だ

43
0
 
 この日何の日? 
T-BOLANライブツアー「T-BOLAN LIVE TOUR 2023-2024 “SINGLES” 〜波紋〜」開催日(初日)
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2023年のコラム 
いつだって現在進行形【バンドやろうぜ ROCK FESTIVAL】音楽への憧れを呼び起こせ!

T-BOLAN 究極のシングルベスト発売!その歴史こそ 90年代音楽シーンの大きな1ページ

デビュー50周年のエアロスミス!意外にも初の全米1位は映画「アルマゲドン」主題歌

T-BOLAN【ライブレポート】シングル・ベストツアーで時代を彩った不朽の名曲を体感!

T-BOLAN【森友嵐士インタビュー】シングルツアー敢行中!挑戦していたあの感情を蘇らせろ

T-BOLAN【森友嵐士インタビュー】デビューまでの苦闘!デモテープは5年間ゴミ箱行き

もっとみる≫




T-BOLAN【森友嵐士】ロングインタビュー3

前回、T-BOLAN【森友嵐士インタビュー】デビューまでの苦闘!デモテープは5年間ゴミ箱行き からの続き

バンドが再結成に至るまでの長い道のり、そして今後の展開について


現在、最初で最後というシングル・ベストツアー『T-BOLAN LIVE TOUR 2023-2024 “SINGLES″ 〜波紋〜』を敢行中のT-BOLAN。今回、ボーカル森友嵐士にインタビューを行い、これまでの歴史を振り返ってもらったが、最終回となる第3回は、自身の声の不調による解散と、バンドが再結成に至るまでの長い道のり、そして今後の展開について、思いの丈を語っていただいた。

―― 現在、シングル全曲を歌うライブツアーを開催中ですが、90年代に発表した数々のシングル曲を、現在の気持ちで歌って、当時とは意識が変わったという曲はありましたか。

森友嵐士(以下、森友):それは、作った時よりも曲に込めたメッセージが、自分の中で深くなっているものもあるということです。たとえば「愛のために愛の中で」という曲などは、それを感じますね。この曲、よく20代で書いたなと思っている。90年代に出した曲だけど、もう1回、今リリースして発信したい曲ですね。

―― スケールの大きい歌ですね。

森友:そうですね。この曲のタネは、個人的なことでできているんだけど、今、発信したい言葉が入っている。俺は、曲も1つの人格みたいなものだと考えていて、曲が自分の子供だとしたら、成人していった、そんな感覚です。自分で作ったのにおかしな感じだけど、自分でもこの曲をリスペクトしているんです。

―― それは、楽曲が作り手の手を離れて、聞き手のみんなのものになっていった、ということもあるのでは。

森友:そういうところは確かにありますね。俺、ヒット曲ってすごいんだなと感じた瞬間があって、それは、日本青年会議所(JC)の全国大会で、奈良の東大寺大仏殿前で歌った時。俺たちはシークレットゲストになっていたので、奈良で歌うのに前乗りしたら、新大阪で足止めされるんですよ(笑)。奈良に行ったら誰がゲストで来るかわかっちゃうからって。でもこちらからすれば、いつものファンの人たちじゃないし、どんなお客さんが来るかもわからない。お客さんの方も誰が来るのか、何を歌うかもわからない。それで、当日、ピアノとチェロだけのシンプルな編成で、「Bye For Now」を歌ったら、会場を埋め尽くした2万人の、ほぼほぼ男性のお客さんたちが、肩を組んで歌いはじめたんです。全員の大合唱になって、その光景に唖然とした。ああ、ヒット曲ってこういう力があるんだと、客観的な感動がありました。



99年にT-BOLANは解散、そこに至った理由とは?


―― 前回までは、デビューして3年半の、怒涛の時間をお話しいただきましたが、その後森友さんが喉の不調を訴え、心因性発声障害と診断され、99年にT-BOLANは解散します。

森友:解散に至った理由は、ひとえに俺の喉の不調です。他のメンバーにとっては、良くも悪くも俺の回復を待つ状態になるし、俺が歌えない状況でT-BOLANをやりたいと言っても、動かせない。それで他のことにスタートを切れないメンバーがいたんです。実際のところ、声が出なくなってから解散まで5年かかったのは、病名がわからなかったから。医者に行っても答えが出ないから、いつ治るかもわからない。それでみんな、なんとなく俺の回復を待っていた。最後のドクターに会った時、心因性発声障害という病名を言われ、治る可能性は低いとまで言われました。俺はそうは思っていなかったけど、その診断で、いつまでかかるかわからないことにメンバーを振り回すわけにはいかないな、と。それぞれの人生もあるし、他のバンドを作ってもいいわけだし。それでメンバーを説得したんです。

―― それで森友さんはリハビリに入るわけですね。

森友:ただ、その時の俺の次の目標は、T-BOLANの復活しかないわけです。でも2〜3年はかかるだろうなとは思っていたけれど、14年もかかるとは思っていなかった。それで東京を離れて、暮らしは富士のアトリエに移りました。やっぱり東京は雑音が多い。それに、仲間たちのヒット曲が街中で流れるのを聴くと、昔のように仲間たちの成功を喜べなくなる自分がいた。「あいつ、いい曲作ってるじゃん」とか、「今度の新曲、いいよね」という会話ができなくなって、なんで俺ばかりこんな目に遭うんだと、そんな考えになるのも嫌だった。音楽を聴きたくなくなったし、そんなネガティブなことを考えている時間が邪魔だった。それで拠点を移したんです。

2012年再結成のきっかけは、前年の東日本大震災


―― 2012年に、一度再復活を遂げていますが、この時はどういう状況だったんでしょうか。

森友:きっかけは前年の東日本大震災です。世の中にはいつか突然、亡くなってしまうことがあるんだなと。自分の命も、誰の命も保障されていない、ということは「いつかやろう」は意味がない。ソロ活動は始めていたけれど、「いつか」やるべきことは、やはりT-BOLANしかない、と思った。でも、メンバー4人全員が同じ気持ちにならないと、再結成はできない。いきなり俺が戻ってきて、やりたいと言っても、それぞれの生き方はそんなに簡単に変えられないだろうと思った。それに、メンバーがいろんな状況で「やりたいか、やりたくないか」ではなく、「できるか、できないか」でジャッジをしているんだとも思った。でも、みんなに会ってみないと始まらないから、とにかく話をしようと、山中湖の音楽スタジオを3日間借りて、そこでパーティする感覚で会うことにしたんです。特に理由も話さずに「たまには集まろうぜ」「よかったら楽器持ってきてよ」と話してね。

―― それは最初にお話しされていた、長戸プロデューサーのやり方に似ていませんか?

森友:だんだん長戸さんに似てきちゃったんだよね(笑)。それで山中湖に着いたら、俺が最後で、もうみんな音を出してた。最終日のお昼ぐらいに時間をとって、東日本大震災のこと、人はいつか亡くなってしまうこと、それで「もしも、4人で一緒じゃないとできないことがあったら、やりたいことをやらないか?」と話したんです。4人の意見が重なったのは、解散ライブもしないで、うやむやに終わらせたことがファンに対して心苦しいし、自分たちもスッキリしない。だから、ラストライブをやろうと。そのことをビーイングに話したら、「“BEING LEGEND Live Tour” というのをやるから、そこに参加しないか?」という話でした。それで全国を周り、その後T-BOLANの単独ツアーを大阪オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)と渋谷公会堂を最後にしようと決まったんです。それが2014年のことでした。



俺たちはもう1回、音楽シーンでの挑戦をして、その結果、4人が集まってやる


―― ファンの前に、T-BOLANとして久しぶりに立った、その時の感想はどんなものでしたか。

森友:以前やっていた時と、変わらない人たちが集まってくれて、それは本当に嬉しかった。ファンとアーティストって、恋人同士みたいなところがあるじゃない? 解散の時も、病気とか理由を話していないし、「ちょっと旅に出るわ」ぐらいの感覚で、突然いなくなった感じだよね。まさかそれから14年もかかると思ってなかったから。旅は長かったけれど、突然戻ってきて自分勝手に「元気だったか? ご飯行こうよ」って感じなのに、それでもお客さんが来てくれたの。それは何より嬉しかったです。

――そこで、ライブの手応えを感じながらも、そのままT-BOLANを継続しなかったところが、意外にも思えました。

森友:メンバーはやりたいって、言い出したんですよ。ライブをやってみたらすごく気持ちが良かったから。でも、そりゃ実家に帰れば居心地がいいじゃない? T-BOLANって実家みたいなものだから。でも、俺はそれはないと思った。T-BOLANを継続するなら、踏まなければいけない時間がある。結局みんな、まだ「挑戦しきれていない」と思ったんです。継続に向かうなら、俺たちはもう1回、音楽シーンでの挑戦をして、その結果、4人が集まってやるなら、それはすごいことになると思った。面倒臭い話かもしれないけど、その時がきたら完全復活だと。そういうことを踏まえてそれぞれの活動に入った、その矢先に上野がくも膜下出血で倒れて、後遺症が残ってしまったんです。

―― 退院までは1年かかったそうですね。

森友:でも、退院しても上手く喋れないし、指も思うように動かない。そんな状況で、上野は何かしたいことがあるのかなあ、と思い、やりたいことを聞いてみたんです。そうしたら「ライブがやりたい」と。それも1年以内に。無茶言うなあ… と思ったけど、それが上野のリハビリの力になり、目標になるならと思い、2016年の大晦日に、一夜限りの再結成をしたんです。でもその1回限りで終わってしまったら、上野の目標はどうなるんだろう?と、考えて、誰にも相談せず(メンバーにも)カウントダウンライブのステージで完全復活を宣言しました(笑)。そして2017年から現在に至るまでT-BOLANは継続的な活動を続けているんです。



ステージで受け取る喜びは他には変え難い


―― 本当に山あり谷ありの歴史ですが、お話を聞いていると、T-BOLANはやはりバンド、それも生粋のライブバンドだな、という思いを強くしました。

森友:ライブをしている時間以上のものは、俺たちにはないんです。ステージで受け取る喜びは他には変え難い。生きている中で、とてつもない時間なんですよ。でも、それは見に来てくれるお客さんのエネルギーを受け取っているから。ライブって生き物なんですよ。演者の側がいいと思ったライブでも、観客からしたらそうでもない時もあるし、その逆もある。同じセットリストでやっていても、1回ごとに違う。最高のライブって、終わった後、今何をやってたかわからないくらい、何も覚えていない状態の時。そんな奇跡みたいな1日は、1年に1回、あるかないかです。でも、それは自分で作れる領域ではない。俺たちが出せるものが100だとしたら、それ以上のもの、150や200になるのは、ファンのみんなからもらっているものなんだよね。



「できるか、できないかじゃなく、やりたいか、やりたくないかだ」という言葉が一番響いた


―― では、最後にRe:minderの読者に向けて、メッセージをいただけますか。

森友:今、ツアーで客席に降りて練り歩きをして、みんなの顔を見ていると、いい顔しているんですよ。やっぱり人生も後半戦に入ると、だんだん疲れてくるんだけど、でもライブでの顔は全然違うの。この顔が今、あるなら大丈夫だよ、と。それをもう一度みんなと共有したいよね。それに最近は、お母さんがライブに娘を連れてくることも多いみたいで、この間ラジオのリスナーの方から、手紙をもらったんです。娘を一緒に連れて行ったら、最初は付き合いのつもりが、ライブ終わったら「やばくない!? やばくない!? 」って興奮したらしくて(笑)。それも、「できるか、できないかじゃなく、やりたいか、やりたくないかだ」という言葉が一番響いたんだと。俺は、そんな若い世代に伝えるつもりじゃなかったけど、20代でもその言葉に刺さるんだとビックリしました。

―― そのメッセージに、年齢は関係ないんですね。

森友:今の若い子は、情報だけは俺らと同じぐらい持っていても、経験は少ないし、時代は失敗を許さないから “できること” だけをやってるんだろうね。そうじゃなかったら、その言葉が若い子に響くわけがない。でも、響いたってことは、普段からできることだけをジャッジしてるんだろうな、と逆に思った。でもさ、世の中に偉業を成し遂げた人って、実は失敗ばかりしているんだよ。“できるか、できないか” で判断する人間に、凄いことなんかできないよ。失敗を恐れない人たちの挑戦が、凄いことを生む。それなら、「俺らの世代がもっとアホになろうぜ! いい年してまだそんなことやってるの? と言われるぐらい夢見て行こうぜ!」と思ってる。その背中を子どもに見せていかなきゃいけない。今のツアーも「タイムリープ」がキーワードですから、そんなつもりで毎回、叫んでいます。




冒頭、T-BOLAN【森友嵐士インタビュー】シングルツアー敢行中!挑戦していたあの感情を蘇らせろ にもどる

特集 T-BOLAN

▶ T-BOLANのコラム一覧はこちら!



2023.12.11
43
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
馬飼野元宏
コラムリスト≫
53
2
0
2
3
T-BOLAN【森友嵐士インタビュー】シングルツアー敢行中!挑戦していたあの感情を蘇らせろ
カタリベ / 馬飼野 元宏
51
2
0
2
3
T-BOLAN【ライブレポート】シングル・ベストツアーで時代を彩った不朽の名曲を体感!
カタリベ / 中塚 一晶
36
2
0
2
3
T-BOLAN【森友嵐士インタビュー】デビューまでの苦闘!デモテープは5年間ゴミ箱行き
カタリベ / 馬飼野 元宏
28
1
9
9
2
誰もが森友嵐士!T-BOLAN があれだけ多くの人に愛された理由はどこにあるのだろう?
カタリベ / 馬飼野 元宏
55
2
0
2
3
T-BOLAN 究極のシングルベスト発売!その歴史こそ 90年代音楽シーンの大きな1ページ
カタリベ / 中塚 一晶
51
1
9
9
2
シングル曲だけのツアー開催!T-BOLAN は90年代のヒットソングをどう奏でるのか?
カタリベ / 本田 隆