2024年 1月12日

アリアナ・グランデがマドンナに変身!新曲は90年代ハウスミュージックへの回帰?

45
0
 
 この日何の日? 
アリアナ・グランデのシングル「yes, and?」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2024年のコラム 
ブルーノ・マーズは規格外の人気!東京ドームの7日間公演が完全ソールドアウト!

ビリー・ジョエルがやって来る!16年ぶり一夜限りの来日公演が東京ドームで開催

茨田りつ子こと菊地凛子が歌う「別れのブルース」オリジナルは “女王” 淡谷のり子!

クドカン最高「不適切にもほどがある!」阿部サダヲが演じた地獄のオガワってどんな人?

ポール・ウェラー【ファン歴40年のライブレポート】変わり続けることを怖れちゃいけない

クイーン+アダム・ランバート4度目の来日公演!ラプソディ・ツアーの全容はいかに

もっとみる≫




2010年代後半以降に台頭してきた多くのディーヴァたちが百花繚乱の様相


世界の大衆音楽、特に米ビルボードのヒットチャートでの “ソロシンガー戦線図” において、明らかな女性上位の構図が見られるようになって久しい。ブリトニー・スピアーズとクリスティーナ・アギレラがブレイクした1999年あたりから激化の兆候が見られ、2004年にデビューしたリアーナなどがシーンに登場してきてさらに群雄割拠の様相を呈してきた。かれこれここ約20年くらい顕著な現象といえるだろうか。

2010年代以降は、テイラー・スウィフト、アデルを筆頭に、リアーナ、ニッキー・ミナージュ、ケイティ・ペリー、ビヨンセといった、シーンを形成するトップ軍団を中心に、2010年代後半以降に台頭してきた多くのディーヴァたちが百花繚乱の様相を作り出している。そんなトップ軍団に堂々と参戦しているのが、今年2024年に女優デビュー16周年、歌手デビュー13周年を迎えるアリアナ・グランデだ。

ビルボードのシングルチャート初登場1位を記録した「yes, and?」


既にベテランの域に達しつつあるアリアナの新曲「yes, and?」がビルボードのシングルチャート『Hot 100』にて初登場1位を記録。アリアナの全米ナンバーワンは、これで8曲目となり、紛れもなくトップ軍団の仲間入りを果たしている。

1993年6月生まれ、今年2024年には31歳となるアメリカの女優 / シンガー。2008年に女優としてデビューし、2011年には歌手デビュー。2013年に満を持したデビューアルバム『ユアーズ・トゥルーリー』をリリースして以来、コンスタントなシングルヒットを残してきている。



アリアナが生まれたころの大スターといえばマライア・キャリー、ものごころついた頃は「ウィ・ビロング・トゥゲザー」(アリアナが12歳になる頃)で大復活を遂げていた。歌手アリアナの初期作品に関しては、明らかにマライア・キャリーのフォロワー的なスタンスだった。

しかも1990年代終盤から2000年代にかけてのマライアは、デビューからおよそ10年を経て名実ともにトップ・ディーヴァの位置に鎮座していたころ。ティーンエイジャーのアリアナにとっては、最もまぶしく輝く存在だったのがマライア・キャリーだったのだろう、自他ともに認める “マライア歌唱” のフォロワーを堂々と広言するかのように、アリアナは歌手としての地位を確立していく。

ポップアイコンの頂点を虎視眈々と狙っていたアリアナ・グランデ


このようにポップアイコンたる(特に女性)シンガーが、時代を象徴するトレンドセッターという立ち位置をキープするために、旬なアーティストのフォロワー的スタンスとコンテンポラリーなサウンドを衒い(てらい)なく採り入れていく手法は、大衆音楽の歴史において常套手段。

初期のころはマライアのフォロワーだったアリアナは、ポップアイコンの頂点を虎視眈々と狙いながら、そのフォロワーたるロックオンの相手を時代の流れを見ながら変えていく。「プロブレムズ」、「ブレイク・フリー」等でメガヒットを生み出した頃(2014年〜)は、一時期のリアーナを想定したかのようなEDM風エレポップにアプローチ。

初の全米ナンバーワンとなった「サンキュー、ネクスト」以降の頃(2018年〜)は、同時期のテイラー・スウィフトを彷彿とさせるトラップ・ヒップホップから影響を受けたちょっとダークでミニマルなトラックに腐心。混沌の時代に突入してきた2020年代以降は、ジャスティン・ビーバー、レディー・ガガ、ドージャ・キャット&ミーガン・ジー・スタリオン、ザ・ウィークエンド(リミックス)らとコラボを敢行、全米1位級のメガヒットを連発していた。

アリアナがアプローチしたマドンナ「ヴォーグ」の世界観




そして2024年に入ってアリアナは、およそ3年ぶりとなる新曲「yes, and?」を発表した。先述の通り、見事初登場1位を獲得した当曲のMVは、1980年代終盤から1990年代前半にかけて大ヒットを連発したポーラ・アブドゥル「コールド・ハーテッド」(1989年全米1位)のビデオをそのまま再現したことで話題となっている。

しかしMV以上に衝撃的だったのは、そのサウンド!ここ10年くらいでもジェイソン・デルーロ、エラ・メイ、ビヨンセらがアプローチしていた “90年代回帰” の気運、その決定打はこの曲!と高らかに宣言するかのような “90年代ハウス” なのだ。1980年代半ばからメインストリームに出てきたハウスミュージックは、マドンナ「ヴォーグ」やクリスタル・ウォーターズ「ジプシー・ウーマン」、はたまたロビンS「ショウ・ミー・ラヴ」等の世界的ヒットをきっかけのひとつとして、1990年代におけるダンスミュージック・シーンのメインストリームとなっていた。

まさしくアリアナがアプローチしたサウンドの世界観は、マドンナ「ヴォーグ」(1990年全米ナンバーワン)!そう「イエス、アンド?」は、「ヴォーグ」を換骨奪胎したかのような“90年代ハウス” の愚直な再現なのだ。これはもうアリアナが現行の旬なアーティストから、“クイーン・オブ・ポップ” あるいは “クイーン・オブ・ダンス” たるマドンナにロックオンした瞬間なのか。「イエス、アンド?」が初登場1位となったのは、アリアナ・グランデが擁するアーティスト・パワーの大きさが主要因であろうから、“すわ!90年代回帰” と声高に宣言するのはまだ時期尚早なのかもしれない。



しかし、時代のポップアイコンのトップ軍団に属するアリアナが、このようなアプローチで全米1位を獲得したことの意味合いは大きい。2024年中には新アルバム、その前にはおそらく数枚の新曲をリリースするであろうアリアナ・グランデ、現行のトップ・ディーヴァの交代劇が年内に繰り広げられるのか…。興奮必至の女性ソロシンガー戦線から一瞬たりとも目が離せない。

▶ アリアナ・グランデに関連するコラム一覧はこちら!



2024.02.29
45
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
KARL南澤
コラムリスト≫
105
2
0
0
9
ミュージカルTVドラマ「glee/グリー」で蘇った80年代の名曲たち
カタリベ / 中川 肇
44
1
9
8
5
レベッカの「フレンズ」は僕にとってサイコーのドライブミュージック!
カタリベ / 藤澤 一雅
25
1
9
8
2
マドンナ以前の女性ソロ、あくまで美人のローラ・ブラニガン
カタリベ / KARL南澤
30
1
9
8
2
イエスからエイジアへ ② アルバムアートの巨匠、ロジャー・ディーンの世界
カタリベ / goo_chan
23
1
9
8
7
80年代を代表するクリスマスアルバムは「クリスマス・エイド」で決まり! #2
カタリベ / DR.ENO
22
1
9
8
6
ジェネシスとドゥービー・ブラザーズ、変化に適応したものが生き残る!
カタリベ / goo_chan