1972年 7月5日

松任谷由実デビュー50周年!2022年はユーミンのアニバーサリーイヤー

39
0
 
 この日何の日? 
荒井由実のデビューシングル「返事はいらない」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

もっとみる≫




2022年はユーミンのアニバーサリーイヤー


こんな朝ドラ―― NHK連続テレビ小説の企画を考えた。

主人公は、東京は甲州街道沿いの老舗の呉服屋の次女。子供の頃からおてんばで鳴らし、10代で音楽の才能を開花させる。中学時代から背伸びして都会のサロンに出入りするうち、ひょんなことからプロの音楽家たちと知り合い、彼らのツテでプロ歌手としてデビュー。しかし、最初は鳴かず飛ばずで――。

呉服屋の名前は荒井呉服店、都会のサロンはキャンティ、プロの音楽家たちは村井邦彦サンや、かまやつひろしサンら、デビュー曲は彼女自身が作詞・作曲した「返事はいらない」―― そう、ドラマの主人公はユーミン。タイトルは朝ドラらしく『ゆうみん』なんてどうだろう。

―― これ、冗談でもなんでもなく、まんま朝ドラのフォーマットだと思いません?

昭和が舞台で、働く女性の一代記で、ヒロインはその道の開拓者で、結婚して一度家庭に入るも、仕事が忘れられずにカムバック。やがて日本を代表するトップミュージシャンへ―― って、朝ドラが最も描きたがる理想のヒロイン像である。


もっと言えば、朝ドラのコア視聴層である40代~70代の女性たちって、青春時代をユーミンと過ごしてきた、筋金入りのユーミンファン。彼女たちにも突き刺さるはず。NHKさん、考えてもらえませんかね?

なぜ、いきなりこんな話を始めたかというと、今年、2022年はユーミンのデビュー50周年に当たるんですね。1972年7月5日にシングル「返事はいらない」でデビューして50年、実に半世紀だ。これは只事じゃない。間違いなく、2022年はポップスの女王・ユーミンのアニバーサリーイヤーとして盛り上がるはず。

広く知れ渡る稀代のポップスの女王の偉業、だけど…


まぁ、朝ドラは無理としても(残念ながら、2022年の春・秋スタートの2作品は発表済み)、Netflixあたりで彼女の半生をドラマ化して世界配信したら、昨今のシティポップの世界的ブームを追い風に、かなり盛り上がるんじゃないだろうか。なんたって劇中歌はユーミンのヒットナンバー。これがウケないはずはない。

ちなみに、今、Netflixはビートたけしサンの原作本を映画化した『浅草キッド』(監督:劇団ひとり)の話題で持ち切りだけど、こちらもユーミン自身が1983年に書いた自伝『ルージュの伝言』という原作本がある。あとはシナリオ化して、役者をキャスティングすればいいだけ。監督は、映画『私をスキーに連れてって』でユーミンを主題歌や劇伴に使ったホイチョイ・プロダクションズの馬場康夫なんてどうだろう。

とはいえ―― 気になるのは、昨今の日本人のユーミンへのリスペクトの度合いである。もちろん、稀代のポップスの女王の偉業は広く知れ渡るところだけど、ぶっちゃけ、少々物足りなく感じません? これは日本人―― 特に若い人たちの悪い癖でもあるんだけど、音楽に限らず、あらゆる分野で先人たちの偉業に対する興味や敬意が、欧米人に比べて若干、不足していること。

かつて、漫画の神様・手塚治虫がスランプに陥った際や、「世界のクロサワ」こと黒澤明監督が日本の映画界から干された時期―― 日本の若い人たちは「手塚治虫は過去の人」「クロサワは終わった」などと揶揄したけど、その後に生まれた作品が、あの『ブラックジャック』であり、カンヌでパルム・ドールを受賞した映画『影武者』だった。ちなみに、資金集めに難航した『影武者』に出資したのは、黒澤監督を崇拝するフランシス・コッポラとジョージ・ルーカスである。

日本のポップスの扉を開けた「12月の雨」


さて―― ユーミン。彼女の50周年のアニバーサリーイヤーに際し、改めて訴えたいけど、彼女の何が偉大かって、日本にポップスを広めた開拓者であり、伝道者なんですね。大きく言えば、僕はユーミンの三大偉業は、

① 日本のポップスを発明した
② 日本においてポップスをヒットさせた
③ ポップスと歌謡曲の橋渡しをした(ルビコン川を渡った)

―― の3点だと思ってる。順に、それを説明しよう。

まず、①の「日本のポップスを発明した」について。これは、荒井由実時代の最高傑作とも評されるセカンドアルバム『MISSLIM』に収められた「12月の雨」を指している。同アルバムのリリースは1974年10月5日。その年は殿様キングスの「なみだの操」とか、中条きよしの「うそ」とか、中村雅俊の「ふれあい」とか、歌謡曲の全盛期。フォークソングもまだ勢いがあって、前年には南こうせつとかぐや姫の「神田川」がミリオンセラーの大ヒットを記録した。

そんな時代に、ユーミンはキャンティのオーナーである川添浩史・梶子夫妻の自宅にあるグランドピアノを背景に、自身が写り込むモノクロのジャケットの同盤をリリース。そのA面5曲目が「12月の雨」だった。加えて、同曲はアルバムリリース日と同じ日にシングルカットもされている。ジャケットはアルバムと同じ構図の別カットだ。

 雨音に気づいて 遅く起きた朝は
 まだベッドの中で 半分眠りたい

作詞・作曲は荒井由実。編曲は、後に夫となる松任谷正隆サンである。もう、8分音符で弾むピアノのイントロからしてポップ全開だ。メロディも明るく、リズミカル。これにシュガー・ベイブ時代の山下達郎サンと大貫妙子サンらがコーラスで参加してるんだけど、めちゃくちゃオシャレ。正直、これが「神田川」の翌年にリリースされたなんて信じられない。ちなみに、バックで演奏するのは、ティン・パン・アレーの面々―― キーボード:松任谷正隆、ドラム:林立夫、ベース:細野晴臣、ギター:鈴木茂らである。

断言する。日本のポップスの扉を開けたのはユーミンであり、それは「12月の雨」である。これ以降、日本でも少しずつポップスが作られるようになり、その輪は広がっていく。しかし―― まだ、マイノリティだった。

シティポップブームの元祖「中央フリーウェイ」


日本において、ポップスが広くヒットするのは、その2年後である。そう、先に挙げた②の「日本おいてポップスをヒットさせた」のもユーミンだった。時に1976年11月20日―― 彼女の4thアルバム『14番目の月』がリリースされ、ユーミン自身初となるオリコンアルバムチャート1位に輝く。そのリード曲こそ、A面5曲目の「中央フリーウェイ」だった。

 中央フリーウェイ
 調布基地を追い越し
 山にむかって行けば
 黄昏が
 フロント・グラスを 染めて広がる

同盤から、編曲を担当する松任谷正隆サンがプロデュースも手掛けるようになるが、リリースから9日後、2人は横浜山手教会で結婚する。つまり、それは荒井由実時代最後のアルバムであり、ユーミンは本気で引退するつもりでいたという。

だが―― 同盤は大ヒット。表題曲の「14番目の月」を始め、先の「中央フリーウェイ」も一躍脚光を浴びる。特に「中央~」は、“競馬場” や “ビール工場” など、東京の固有名詞が並ぶ歌詞がオシャレと評判になり、その美しい旋律や珠玉のアレンジに若者たちが共感する。間違いなく、それは日本でポップスが市民権を得た瞬間だった。昨今のシティポップブームに照らせば、この「中央フリーウェイ」こそ、その元祖である。

ポップスと歌謡曲の橋渡しをした松任谷由実


最後に、先の③の「ポップスと歌謡曲の橋渡しをした(ルビコン川を渡った)」に触れておこう。それは、長らく不可侵の間柄だった歌謡曲とポップスが、ある曲をキッカケに徐々にその溝を埋めて―― やがて80年代に一体化した歴史を意味する。そのキッカケを作ったのもユーミンだった。時に、1976年6月25日―― 三木聖子のデビューシングルとして提供した「まちぶせ」である。

 夕暮れの街角 のぞいた喫茶店
 微笑み見つめ合う 見覚えある二人

同曲はユーミンが新人の三木聖子サンに取材して、彼女の実体験をもとに書かれたという。曲の構成は、ユーミンが敬愛するフレンチポップのフランソワーズ・アルディの「さよならを教えて」へのオマージュソングになっており、女性目線の歌詞と、それと相反する明るくポップな曲調が印象的だ。間違いなく、それはポップスが禁断のルビコン川を渡り、歌謡曲と出会った事件であり、歴史の1ページとなった。だが―― 同曲が評価されるには、もう少し時間が必要だった。

その手掛りとなる、あるエピソードを紹介しよう。それは、2019年7月6日にNHKで放送された『SONGS』において、ゲストのサカナクションのボーカル・山口一郎サンが披露した、ユーミンから受けたアドバイスにヒントがある。山口サンは、かつて松任谷夫妻宅に招待された際、「ポップスを作りたい」と悩める心境を打ち明けると、ユーミンから「あんたポップス作ってるじゃない。5年後に評価されるのが本当のポップス」との励ましを受けたそう。

山口サンはその言葉に勇気をもらい、誰もが理解できるものより、時間経過とともに理解が広がればいいと思い、新しいアルバム作りに踏み出せたとか。そう、“5年後に評価されるのが本当のポップス”―― と。

「まちぶせ」で実証、5年後に評価されるのが本当のポップス


話を戻す。1981年4月21日、石川ひとみの11枚目のシングルとして「まちぶせ」がリリースされ、オリコンチャート最高6位とスマッシュヒット。彼女の代表曲となった。言うまでもなく、それは三木聖子サンのカバーであり、最初にユーミンがルビコン川を渡ってから “5年” が経過していた。

思えば、1981年は、財津和夫サンが時のアイドル、松田聖子サンに「チェリーブラッサム」や「夏の扉」を提供し、大滝詠一サンも聖子サンに「風立ちぬ」を作った年である。更に翌82年から、今度はユーミン自身が「赤いスイートピー」を始めとする楽曲を呉田軽穂名義で聖子サンに提供する。

そう、“5年後に評価されるのが本当のポップス”―― ユーミンの言葉通り、「まちぶせ」でルビコン川を渡った5年後の1981年、歌謡曲とポップスは融合し、日本の新たな音楽史が幕明けた。

皆さん、あけましておめでとうございます。ユーミンがデビュー50周年を迎える今年こそ、僕らは日本のポップスの扉を開いた偉人へ、恩返しをする時じゃないでしょうか。本年もよろしくお願いします。

▶ 松任谷由実のコラム一覧はこちら!



2022.01.01
39
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
95
1
9
7
8
黄金の6年間:いよいよユーミン再始動!松任谷由実の新しい世界が始まった
カタリベ / 指南役
24
1
9
8
1
石川ひとみ「まちぶせ」松任谷由実の愛すべきストーカーソング?
カタリベ / 吉井 草千里
60
1
9
8
9
松任谷由実「Valentine's RADIO」スキーといえばユーミンとオリジナルカセット!
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
46
1
9
7
6
ユーミンサウンドとオトナの胸キュンドライブ「中央フリーウェイ」
カタリベ / 稲田 雪路
66
1
9
8
1
プリンプリン石川ひとみの甘い罠、あなたを振り向かせる「まちぶせ」女
カタリベ / 上村 彰子
40
1
9
8
9
映画「魔女の宅急便」主題歌、ユーミン「ルージュの伝言」と「やさしさに包まれたなら」
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお