1995年 1月25日

ギャル文化爆発!10代の安室奈美恵がカリスマとなり女子高生がこぞって真似た時代

54
0
 
 この日何の日? 
安室奈美恵 WITH スーパー・モンキーズのシングル「TRY ME! 私を信じて」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1995年のコラム 
大黒摩季シングル売上ランキングTOP10 〜 優しさと力強いヴォーカルに身をまかせ

えっ、これも松本隆? 有名ヒット曲に決して劣らぬ知られざる作詞10選

シャ乱Q「ズルい女」は 巧妙に計算された “演歌っぽいロック” の最高傑作?

7月11日は藤井フミヤの誕生日 − チェッカーズのボーカルからソロシンガーへ

コムデギャルソンの “Chic Punk” とキアヌ・リーヴスのバンド、ドッグスター

華原朋美「keep yourself alive」歌詞に込められた10代の不安や苛立ち、そして希望

もっとみる≫




平成ギャルSONG(ぎゃるそん!)Vol.1


■ 安室奈美恵 WITH スーパー・モンキーズ「TRY ME! 私を信じて」
作詞:鈴木計見
作曲:HINOKY TEAM
編曲:DAVE RODGERS
発売:1995年1月25日

1995年に起こった「ギャル文化」の爆発


歴史の流れを俯瞰で見たら、ぐにゃりと部分部分曲がっていて、この時はそのカーブに当たったのではないかな、と思う時代がある。古いものが強制的に廃れ、新しいものが生まれる。そこに発生する戸惑いと混乱。

2020年から今、まさにそれを感じるが、遡ると少しカオス感が似ている「歪の分岐点」的な年があった。1995年からの世紀末! 特に1995年は経済悪化の加速、阪神大震災にオウム問題など、社会が全方位暗くなっていた。かと思えば、Windows95など、新たなツールが登場しまさに「混沌」――。

私も当時、思ったものだ。「ついていけない! 本当にノストラダムスの予言が当たって地球が終わるんじゃないか」と。バブルのヤラカシの引っ込みがつかず、かといってどうすればいいかわからない。そんな風に諦めと模索で大人がマゴマゴしている狭間、突如天下を取ったのが「ギャル」である。

聖地は渋谷センター街、スパイ顔負けにポケベルを駆使


聖地は渋谷センター街。1995年はまだポケベルが主流で「14106=愛してる」など数字を駆使して連絡を取り合っていたJK。ううむ… スパイ顔負けじゃないか!

制服にラルフローレンのカーディガンを巻き、短いスカートを補うように足元はボッハボハに大きなルーズソックス。黒く焼けた肌にほっそいほっそい眉。錆びたような茶髪と顔色がすこぶる悪映えするメイク! 頭にはなぜかハイビスカスが飾られ、これまたハイビスカスが描かれたアルバローザの買い物袋を手に巻きつけている。全身で「私の楽園は私自身」と言っているようで、目が痛い眩しさだった。

ギャル文化の加速は、当時メディアの最先端だった雑誌文化、『cawaii!』(主婦の友社)や『egg』(ミリオン出版)創刊も大きい。けれど、何より強烈な着火剤は、♪デッデーデーデデッ…… というイントロに乗り

 そうよTRY ME!
 私を信じて

―― と激しく歌い踊った安室奈美恵だった。彼女は息切れ一つせず、新時代を連れてきた!

安室奈美恵の登場、パンツスーツで「媚び」を蹴散らすように踊る!


「TRY ME 〜私を信じて〜」での安室ちゃんの大ブレイクに、当時私は本当にびっくりした。「SUPER MONKEY'S」でデビューした頃から、沖縄出身のハイレベルな女性ダンスグループ、という認識はあったのだ。彼女たちのサードシングル「愛してマスカット」が好きだった!

しかし「TRY ME 〜私を信じて〜」はちょっとレベルが違った。ヒナが孵化したというより、タマゴがパーンと割れ、ブワッサーと極楽鳥が回転しながら出てきたような感じ。安室奈美恵はガンガンに踊っても息切れしない、声がブレない。衝撃的だった。

私はこの曲をかなり長い間、小室哲哉作詞作曲だと思いこんでいた。ロリータの「Try Me」のカバーなのだが、当時、小室哲哉自身も「僕が書いたみたい。この子と縁がありそう」と思ったそうだ。

この流れ、もはや運命! そして1995年11月、小室哲哉がプロデュースした「Body Feels EXIT」をリリース。これが爆発的に売れた。その姿はカワイイよりカッコいい、いやもう「戦闘的」ーー。

キュート見せの演出はほぼゼロ、逆に鎧のようにパンツスーツを着て、近寄ってくる男や大人を蹴散らすような激しいダンスと歌唱で威圧する。メイクもモテどころか「死に顔メイク」などと言われる色の薄い個性的なメイクだ。

無残に崩れていく縦社会、大人が弱くバカに思え、時代がどうなるか分からないギリギリの1995年。「媚びずとも自立できる魅力と才能」を見せつけた10代の安室奈美恵がカリスマとなり、女子高生たちがこぞって彼女を真似たのは、もう分かりすぎるほどわかるのである。



「Body Feels EXIT」と1996年の流行語大賞に入った「閉塞感」という言葉


翌年の1996年には「アムラー」「ルーズソックス」「援助交際」とコギャル文化のキーワードが流行語大賞トップテンに入っている。女子高生のパワーと感性は社会経済を回したけれど、同時に若さゆえのコントロールできない危なっかしさもあった。私はテレビや雑誌越しに観ていただけだったけど、それでも本当に危なく怖かった。けれど、底光りする「儚い強さ」があり、目が離せなかった。

バックグラウンドなんてどうでもいい。今が楽しければいい。自分には「若さ」という価値がある――。最高じゃないか! けれど「Body Feels EXIT」を聴いていると、メロディーは力強いが、歌詞は不安で震えていた。

「こんなに夜が長いものとは 想ってもいないほど寂しい」

「膝をかかえて 動けなくたって」

1996年の流行語大賞にはもうひとつ、こんな言葉もランクインしている。それは「閉塞感」。彼女たちが本当に欲しくて手を伸ばしたのは、楽しさより、「この苦しい時代からの出口、別の世界への入り口」だったのかもしれない。

あの時代の強さと儚さを体現していた「Dreaming I was dreaming」


安室奈美恵は2年後の1997年に婚約・妊娠を発表するのだが、休養前、最後に発表されたシングル、「Dreaming I was dreaming」がすごく寂しいメロディーで、ハッピーな休養の前になぜ? と当時本当に驚いたものだ。けれど、今となると、あの時代の強さと儚さを体現していたとも言える。「全部夢みたい。もっといい夢を見たい」そんな風にーー。

決していいことばかりではない、むしろ負のパワーを増しめで渦巻く時代は幾度も巡り巡ってくる。だからこそ、世紀末、もがき個性を輝かせたギャルたちの生命力と、彼女たちの鋭く不安定な感性を支えた「歌」についてもっと知りたくなる!

今の私はJKどころかアラフィフのオバハンだが、情報過多ですべてが怖く、膝を抱えて震えてばっかりだ。だからエネルギーをもらおう。「Body Feels EXIT」は小室哲哉の造語らしが、それがまたいい。「雰囲気」でなんとなく分かるのも、ギャルっぽいではないか。

「Body」「Feels」「EXIT」。「身体」で「感じろ!」。閉塞的な時代の「出口」を見つけるにはそれしかない。

▶ 安室奈美恵のコラム一覧はこちら!



2023.01.20
54
  Songlink
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
田中稲
コラムリスト≫
66
1
9
9
2
安室奈美恵はスーパー・モンキーズから始まった!9月16日はデビュー30周年
カタリベ / 長井 英治
52
1
9
9
3
結成30周年のTRF、90年代を席巻する小室哲哉とエイベックス伝説の始まり!
カタリベ / 長井 英治
30
1
9
9
6
時代が愛したぶっとびシンデレラ華原朋美「I'm proud」1996年に女の子が最も歌った曲
カタリベ / 田中 稲
50
1
9
9
6
小室哲哉プロデュース!限定【90年代の冬うたランキング】ベスト10 
カタリベ / 長井 英治
40
1
9
9
6
安室奈美恵が扉を開けた「Don't wanna cry」新年のスタートにふさわしい1曲
カタリベ / 村上 あやの
54
2
0
2
2
カメラマン・大川直人に訊く ② ミュージシャンのリアリティと音楽が聞こえてくる写真
カタリベ / 村上 あやの