6月1日

浜田朱里が背負った2つの十字架、起死回生の夢を乗せた傑作アルバム「青い夢」

68
1
 
 この日何の日? 
浜田朱里のセカンドアルバム「青い夢」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1981年のコラム 
スターダストレビュー「シュガーはお年頃」日本ポップス史上最も完成度の高いデビュー曲

ヒットがなくても35年!いつでも旬のスタレビの幸運

大御所・村田英雄「ビートたけしのオールナイトニッポン」に生出演!

唯一無二のアイドル、河合奈保子 ♡ ほほえみさわやか カナリー・ガール

ジョージ・ハリスンの知られざる秘話、ふたつの母なるイングランド

シングルヒットは現実路線?筒美京平と近田春夫でとりあえずニューヨーク

もっとみる≫




1980年デビュー組の有望株、浜田朱里


1980年にデビューして活躍した女性アイドルといえば、まず松田聖子、続いて河合奈保子、三原じゅん子(当時は、三原順子)、柏原芳恵(当時は、柏原よしえ)、岩崎良美あたりが思い浮かぶ。花の82年組ほどではないが、80年も人気アイドルのデビューが集中した “当たり年”。男性も “たのきんトリオ” が結成されてトシちゃんがデビューするなど、アイドル全盛だった80年代の幕開けにふさわしい年だった。

そうした80年デビュー組のなかで、私が有望視していた(つまり好きだった)のは、浜田朱里だった。聖子に続き奈保子、順子、よしえらが次々にヒットを飛ばすのを見ながら、朱里の番はいつ来るかと待ち望んだものだ。

しかし、デビューから2年、そして3年経っても朱里はヒットに恵まれず、シングル8枚、アルバム4枚を出したのち、1984年に歌手活動を休止してしまう(女優やバラエティ業は継続)。

そんな朱里の歌手活動を振り返りつつ、42年前の本日(6月1日)発売されたセカンドアルバム『青い夢』に光を当ててみたい。というのも、彼女の短い歌手活動のなかで、このアルバムを出した頃が一番輝き、魅力を感じるからだ。


百恵と聖子、浜田朱里が背負ったプレッシャー


浜田朱里がデビューしたのは1980年6月。歌謡界では秋の引退を前にした山口百恵の“百恵フィーバー” が起きていた。一方、松田聖子が「裸足の季節」でデビューを果たしており、70年代と80年代を代表するトップアイドル2人が並立していた。そして朱里は、この2人から重い十字架(のようなプレッシャー)を背負わされる。

朱里が所属するレコード会社は、百恵や聖子と同じCBSソニー。百恵を育てた酒井政利プロデューサーにより、朱里は百恵の後継者として徹底的に売り出された。まず、百恵と三浦友和の共演で話題になったTVドラマ『赤いシリーズ』の主役に抜擢される。この『赤い魂』は、4月から半年間放送され、朱里は女優として先に名が知られた。また、ドラマ出演中に発売されたデビュー曲「さよなら好き」は、若い頃の百恵の歌を連想させるつくりで、ジャケット写真も百恵に似せたことは明らか(詳細は、KARL南澤氏のコラム『1980年にデビューした浜田朱里、山口百恵の引退と大いなる時代の変化』を参照)。朱里は小学生から児童劇団に所属し、歌のレッスンも受けていた。ルックスも百恵に似た正統派。酒井氏が期待するのも無理はない。

一方、同じCBSソニーからは、若松宗男プロデューサーが発掘した松田聖子が一足早くデビューしていた。親友だった2人は、NHK『レッツゴーヤング』の “サンデーズ” にも同時に選ばれ、同期として切磋琢磨しあったに違いない。

しかし、「青い珊瑚礁」の大ヒットにより、聖子はスターへの階段を一気に駆け上ってしまう。取り残された朱里は第2弾シングルの売上もぱっとせず、秋にはドラマも終了する。

しかし、当時のアイドルはデビューから2、3年かけて人気を高め、ファンを増やすのが一般的。翌年、朱里の陣営は最初の起死回生策を放つ。いわゆる “青いシリーズ” の展開である。

シリーズ集大成のアルバム「青い夢」


“青いシリーズ” とは、81年に朱里が発売したシングル「青い花火」と「青い嫉妬」、そして、この2曲を収録したセカンドアルバム『青い夢』に至る作品群のこと。私が勝手に命名した。

“青い✕✕” というタイトルの名付け親は酒井氏と思われるが、“赤いシリーズ” に対抗したのか、百恵のセカンドシングル「青い果実」を意識したのか、「風は秋色」のような色付きタイトルに触発されたのか、真相は定かでない。しかし、シリーズ全体を貫くコンセプトは明確だ。それは、愛の喪失。しかも、メラメラ燃える激情ではなく、青白くチロチロ燃える怨念のような感情なのだ(表現が難しいが…)。

その先陣をきった「青い花火」は、“赤いシリーズ” の主題歌のような “ザ・昭和歌謡”。パッと散るような儚い別れが主題で、サビのメロディーや間奏のトランペットが、山口百恵のセカンドシングル「青い果実」を彷彿させる。もしかしたら酒井氏は、性典ソングと言われる「青い果実」を百恵に歌わせ、ヒットに導いたことが頭をよぎったのかもしれない。一転して「青い嫉妬」は、当時のアイドル歌謡では珍しいボサノバ風。ここにきて朱里はポスト百恵の呪縛から脱し、岩崎良美のような作品重視路線を歩み始めたように思える。

そして、シリーズ集大成のアルバム『青い夢』は、少女から大人に至る女性の切ない心情を綴った曲が集められ、コンセプトアルバムのような仕上がり。昭和歌謡テイストを含みつつも、ボサノバやシティポップを意識した音作りが全体的にされていて、寄せ集め感がない。これは、10曲のうち7曲を作曲し、全曲を編曲した馬飼野康二さんの手腕だと思う。作詞家も、三浦徳子氏をはじめとする女性陣でまとめられ、作品を作ろうとした気概が感じられる。感情を込めて響きわたる朱里の歌声も素晴らしい。特に「ハーフ・ムーン・スナイパー」と「花の香り」の2曲は、女性シンガーのような大人っぽい歌唱が味わえる。

ここからは想像だが、「青い夢」がレコーディングされた1981年春は、同期の聖子がトップアイドルの地位を盤石にした時期。デビューして一年も経たずに一気に差をつけられた朱里は、どんな心境だったろう?そんな複雑でやるせない思いを、“青” がテーマのアルバムにぶつけた結果、感情が歌詞に乗り、傑作になった気がする。

といっても、作品性と人気は両刃の剣。『青い夢』は、朱里の4枚のアルバムの中で最高セールスを記録するも、オリコンで最高59位。先のシングル2枚もヒットせず、起死回生は起こせなかった。私がこのアルバムを聴いたのは2010年代の復刻盤CDで、リアルで聴けていないが、百恵の呪縛を脱した朱里が自由に歌っているように感じた。

最後の起死回生に賭けた「想い出のセレナーデ」


翌1982年に、朱里は天地真理の往年のヒット曲をカバーしたシングル「想い出のセレナーデ」を発売、2度目の起死回生を図る。これは、前年に柏原よしえがアグネス・チャンの曲をカバーした「ハローグッバイ」をヒットさせた影響に違いない。そして「想い出のセレナーデ」は、朱里にとってオリコン最高順位の51位を記録する。しかし、この年は “花の82年組” が続々とデビューを果たしており、CBSソニーの酒井氏も、2度目の “ポスト百恵” として三田寛子をデビューさせていた。時代は一世代若いアイドルたちで占められ、タイミング的に割を食ってしまった感が否めない。

歴史に「もしも」は禁句だが、もし朱里が百恵の後継者でなかったら、もし聖子と同期でなければ、朱里の歌手活動はどうなったのかと思わずにはいられない。それくらい朱里のポテンシャルは高かったし、歌手としては売上以上に認知されていたと思う。実際に、40年以上経った今も、私の心に刻まれているくらいなのだから。残念ながらサブスクではベスト盤しか聴けないが、朱里の作品はもっと再評価されていいと改めて思う。

▶ 浜田朱里のコラム一覧はこちら!



2022.06.01
68
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
松林建
コラムリスト≫
28
1
9
8
0
1980年にデビューした浜田朱里、山口百恵の引退と大いなる時代の変化
カタリベ / KARL南澤
35
1
9
7
9
水谷豊「カリフォルニア・コネクション」は 相棒の原点「熱中時代・刑事編」主題歌!
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
101
1
9
8
5
笑福亭鶴光のオールナイトニッポン、日髙のり子に「ええか~ ええのんか~ 最高か~」
カタリベ / 綾小路ししゃも
42
1
9
8
0
岩崎良美の飾らない魅力、歌と共に歩み続ける80年代アイドル界の安打製造機
カタリベ / 古木 秀典
10
1
9
7
9
「アテンション・プリーズ」から始まった能瀬慶子の軌跡【歌唱力は個性】
カタリベ / 鈴木 啓之
30
1
9
8
2
浜辺美波と瓜二つ、浜田朱里のデビューは40年早かったのか?
カタリベ / KARL南澤