8月2日

スタジオジブリ制作映画の第1弾「天空の城ラピュタ」男の子目線で描かれた冒険活劇

10
0
 
 この日何の日? 
アニメーション映画「天空の城ラピュタ」が劇場公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
そもそもクイーンがこんな世界的なバンドになるとはまったく思わなかった

今だから必要なハナ肇とクレージーキャッツ、レッツ・ゴー・クレージー!

ワン・ラヴ・マンチェスター 音楽は憎しみを越える。必ず越えられる。

井上あずみ「君をのせて」ナウシカになくて “ラピュタ” にあるものは?

その名も “シンデレラ” ハードロックらしからぬバンド名がもたらした幸運と悲劇

ポップでキャッチーな LAメタル「ポイズン」今風にいえばチャラメタ?

もっとみる≫




宮崎駿が描いた痛快冒険アクションアニメ映画「天空の城ラピュタ」


『天空の城ラピュタ』を初めて観たのは高校1年、夏休みのデートだった。劇場スクリーンいっぱいに映し出された幻想的な “天空の城” の全景に心が躍った。

「あっという間の2時間」
「ラピュタ行ってみたい!」
「ナウシカのキツネリスも出てたよね!」

興奮していたはずの僕を少しクールに眺めていたガールフレンドの顔を想い出す。「良かったね!」とニコリ。

映画本編に満足して良かったのか、無邪気でどこか得意げな僕のことを見て良かったのか。

主人公の勇気に背中を押されたどうかは覚えていないが初めてガールフレンドと手を握った。少年から大人への階段を昇り始めたSeason in the Sunの眩しい季節の想い出と重なる。

公開当時のキャッチコピーは――
「ある日、少女が空から降ってきた…」

物語の舞台は19世紀後半、産業革命期のヨーロッパ。少女シータは政府の特務機関にとらえられ飛行船の中にいた。狙いはシータがなき母から受け継いだ青いペンダント。海賊ドーラ一家が、飛行船を襲撃。混乱の中で逃亡を図ろうとしたシータは誤って飛行船から落下。しかしシータのつけていたペンダントの力で彼女はゆっくりと落ちていき、鉱山で働く見習いの機械工の少年パズーに助けられる。

このペンダントは、昔、ラピュタというところで作られた「飛行石」。パズーの亡き父は一度だけ空でラピュタを見ており、その天空の城ラピュタへ行くことはパズーの夢でもあった。そしてシータはラピュタ帝国王家の血をひく末裔だった……。

『天空の城ラピュタ』は、スウィフトの『ガリバー旅行記』をモチーフに、宮崎駿がオリジナル原作・脚本・監督で描いた痛快冒険アクション。『風の谷のナウシカ』(1984年)を経て、1985年に設立されたスタジオジブリ制作映画の第1弾作品。宮崎監督にとっては “原作となる作品が存在しない” 初めてのオリジナル長編アニメ作品でもあった。興行収入は約12億円、観客動員数は77万人。と記してみたものの90年代以降に記録を塗り替え続けるジブリ作品と成績を比べることはもはや意味がない。公開から35年、記録以上に “記憶に残る” 作品として世代を超えて愛され続けている。

ワクワク感が止まらない! 35年以上も愛される国民的アニメ


本稿執筆にあたり35年ぶりに『天空の城ラピュタ』を観た。「空に浮かぶ伝説の島」。誰も見たことがないが、パズーの父親だけは一度遭遇していて写真も形見となって残っている。物語の軸となる基本設定にはやはりワクワクが止まらない。史実や成り立ちを説明せず「飛行石」が “そこに島がある” と光で示すことが想像力をかりたたせる。

「本当にあったらいいな」
「そこに行けたらいいな」

夏休みの大冒険のような少年の探求心をくすぐる魅力が本作には詰まっている。『天空の城ラピュタ』は男の子の目線で描かれた冒険活劇なのだ。そして向こう見ずな冒険心は大人になっても失っていないことを気付かされてくれる。「子供たちへの心へ語りかけたい」(宮崎駿 / 劇場パンフレットより)という想いは、そのままかつての子供だった自分への問いかけなのだろう。35年以上も国民的アニメとして愛されつづける理由の一因であることは間違いない。

主人公パズーは一途なまでにシータを守ろうと勇気を持って行動し強くなっていく。一方で、パズーが守ろうとしたシータは、自らの運命に立ち向かっていきながら、失ってしまったものと、失ってはいけないものを知りながら人間として強くなっていく。パズーとは違う角度から物事の摂理を学んでいき成長をとげる。人間が作り出した最新科学をうわまわる自然の圧倒的な力を目の当たりにした時、自分には何が出来るのか。おごりと欲が自らを滅ぼすことを彼女は学び、そしてつぶやく。

「人は土から離れては生きていけないのよ」

35年前、ガールフレンドが僕に微笑んだ「よかったね」の意味が今になってわかったような気がする。

スピンオフを希望、続編を作ってほしいジブリ作品で2位!


先日、ねとらぼ調査隊が行ったアンケート「あなたが続編を作ってほしいジブリ作品はどれ?」では、『風の谷のナウシカ』に次いで、『天空の城ラピュタ』が堂々2位にランクイン。「海賊ドーラ一家が、パズー達と出会う前の物語とかなら楽しめそう」という投票コメントなどもあったようだが、私的には高度な古代文明で世界を支配したラピュタ王国繁栄時代のスピンオフを2021年の最新タッチで観てみたい気もする。

上部のみどり豊かな城、下部の黒い半球体の詳細。ラピュタを起動装置にもなる半球体の内部で漂う大きなブロックを組み替えるところはきっと…… それ以上は想像のなかの最新技術で描いたほうが楽しめるかもしれない。

「きっとこうだったに違いない」

やっぱりワクワク感が止まらない!


2021.08.02
10
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
安川達也
コラムリスト≫
100
1
9
8
4
安田成美「風の谷のナウシカ」映画の中で一度たりとも流れないテーマソング
カタリベ / 指南役
79
1
9
8
2
宮崎駿も降板、壮大すぎたアニメ「NEMO/ニモ」映画より面白い制作過程!
カタリベ / 指南役
27
1
9
8
8
同時上映だった!昭和の日本を舞台にした「となりのトトロ」と「火垂るの墓」
カタリベ / 安川 達也
101
1
9
8
6
井上あずみ「君をのせて」ナウシカになくて “ラピュタ” にあるものは?
カタリベ / 藤澤 一雅
27
1
9
8
4
安田成美「風の谷のナウシカ」後にも先にも皆無に等しい奇跡の制作クレジット
カタリベ / 安川 達也
51
1
9
8
6
加藤登紀子「時には昔の話を」ノスタルジーを超え、魂を揺さぶる歌声
カタリベ / 藤澤 一雅